こんにちは。

マインドセット・デザインズの廣田です。

 

まずはご報告。

16日(日)のマインドフルネス講座、無事終了しました。

今回も講義と実践を交えて、皆様ととても穏やかで心地よい時間を過ごさせていただきました。ご参加の皆様、ありがとうございました。

またやりたいと思っています!

 

さて、私のところには日々色々なことでお困りのクライアントさん(成人もお子さんも)がお越しになる訳ですが、

発達障害やそのグレーゾーンのお子さん達もたくさん通っています。

 

連れてくるお母さん方の子育てに対する不安も当然大きくて、

「そういう不安を何とか支えられたら」と、

私も保護者とのカウンセリング(時にニューロフィードバック)や親の会をしている訳ですが、

そんな私の考えを知り、あるお母さん(Yさん)がメールをくださいました。

 

Yさんは継続する関わりの中で、

「不安に巻き込まれず落ち着いて子どもも見守れるようになったな」

と、私が思っている方です。

 

息子さんは、発達障害グレーゾーンの特性に加え、幼少期からのかなりの数の学校でのトラウマを抱えていましたが、ニューロフィードバックとカウンセリング、トラウマ治療により、徐々に落ち着いてきました。

何よりも本人が、多少の問題が起きてもフリーズせず、パニックにもならず、自分で考えて一歩が踏み出せる力がついてきたと思います。

それには、ご両親の変化も大きかったように思います。

 

以下、そのお母さんからいただいた文面です。

今、発達障害の小さい子を育てているママの参考になれば、ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

息子は現在大学一年生です。友達とお昼を食べたり、興味のある授業を受けたり、充実した毎日を送っています。

しかし、2年前はこんな日が来るとは想像することもできませんでした。

 

彼は進学校と言われる学校に入学しましたが、学校が合わず悩み苦しんでいました。

その頃、以前から知っていた廣田先生にご相談しました。

ニューロフィードバック、カウンセリング等を受け、少しずつ、少しずつですが、確実に息子の心の傷が癒えていきました。

それは母親として私自身が癒されていく過程でもありました。

 

実は、息子が小さいころから、知り合いの心理の専門家に発達障害グレーゾーンならではの問題を相談してきました。それが奏功したこともたくさんありましたが、

「こうしなさい」「ああしなさい」と言われ続け、支配されているような感覚が私の中に常にありました。

廣田先生と話していく中で、「母親としての勘をもっと大切にしていい」と言っていただき、

私の心が楽になり、肩の力が抜けて息子も楽になっていったのかもしれません。

夫の考え方も変わりました。

結局、高校は転校しましたが、正しい選択だったと確信しています。

 

母親が楽になれば子どもも変わります。

もちろん不安が全くなくなった訳ではありません。

それでも子供を信じ、見守る余裕ができたように思います。

ゆっくりでも子供はちゃんと成長するのだと実感しています。

廣田先生には心から感謝しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということです。

Yさん、ありがとうございます。

 

それで、この文章をいただいた後のYさんとのやりとりで気づいたことがあります。

シェアしますね。

 

Yさんご自身は「自分が不安を抱えられるようになった」とは自覚していなかったようです。

「気づいてませんでしたが、そういえばそうですね~」とおっしゃっていました。

でも私からしたら、

「先生、どうしましょ~」とか、本人をあれやこれやと急き立てるようなこともなく、

「少し待ってみます!」

とか、きっぱりおっしゃるようになりました。

 

私の方は、Yさんとのプロセスが「癒しのプロセス」になっていたとは思ってませんでした。


私も伝えるべきことは伝えてきましたし、

時に「厳しいこと言ったかな~」と思うこともありました。

「癒している」という意図はあまりなかったのですね。

 

ただ、考えてみると、Yさんは以前の療育的関わりの中で、母親として傷つき、母親としての主体を持てずにいた。

だから、お子さんの状態が徐々に良くなっていくことに加えて、私との関わりの中で、その母親としての主体性を取り戻すことは、Yさんにとって癒しのプロセスとなったのかな、と思いました。

反対に、合わない療育で有無を言わさない支援者から、親御さんが「療育トラウマ」を負うこともあること、

私たち治療者も気を付けないといけないと、思った次第です。

 

ということで、Yさん、貴重な文章を本当にありがとうございました。

本人のこと、中学生の時から知ってて、

今回、本人、ご両親と一緒に乗り越えてきた感が私も強いので、とても感慨深いです。

でも、彼はもう、ある程度のことは乗り越えられると私は思っています。

だいぶ安心して見ていられるようになりましたね。

 

ということで、なかなかブログ更新できてませんが、やめてませんのでニコニコ

また書きま〜す❣️

 

マインドセット・デザインズ

http://mindset.tokyo.jp