マイティーの忍者生活(GPZ900R+バンバン90+ガーデニング)

マイティーの忍者生活(GPZ900R+バンバン90+ガーデニング)

GPZ900R(ニンジャ)を中心に日常の出来事を書き綴ります。
このバイクは、学生時代から20年以上の付き合いなので、あらゆるトラブルを経験していますが、これからもずっと乗り続けたいと思っています。

2012年5月8日

今日は土曜日というのに、中学1年生のムスメその1は「中学総合学力調査」というテストを受けに学校に行っています。



ご苦労なことでございます。





今日は朝から天気がスッキリしない、まったりとした休日ですね…



さあて、何やろっかな?



小学4年生のムスメその2が、シアタールームでアニメが観たいと言いだしました。



普段ならムスメその1と一緒でないとシアタールームでアニメを観せないのですが、今日はテストの後にカミさんとスイーツを食べに行くらしいので…



スイーツが食べれない分、ムスメその2の希望を叶えてやることにしました。



ボクとしても、2、3日前に「Amazon prime Video」 に加入したので、画質や音質を確かめたい気持ちもあったので…(笑)



SONYの「Blu-rayプレーヤー」とAppleの「AppleTV」のどちらにも「Amazon prime Video」のアプリが搭載されています。



まずは、Blu-rayプレーヤーの設定から確かめます。



なんかの暗号をAmazonのサイトで入力したら、登録されたデバイスに認識されました。



次は、AppleTV を確かめてみました。



こちらも同じように暗号の入力をしたら設定OKです。








さてさて、ムスメその2がチョイスした作品は「僕のヒーローアカデミア」でした。


テレビ版を続けて1話から3話まで。



ボクにとっては初めての「ヒロアカ」でしたが、楽しそうなお話で、続きが観たいと思える作品でした。









ついでにリビングのテレビも登録しました。



▲テレビのアプリ画面



▲Amazon Prime Video





結論。



画質も音質も抜群に良いわけではありませんでしたが、我が家のシステムなら問題になることは全くありません。



こんなにたくさんの作品が観れて、月額500円ならOKだと感じました。



しばらくお世話になります。







あとはスマホからプロジェクターに出力できるかどうか?



です…















さて、注文していた「バッファロー社の新しいWi-Fiルーター」が届きました。


とっくにサポートが終了している「Apple社のAirMac Extreme」から、バッファローの現行モデルに変更するわけですから、サポートという点では安心度が大幅にアップします。


▲WSR-3200AX4S/DWH


それでは、取り扱い説明書に記載されている手順どおりに進めていきましょう。


①まずは全ての配線をとりはずして、光回線終端装置(ONU)の電源を抜きます。


回線によっては、30分程度電源を切らないと、インターネットに接続出来ない場合があるとのことなんで、昼飯にします。


②昼飯を食べたら、「ONU」に「光ケーブル」を差し込み、「ACアダプター」から電源を供給します。


③「ONU」と新しく買った「Wi-Fiルーター」を「LAN線」で繋ぎます。


④「Wi-Fiルーター」側面の「AUTO/MANUALスイッチ」が AUTO にします。


⑤「Wi-Fiルーター」に「ACアダプター」から電源を供給します。


⑥1分間待ちます。


⑦「Wi-Fiルーター」のランプの状態を確認します。


OK!


たったこれだけで、Wi-Fiルーターの準備が終わったようです。


初期設定のままだと、スマホのWi-Fi設定画面にSSIDが6個でてきてびっくりしましたが、とりあえずそのまま進めていきます。


Wi-Fiに繋いでいたiPhoneやiPad、学習タブレットを順番に設定しました。


リビングのテレビやHDDレコーダーも簡単にWi-Fiに接続することができました。


次は2階のシアタールームにあるBlu-rayプレーヤーやAVアンプ、Apple TVやサウンドジェニックの設定です。


こちらは有線LANでの設定ですが、特に難しいこともなく設定完了です。






ネット環境を必要とする機器が、それぞれインターネットなつながることを確認した上で、改めて細かな設定を繰り返します。


表示される「SSID」を一つにまとめたり、近所の電波との差別化を図る「SSID名」にしたりしました。


Wi-Fiの設定って、あまりこだわらなければすごく簡単になりましたね。


パソコン音痴のボクにはありがたいことです。








さて残る問題は、iMacの有線接続のみ…


Wi-Fiでならインターネットにつながるのでネットサーフィンには支障がありませんが、どうしても有線で繋ぎたいのです。


もう少し調べてみます。





ツキギレーシングの8耐ニンジャを目指して、アッパーカウルに貼るためのステッカーを収集しているのですが、「大同工業(D.i.D)」のステッカーが見つかりません。



▲ツキギレーシング 8耐ニンジャ 91号車



イメージを膨らますために「D.I.D」のワッペンを入手しました。



▲DIDのワッペン



入手したこのワッペンのデザインを真似て、ステッカーを作ってもらうこともできそうなんで。



アッパーカウルに当ててみました。




▲仮フィッティング



大きさは大丈夫そうですね。



このワッペンを真似てステッカーを作ってもらおうと考えています。



まぁ、急いでないのでボチボチやります。





我が家のインターネット環境のことですが、Wi-Fiルーターを買い替えることにしました。


使っているWi-Fiルーターは「AirMac Extreme」なので、Appleのサポートは既に終了しています。


現行モデルへの買い替えは、製品のサポートという点では安心度が大幅にアップします。


また、Wi-Fi6にも対応するので、新しいスマホにすれば高速化も期待できるという訳です。


コロナ禍で疲弊している日本経済のためにも、国内メーカー製にします。


国内メーカーでも、ラインナップが特に豊富なの「バッファロー」のようですね。


▲バッファローのホームページより


今回、Wi-Fiルーターを買い替えても、エリアが広がらなかった場合に備えて、「メッシュ機能」を持つ製品を選ぶことにしました。


▲WSR-3200AX4S-WH


もう一台増設することを考えて、「スタンダードモデル」の WSR-3200AX4S に落ち着きました。


色は白にするつもりです。






生垣の剪定には「ヘッジトリマー」が欠かせません。


我が家でも「電動ヘッジトリマー」を愛用しているのですが、作業中に電源ケーブルを切ってしまいました。


切断したケーブルを繋ぎ直すのに「ハンダ付け」したのですが、安全性の観点からすると、どうやらダメな方法のようです。


各方面からのアドバイスに感謝申し上げます。










「ハンダ付け」がダメなようですから、今度は「圧着端子」でやってみることにしました。


▲圧着スリーブ


仕事帰りにホームセンターで「裸圧着スリーブ」を買ってきました。


安定のニチフ製です。










▲修理中


圧着端子を使ってケーブルを繋ぎなおします。


お互いの端子がショートしないように、収縮チューブで保護しました。






▲修理完了


絶縁テープを巻いた後に、仕上げに収縮チューブで修理完了です。


大丈夫でしょうか…(苦笑)