カラフルオーガニック®コスメプロデューサーのブログ

小さなレディをもっと可愛く
オーガニック美人をもっと美しく
をテーマに、
オーガニックメイクアップアイテム・キッズメイクアイテムの研究開発・販売をしています。

ご訪問ありがとうございます。
カラフルオーガニック代表 山本由紀です。


小さなレディをもっと可愛く
オーガニック美人をもっと美しく


をテーマに、お子様にも使っていただける、
ナチュラルでカラフルなコスメを研究開発・販売しています。


web shop は こちら
facebook は こちら フォロー大歓迎です


■山本由紀 プロフィールは こちら(準備中)

■講座やイベントは、不定期で開催しております。
 最新の講座スケジュールはこちらをどうぞ
 2017年4月のイベントスケジュール


■ブログには、コスメ研究開発の裏話や、
このコスメの研究のきっかけとなった、
娘・M嬢との日常、ピアノやバレエ、子育てのことなども綴っています。


■お問合せは colorful.organic@gmail.com まで。



テーマ:


めっちゃ飛んでるM嬢~~(笑)

 

 

7月最終週~8月第一週は、発表会に向けてバレエ三昧でした。

都内に通し稽古に行く日もあり、送迎業務も佳境です。
 

 

家でも踊りまくっていたので、記念に動画を撮りました♪
(写真をクリックすると、FBで投稿した動画に飛びます)
 

 

ちなみに、このチュールスカートは

Anneさんのスカートです。

ここのスカートの上質を知ってしまうと、

なかなかほかで満足できなくなってしまうのです。

踊りとともに舞うスカートが、本物の衣装のようですキラキラ

 

 

 

 

発表会当日は、

おチビちゃんから美しく舞うお姉さん達まで。
発表会でたくさんの子たちを観ました。
 

どんな時も腐らずに続けるって、
本当に大変なことで、だからこそとっても尊いね。
その過程の中で、
ちゃんと自分と向き合っていれば、
強さや優しさや、しなやかさが、身につく人には身につく。
 

 

M嬢も、まだまだ道の途中。
未来を楽しみに💕
 
 

今まで「笑顔!」と言われて、
超不自然な笑顔になっていたのだけど、
(ただ口を「イーッ」ってしてるだけで、目が笑ってないw)
今年から、超自然な笑顔を作れるようになっていました。

 

 


 

聞くと、「目に星を入れている」との答え。
勉強になります!

 

 

ピアノ編で書いたのですが、

新しいソルフェージュのお教室に通いたいM嬢は、

バレエのレッスンを週3から週2に減らす決心をしたのですが・・・

 

ここにきて、やっぱり週3はキープしたいと・・・(;・∀・)

 

 

ピアノの練習時間の確保が課題ですが、
じゃあ1カ月だけそれでやってみよう!
やってみてできなければ、そこでまた考えよう。
と、一番欲張りなチョイスに落ち着いたのでした^^

 

 

 

ちなみに、バレエおだんごは、

100%天然成分のバレリーナジェルで、
本番もしっかりキープされましたよ。

(久しぶりに宣伝♪♪)

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

実は、コンクールの少し前から考えていたのですが、
コンクールが終わった翌々日、

とあるお教室に、お邪魔することができました。

 

 

M嬢がずっとやりたかった音楽理論を教えてくれるお教室です。

 

 

音楽理論って、普通は音大を目指す人がやるものだけれども、
M嬢の場合は、音大に行く!って決めているわけではないです。

 

 

でも、この分野のことが知りたくて知りたくて仕方ないんだろうなぁ

ということを、ビシビシと感じていて、
まさに、その内容を教えてくれるお教室が見つかった、

という感じです。

 

 

まさにM嬢の求めるものがここにある!

一度、体験レッスンをしてみて、そう確信しました。
そして同じくM嬢も、ピンときていました。
 

 

バレエのレッスン日を1日減らしても、

ここのレッスンに来たいと、M嬢が決断しました。

 

音楽理論を学びたいと切望する小学生なんて、

そうそういるものではないと思います。
ある意味、マニアな小学生です。

わたしがお教室の先生だったら、
そういう子にこそ、ぜひ学んでもらいたいと思う!
なので、ここに行かせない理由はないと思いました。

将来がどうなろうとも。




素晴らしい出会いに感謝キラキラキラキラ
 



帰り道は、ちょうど暮れ行く横浜の空が綺麗な時間帯でした。

 

 



そして、今までお世話になったピアノの先生から、

卒業することになりました。

 

M嬢が年長の時から丸4年、公私ともにお世話になってきた先生は、

声楽科出身の先生。


ピアノだけでなく、歌もみてくださり、

音楽の楽しさ、歌う楽しさを、小さいM嬢に教えてくださって、

M嬢の興味に寄り添いながらレッスンしてくださいました。

 

 

 


そしてつい先日、新しい先生の初レッスンがありました。
M嬢の出す音を聴いた後、
今までのピアノ生活を否定することなく、
今後さらに大きな花を咲かせるための方針を、
丁寧に話してくださり、

「ド」の音の出し方から、やり直しになりました。


正直、ぞくぞくわくわくしました。

わたしも、M嬢も。

 

2台のグランドピアノが並ぶお部屋にも、ワクワクしました。

 

 


新しいピアノ生活が始まりました。

 

 

とまぁ、わりとサラリと書いたのですが、

すごくすごく悩みました。

 

 

本当に今このタイミングなのか。

バレエのレッスンとの兼ね合い

バレエなのかピアノなのか。
中学受験は本当にしないのか。

送迎や経済的なサポートが増えることについて。

 

 

悩みすぎて、熱が出たほどです。

 

 

でも、今すぐに答えの出ないことばかりでした。

 

 

「うまくいくならこちらにする」 という選び方は、

どうしたってできないんですよね。

 

 

腹をくくるしかない。

ということに、ようやく気づきました。

 

 

やっぱり、

歩き始めるからこそ道ができるのであって、

歩き始めることをしなければ、道は永遠にできないのです。

 

 

「正解なんてない」
 

そんなこと、自分の仕事では何度も何度も腹をくくってきたのに、

子どものこととなると、なぜか正解を求めたくなってしまう。

 

 

親としてできることは、

子どもに一歩先、二歩先の環境を用意することです。

 

孟母三遷

 

子どもは自分で先生を変えたり、

新しい学びの場に自ら出向くことはできないんですから。

 

 

その後は、子ども次第。

 

 

親としてもまた、新しいステージに入ったようです。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ピアノコンクール】

M嬢、はじめてのチャレンジでした。
結果は、予選通過に0.02点及ばず、
本選出場が叶いませんでした。


ピアノコンクール。

 
悔し泣きが止まらないM嬢。
たぶん今までのM嬢人生で、
一番悔しい日となったのだろうと思います。
 
しかし、1カ月ほど前、
YouTubeで本選のレベルを知った日には、
到底ムリだと絶望し、
本選の日程にキャンプを入れようとしていた
わたしですが・・・
そこからM嬢、よくぞ巻き返しました。
 
 
審査員の先生方からの講評では、
「音質がとてもいい」「音の出し方が綺麗」
と褒めていただき、奨励賞をいただきました。
 
今後はテクニックの強化が課題です。
 
今回、人生で初めて「コンペティションの世界」
に足を踏み入れました。
無風になりつつあったM嬢のピアノ生活に、
痛みも伴う鍼治療のように、
よい刺激になっと思います。
 
この経験が、M嬢のピアノ人生をより豊かなものに
してくれることを願っています。

 


 

 

 

【演奏20分前に青ざめた話】
 

実は、演奏するホールへの移動前、
控え室で待機していたとき、
6月に行われた予選の模様が、モニターに映されていました。
そこには、M嬢と同じ曲を弾く子の映像もありました。
その演奏を聴いたM嬢が、青い顔をして言いました。
 
「この人、リピートしてない・・・」
「えっ?」
 
楽譜には確かにリピート記号があり、
M嬢はその通りに練習していました。
しかし、モニターで次にその曲を弾いた子も、
その次の子も、リピートしていませんでした。
 
「なんでだろう・・・」
もしやと思い、 
スマホでPTNAのホームページの「演奏上の注意」を見ると、
「繰り返し(リピート)記号は省略する」
と書いてあるではないですか!!!!!
 
これを見落としていた私、おバカ過ぎる・・・(ノ◇≦。)(ノ◇≦。)
 
M嬢はホッとした顔で
「OK!じゃあリピートなしでいいんだね♪」
と言っているけども、
3カ月の間リピートありで練習してきたので、
きっとクセになってしまっているだろうし、
「もし万が一リピートしちゃっても、
 止まらないでそのまま弾いちゃえばいいから!」
とアドバイスしたものの、不安が残りました・・・
 
そして臨んだ本番。
リピートなしでミスなしで、
見事に弾ききったM嬢なのでした。
 
リピートなしに気づいたこと、
本番20分前に急遽変更になるも、動じずに弾ききったM嬢。
 
これは本当に素晴らしかったよ。
 
 
翌朝、ベッドの中でゆるゆると目を覚ましたM嬢。
最初に発した言葉は、


「ああ・・・本選行きたかったなぁ・・・」
 


その想いを抱きしめて眠っていたんだね。
わたしも本当に同じ気持ち。
 
無理に元気出したり、気にしないようにしたりしないで、
悔しさも、落胆も、悲しみも、
ぜ~んぶ味わいます。
味わいきったら自然に浮上できると知ってるから♪
 
あら。もう新曲やってるよ(笑)

 

 

                       2017年7月3日 Facebookより


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)