自閉症スペクトラム家族 ~みみりん家の場合~

自閉症スペクトラム家族 ~みみりん家の場合~

私は、自閉症スペクトラムです。
私の子供も、自閉症スペクトラムです。
主に私の幼少期から現在までと、子供のことを書いています。

コメントは、承認後に表示される設定にしてあります。

殆どの人は、

「子供のため」に子育てをしていると思います。

 

でも、私は、子育ては、

「親自身のため」

だと思います。

 

なぜなら、

優れた子に育つと、

「親の育て方が良かった」

と、親が高く評価されますし、

逆に、子供が問題を起こすと、

親の責任にされるからです。

 

今、私は、子供に、独り立ちして欲しいと思っていますが、

それは、私と夫が、一生、子供の面倒を見ることになったら、

私達が困るからです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の母は、

「子供のため」に子育てしてきたつもりだと思います。

 

でも私は、母は、

「母自身のため」に私を育ててきたと思います。

 

母は、私に

母自身がやりたかったことをさせました。

 

母は、私に、全てに、好成績を望みました。

 

母は、私を使って

人生のやり直しの疑似体験をしていました。

 

私は、母に、人生の半分ぐらい、乗っ取られました。

 

私は、母のために生まれてきて、

「自分のため」よりも、

「母のため」に生きてきた感覚があります。

 

 

母は、子供は、育ててくれた親に

当然、感謝すべきだと思っています。

 

でも私は、親に感謝していません。

 

私は、私の子供にも、

私に感謝して欲しいとは思っていません。

以前、スクールカウンセラーに、

こんな質問をしました。

 

「近所に、

”旦那さんが、町内会の人達には腰が低いのに、

奥さんにだけ、威張り散らしていて、

奥さんは、それに対して、いつもニコニコと

『はい、はい。』

と、何でも言うことを聞いてあげている”

というご夫婦がいますけど、

その奥さんは、どういう心境なのでしょうか?」

 

それに対する回答は、

 

「奥さんは、気持ちの面で、旦那さんより立場が上。」

 

だったと思います。

 

例えば、お母さんが、幼い息子に対して、

「まあ、この子ったら。我が儘なんだから。(^_^)」

と、甘えさせてあげている感じだろうと思います。

 

もう一度、このカウンセラーから、

この説明を聞きたくなったのですが、

今、どこにいるのか分かりません。汗