自立した子を育てる!ミコリー流子育て法

自立した子を育てる!ミコリー流子育て法

子供の自主性を伸ばし、自立した人間形成のための子育て法やアイデアを紹介

外孫ッチママと話していて、気になったことがもう一つ!

~であるべき!~すべき!!の項目が多すぎる??ということでした。(--)

 

孫ッチの世話をしているときに、哺乳瓶の消毒にレンチンのものがあることを知ってこれは便利だな~(∩´∀`)∩

と思ったのですが、友達は医者から

 

レンジのものはダメです。煮沸消毒にしてください!

 

と言われたそうで~~~(--)

産後でヘロヘロになっているママにとって、少しでも楽に簡単に出来るものを使うことがダメだとは・・・専門的な知識はないので、このあたり優劣については何とも言えませんが、レンジの消毒のものも熱くて触れないほどになるし、十分に消毒は出来ているように思いました。

 

 

我が家での哺乳瓶の消毒はミルトンを使っていました。(;^_^A

双子育児の際の哺乳瓶の量はもちろん2倍になります。

そのころはレンチンのものもなかったし、煮沸かミルトンか?の2択だったわけで・・・

薬剤を使うのはどうなの?とも思いましたが、完全ワンオペ+上にも子供がいたので、煮沸なんてしている時間もなく~~~

何も考えずにミルトンの独り勝ちでした。笑

今双子たちは22歳になりましたが、ミルトンのせい?なんて思えるような問題は何も出ていないです。

 

べき!すべき問題。

 

母親だから○○であるべき!とか、母親なのだから、○○すべき!とか・・・

私が子育てをしていた時期からこういうことはありましたが、最近のこの風潮には恐ろしさを感じます。(--)

 

みな同じでないといけない?(他の人と)同じであるべき問題。

 

私は海外在住なので外から日本を見ることが出来ますが、人と違う。変わってる。個性的なことを認めない日本という国&国民性の現れでもあるかな~と思っています。

これって恐ろしいことだと思っていない人が多いことが、本当に恐ろしかったりします。(--;)

 

 

子供談義が全然違う方向へ流れてしまいましたが・・・笑

 

あまり自分を追い詰めるような生き方は、子供にとっても苦しいことですし、自分自身が何よりもしんどいもの。

もう少し柔軟に、アバウトに考えても生きていけるので大丈夫です。(^_-)-☆

 

 

 

 

子供の教育ランキングに参加しています。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス