今日もお立ち寄りいただきありがとうございます爆笑


もんじろうです。

出荷の様子をご紹介します!!


海外へは発泡スチロールの箱で出荷のこともあります。

今回はマレーシア!

送る前にコイヘルペス、コイ春ウイルスの証明書2回分、ガイドライン搭載業者生産証明書、観察衛生証明書、鯉の個体別生産証明書などなど色々必要です。

今回インボイスはバイヤーさんに作っていただきましたお願い




袋の内側にアルフィツシュと言う酸素を発生させ二酸化炭素を吸収するパックを貼り付けます。

出荷番号は箱とバラバラになっても着いた先で分かるように袋にも書きます。




送る鯉は5日間餌止めし、送る水は水道水に二酸化安定塩素トン40ccと塩をトン4.5キロオキソリンサンをトン100cc入れておきます。




麻酔をかけ数を数え袋に入れ(今回の袋は1350×550×0.8二重1袋35匹)指定の重さより少し軽く水を入れ、隙間に保冷剤を2ついれます。


マレーシアに着いてからの検疫用の鯉もいれます。



コイちゃん元気でね。