蓄膿症の手術をして

退院して経過観察して、終わりって感じはないらしく

鼻の中に瘡蓋が出来るので、2週間に1回中の瘡蓋を取りに行ってますが

3ケ月程通わないといけないらしいです

1回の料金は480円です

大手の病院の割には、先生がマジメなのか?

土曜日だけ耳鼻科を開けていて、先生自体は優しいですが

2週間に1回でも予約して時間を拘束されるので、面倒くさいですね

今日はバレンタインデーだ。私は孫の太郎くんからもらったVRヘッドセットをかぶって、昔の恋人と再会することにした。太郎くんは、このVRヘッドセットで過去の記憶を再現できると言っていた。私は若い頃の自分の姿に戻り、恋人の健太くんとデートすることができるのだ。

 VRヘッドセットをかぶると、目の前には昭和の風景が広がった。私は制服姿の自分を見て驚いた。髪も肌もツヤツヤで、まるで時間が巻き戻ったようだ。私は恋人の健太くんと待ち合わせていた公園に向かった。公園に着くと、そこには健太くんが立っていた。健太くんは私を見ると笑顔で走ってきた。

 「やっほー、久しぶりだね。元気だった?」
 「うん、元気だったよ。あなたは?」
 「もちろん、元気だよ。今日は特別な日だからね。」
 健太くんは私の手を握って、チョコレートを渡した。
 「これ、バレンタインデーのプレゼントだよ。私が作ったんだ。」
 「え、本当?ありがとう。でも、バレンタインデーは女の子が男の子にチョコをあげる日でしょ?」
 「そうだけど、私は逆バレンタインデーをしたかったんだ。君に感謝の気持ちを伝えたかったんだ。」
 健太くんは私の頬にキスをした。私は顔が熱くなった。
 「ありがとう。私もあなたに感謝してるよ。」
 私は健太くんに抱きついた。健太くんは私の髪を撫でて、耳元で囁いた。
 「今日は一緒に過ごそう。君といると、時間が止まるような気がする。」
 私は健太くんに頷いた。私も健太くんといると、時間が関係ないような気がした。私たちは手を繋いで、公園を出て、街を歩いた。映画を見たり、ケーキを食べたり、おしゃべりをしたり、楽しい時間を過ごした。私たちは幸せだった。

 しかし、その幸せは長くは続かなかった。私たちは別れることになった。健太くんは海外に留学することになったのだ。私は健太くんを送り出すことができなかった。健太くんは私に手紙を書いてくれた。私はその手紙を何度も読んだ。健太くんは私に忘れないでほしいと言っていた。私は健太くんを忘れなかった。私は健太くんを待ち続けた。

 しかし、健太くんは帰ってこなかった。健太くんは海外で事故に遭って亡くなったという知らせが届いた。私はショックを受けた。私は健太くんを失った。私は健太くんのことを思い出すたびに泣いた。私は健太くんのことを忘れられなかった。

 それから何年も経った。私は老いていった。私は孫の太郎くんに囲まれて暮らした。太郎くんは私に優しかった。太郎くんは私にVRヘッドセットをプレゼントしてくれた。太郎くんは私に健太くんと再会できると言ってくれた。私は太郎くんに感謝した。私は太郎くんに健太くんのことを話した。太郎くんは私の話を聞いてくれた。

 今日はバレンタインデーだ。私はVRヘッドセットをかぶって、健太くんと再会した。私は若い頃の自分に戻った。私は健太くんとデートした。私は健太くんと幸せだった。私は健太くんにありがとうと言った。健太くんは私に愛してると言った。私は健太くんに愛してると言った。私たちはキスをした。私たちは抱き合った。私たちは笑った。

 VRヘッドセットを外すと、目の前には太郎くんが立っていた。太郎くんは私に笑顔で話しかけた。
 「おばあちゃん、楽しかった?」
 「うん、楽しかったよ。ありがとう。」
 私は太郎くんに抱きついた。太郎くんは私の髪を撫でて、耳元で囁いた。
 「おばあちゃん、大好きだよ。」
 私は太郎くんに頷いた。私も太郎くんが大好きだった。私は太郎くんといると、時間が関係ないような気がした。私たちは手を繋いで、部屋を出て、家族と一緒に夕食を食べた。私は幸せだった。
Copilotが腕を上げてました(笑)


山田太郎は40歳のサラリーマンだ。会社では平凡な部下で、家庭では冷めた妻と反抗的な子供に悩まされていた。彼にとって、バレンタインデーは特別な日ではなかった。毎年、妻からは義理チョコをもらうだけで、職場でも女性からは無視されていた。

しかし、今年のバレンタインデーは違っていた。山田は朝、出勤する前に玄関のポストを開けると、一枚の手紙と一つの小さな箱が入っていた。手紙には「山田さんへ」と書かれていた。箱を開けると、中にはハート型のチョコレートが入っていた。山田は驚いた。誰からの贈り物なのだろうか?手紙には差出人の名前も住所も書かれていなかった。ただ、一言だけメッセージが添えられていた。「あなたが好きです」

山田はその日、会社に行くと、女性社員たちから噂を聞いた。どうやら、彼以外の男性社員は全員、同じような手紙とチョコレートをもらっていたらしい。しかも、手紙には同じメッセージが書かれていた。「あなたが好きです」山田は呆然とした。これは何だ?誰かのいたずらなのか?それとも、誰かが彼らをからかっているのか?

山田はその日、仕事に集中できなかった。手紙とチョコレートの謎を解きたかった。彼は昼休みに、同じ部署の女性社員に話を聞いてみた。彼女たちは、手紙とチョコレートのことを知っていたが、誰が送ったのかは分からなかった。彼女たちは、山田に対しても同情的だった。彼も被害者の一人だと思っていたからだ。

山田はその日、帰宅すると、妻からもらった義理チョコを見た。彼はそれを食べる気になれなかった。彼はポストに入っていたチョコレートを食べてみた。それは甘くて美味しかった。彼は手紙をもう一度読んだ。「あなたが好きです」彼は心の中でつぶやいた。「誰だろう?」

翌日、山田は会社に行くと、また驚いたことがあった。彼の机の上に、一枚の手紙と一つの小さな箱が置いてあった。手紙には「山田さんへ」と書かれていた。箱を開けると、中にはハート型のチョコレートが入っていた。山田は周りを見回した。誰もいなかった。彼は手紙を読んだ。「昨日のチョコレートはどうでしたか?私はあなたのことをずっと想っています。あなたに会いたいです」

山田はその日、会社で調査を始めた。彼は手紙とチョコレートを送った人物を探そうとした。彼は女性社員たちに話を聞いたが、誰も知らなかった。彼は男性社員たちに話を聞いたが、誰も関心がなかった。彼は上司に話を聞いたが、笑われた。彼は一人ぼっちだった。

山田はその日、帰宅すると、妻と子供に話をした。彼は手紙とチョコレートのことを話した。妻は怒った。彼女は山田を浮気者だと疑った。子供は呆れた。彼らは山田をダサい父親だと思った。山田は家族に理解されなかった。

山田はその日、寝る前に、ポストに入っていたチョコレートを食べた。それは甘くて美味しかった。彼は手紙をもう一度読んだ。「あなたに会いたいです」彼は心の中でつぶやいた。「どこで会えるんだろう?」

翌日、山田は会社に行くと、また驚いたことがあった。彼の机の上に、一枚の手紙と一つの小さな箱が置いてあった。手紙には「山田さんへ」と書かれていた。箱を開けると、中にはハート型のチョコレートが入っていた。山田は周りを見回した。誰もいなかった。彼は手紙を読んだ。「今日はホワイトデーですね。私はあなたにお返しをしたいです。今日の午後5時に、会社の近くのカフェで待っています。私は赤いマフラーを巻いています。あなたに会えるのを楽しみにしています」

山田はその日、仕事を早めに切り上げた。彼は手紙とチョコレートを持って、カフェに向かった。彼はドキドキしながら、カフェに着いた。彼は中に入って、赤いマフラーを巻いた人物を探した。彼はすぐに見つけた。彼は驚いた。彼は信じられなかった。彼は固まった。

カフェのテーブルに座っていたのは、彼の同僚だった。しかも、男だった。彼は山田に笑顔で手を振った。「山田さん、こんにちは。私、鈴木です。ようやく会えましたね」

山田はその瞬間、気を失った。