全世界のエホバの証人の財務内容は公表されていないようですが、ただ一つ公開しているのが、いわゆる「宣教人件費」、

すなわち、「特別開拓者・宣教者・巡回監督が野外奉仕の割り当てを果たせるよう世話するため」費やした金額(ドル)です。

 

2020年、

この金額は上昇しましたか?

あるいは、下降しましたか?

全体的な傾向はあるでしょうか?

 

次のグラフをご覧ください。

 

 

2020年は23,100万ドルで、前年2019年の22,400万ドルよりも、

700万ドル(3.1%)の増加でした。

 

 

3%の人件費増加分、どうして増えたんでしょうねえ?

 

 

それから、

「ドルのマネタリーベースと金の国際価格から見たJW組織の宣教人件費」というテーマで分析も必要なんでしょうが、今の自分にそんな力量ないし、めんどくさいので、省略。

 

大きな傾向は今までと変わりなし。

 

 

お気づきの点がございましたら、コメントお願いします!

 

 

(去年のグラフ↓のアップデートでした。)

(記事の終わり)