ミネラル通信

ミネラル通信

【岩の力】販売会社超ミネラル総研のスタッフブログ。

空気も冷たく乾燥する時期になってきました。

懸念されていた新型コロナウイルスの感染拡大もしてきていて気が抜けませんね…アセアセ

 

弊社ではオフィスへの出入りの際に岩の力を手指にスプレーするなどして感染症対策に努めておりますバイキンくん

 

 

冬にはインフルエンザと共にノロウイルスなどのアルコール消毒が効きにくいノンエンベロープウイルスも蔓延します!

※「ノンエンベロープウイルス」は

アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いことで知られております

 

 

岩の力

ウイルス試験結果

 

皆さん用心して冬を乗り切りましょう爆笑

 

 

=====================================

 

有限会社 超ミネラル総研

info@37kenkou.com

TEL 0800-222-3725

 

=====================================

 

 

毎日新聞9月7日より抜粋です

 

液体充填機器製造などを手掛ける渋谷工業(金沢市) は7日、一つの唾液検査から新型コロナ、インフルエンザA.B型の計3種類のウイルスを短期間で同時検出できる高速PCR検査装置を2020年内にも開発・発売すると発表した。これまで2時間程度かかっていた検査時間を18分以内に短縮でき、秋以降に予想される新型コロナ、インフルエンザの同時流行に備えることができるという。

 同社や共同開発した鹿児島大発祥のベンチャー「スディックスバイオテック」(鹿児島市)によると、遠心分離などの作業を省略する一方、ウイルスが増殖しやすい温度に調整できる高性能な装置を採用。感染していないのに陽性となる「擬陽性」の確立を減らすことも期待できるとしている。

 年内に厚生労働省に医療機器として申請し、20年度は医療機関向けに数百台の販売を見込む。両社によると、唾液から3種類のウイルスを同時に検査できる装置は世界で初という。

 

 

まだまだ暑い日が続きますね~

気温が30℃以上の1日でかく汗の量は、3リットルにもなるそうですよ。
 

熱中症対策として、水分や塩分の補給を心がけている方は多いと思いますが、

意外と見落としがちなのが・・・・・を補うことの重要性です!

鉄をはじめとするミネラルは、汗と共に体外に排出されるため、暑い日や夏場は特に

鉄不足に陥りやすいといえます。

 

鉄は、血液中で酸素を体の至る所すみずみまで運んでくれますから、不足してしまうと

体内組織に酸素が行き渡らず、酸欠状態に陥ってしまいます。

 

結果として、下記のような貧血症状が出てしまいます。


   ・やる気がでない  ・イライラする    ・集中力の低下     ・食欲減退 

   ・眠りが浅い     ・動悸、息切れ   ・体が冷えやすい
暑さからくる疲労やバテかと思ったら、実は貧血に陥っていた!?なんてことにならないよう、

しっかりと鉄を補給しましょう!

 

鉄は貧血防止だけではなく、美容と健康にも密接に関わる大切なミネラルです。

日ごろから積極的に摂取していくようきをつけたいですね!

★「良い汗」と「悪い汗」

汗は血液から作られていることはご存じでしょうか。体温が上昇すると発汗の準備のため、血液からミネラル分と水分が汗腺に取り込まれます。この時、身体にとって大切なミネラル分は殆どが血液中に再吸収されて水分だけが皮膚の表面から出てきます。これが本来の汗であり、いわば「良い汗」と言えるものです。ところが、発汗を促す交感神経や汗腺の機能が鈍っていると、ミネラル分の再吸収が行われず、水分と一緒に体外へ出てしまいます。これが「悪い汗」で、普段あまり汗をかかない生活をしている人に多くみられる現象です。ミネラルは身体の生理機能を円滑にする大切な栄養素です。それが「悪い汗」とともに体外へ流出し、不足状態になってしまうと内臓の機能低下など、様々な体調不良をもたらします。いわゆる“夏バテ”はこうしたことが原因ではないか、とも考えられています。

では「良い汗」をかくためにはどうしたらよいか。よく「人間の身体は使わないと錆びる」と言いますが、発汗も同じことが言えます。ずばり!「適度に汗を流すことを心掛ける」です。いつもエアコンの中で運動も全くしない生活環境では自律神経も狂い、滅多に使われない汗腺も機能不全を起こしてしまいます。体温の上昇とともに自然に汗をかく生活をすることが「悪い汗」を防ぐ手だてなのです。この夏は特に変な汗をかいていませんか、いつもより多めにミネラルを吸収してください。

 

 

夏のスタミナ源といえば、何といっても・・・

今年の夏は、本日7月21日「一の丑」8月2日「二の丑」という風に土用の丑の日が2回ありますね。

 

鰻が栄養満点って話は、大昔から知られていたようで・・・

 

奈良時代の歌人・大伴 家持(おおとも やかもち)が万葉集の中で

 

石麻呂に われ物申す 夏痩せに 良しといふ物ぞ 鰻取り食せ

 ※(友である)石麻呂に申し上る。夏痩せによいというものです。是非、鰻をとって召し上がりなさい。

 

と歌に詠んでいたことからもわかりますね!

 

 

鰻にはビタミン(ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンEなど)が数多く含まれ、また脂質のDHAEPA含まれています。更には以下のミネラルも豊富に含まれています。

 

 カルシウム
ミネラルの中でも最も多く体内に含まれており、骨や歯をつくっている栄養素である。
妊娠、肩こり、骨粗しょう症(骨粗鬆症)などに効果がある。

 カリウム
代表的な作用は、血圧降下作用。不足すると、高血圧をはじめ、無気力になったり夏バテ、不整脈や心不全を起こしやすくする。脳卒中、高血圧、糖尿病に効果がある。

 
半分以上が赤血球中のヘモグロビンの成分となり、各細胞へ酸素を運ぶ動きをしている。
慢性疲労、冷え性、貧血などに効果がある。 不足すると、イライラし 怒りっぽくなる。

 亜鉛
不足すると、メタロチオネインが不足し、ストレスへの感受性が低下しないので、精神的な疲れが高じてウツ状態になったり、極端な場合には、突発的な暴力行為に走ってしまうことがある。肝機能、痴呆症、味覚障害に効果がある。

 

疲労回復にはミネラル補給は欠かせませんよね~。

 

鰻には必要なビタミンやミネラルなどの栄養素がたっぷり含まれていることから、夏バテ解消に最適な食品として、昔から好まれてきたのですね~。

 

ローカロリーでヘルシー!!

 

やはり・・・夏はうなぎを食べて、元気モリモリといきましょ~~

 

 

http://www.37kenkou.com/