最上典世のJAZZCamel

最上典世のJAZZCamel

気に入ったジャズ、その他のCDの紹介しています。


テーマ:

   

   「わたしとブランコ」    

 わたしは通りですてきな服を見つけた  

 子供のときのことを思いだす

 遠い故郷

 ブランコに乗ると

 遠い山までひとっ飛び

 地面に影が映った

                                                                                  


テーマ:

 ミニマルミュージック ステーブ・ライヒ 「ライヒベスト」

 ミニマルミュージック、あまり聞いたことがない言葉だ。さまざま音楽を聞いて、もう聞く曲がなくなったというときに、ほら、まだこんなのがあると、知らない所から差しだされる音楽と言うべきか? 普通、これまでの曲は前奏(イントロ)があって、やがて主題旋律が流れてくる。しかし、ミニマルミュージックは、その作法を壊す。極端な話、最初に出てきた音、あるいはリズム、あるいは人間の声、それが限りなく繰り返される。

 コヨーテの叫び。鳥の羽ばたき。滝の音。浜に打ち寄せる波の音。恋の呟き。ドラムの音。カエルの声。ライオンの吠え声。どんな音でもいい。それが延々と続く。

 ライヒはこのミニマルミュージックに到達するまで、哲学的な思索を積み、いろいろな音楽を調べ、他の経験を重ねた。だから、ここには一つの到達点がある。思いつきでこの方法を編み出したのではない。

 彼の方法が知られるようになるまで長い年月がかかっている。

 だが、正直に言って、音楽は単調だ。それに馴染むまで人は経験を積まないとならない。

 朝日新聞「折々の言葉」にあった。華道家、中川幸夫。

「なんだ、これは?」って、「ああ、これは生け花なんだ」って思うより、ずっといいよね。

「なんだ、これは?」――ライヒの音楽である。


テーマ:

 映画、「テイクシェルター」 監督ジェフ・ニコルズ

 この映画は、主人公の病的な心に映る幻想、妄想がドラマの大きなポイントになっている。

 普通の人間ならどうということのない嵐におびえたり、空に展開される鳥の大群の形、夢の中にあった悪夢、それらが彼の心を次第にむしばんでいく。彼、主人公の母は、彼が小学生の頃に突然に失踪する。記憶を失って、知らない土地にいた。それから母はずうっと病院にいる。映画の中で、彼は母を見舞う場面がある。母は彼をちゃんと覚えていた。母は子供たちを愛しているのに一緒に生活しなかった。母の心の病が息子に引き継がれている。

 彼は常人にはおかしい行動をするようになる。ものすごい竜巻がくると予測し、家の庭に穴を掘り、シェルターを作る。幼い一人娘は失語症で、手話でしか語れず、同じ年ごろの子供とも遊ばない。

 彼の妻は、娘の治療費に金をためている。ところが、彼はシェルターの資材を買うためにその金を使ってしまう。また、庭に穴を掘るために会社の重機を無断で使用して、それがばれて会社を首になる。

 心の悩みを打ち明けていた公的機関の相談所の黒人の女も配置転換で消えて、親友の同僚にも愛想をつかされ、妻にもあなたの行動はおかしい、お金をどうしたのと詰問され、ようやく悩みを打ち明ける。

 嵐がくる。家族3人はシェルターに避難する。

 一夜をそこで過ごして、次の日、嵐が去ったからとびらを開けてという妻の願いを最初は聞き入れない。

 分かった。君があけるといい。夫の言葉に対して妻はこう言う。

「あなたがとびらを開けないかぎり、再び同じ生活に戻る」

 よく分からないことがある。

 アメリカ人は、アメリカの良心というのを信じているのだろうか? この映画のテーマは、シェルターから出る場面で、妻が言う言葉、そこの意味にあるにちがいない。

 日本ならば、君が開けるといいと夫に言われて、妻は何の疑いもなく、すっとカギをとって、とびらを開けるところだ。

 映画は日常の市民の生活、男の労働、女たちの陰口、町内会の集まり(パーテイ)、中西部の田舎の風景というように、特別な場面があるのではない。だから、この映画は世間受けしない。反対に、退屈だ。その退屈さをよく映画に仕上げた、と言うべきだ。

 監督のジェフ・ニコルズには、最新作「ラビング 愛という名前の二人」がある。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス