小1算数の文章題トレーニング(演習)のうち、

「ふえるといくつ?」と「へるといくつ?」の演習

については、5種類(①~⑤)のプリントを使っ

て行いました。

 そして、IQの低い息子でも着実に文章題を解

く力が身に付くようにと、どの問題についても

「小1算数の文章題トレーニング(基礎編)後半」

のStep4-1~2で習得したスキルを使って以下

のとおり解くようにさせました。

 

(1)問題文に書いてあることをお皿に積み木

を入れるか、お皿から積み木を出すかで表現

する。

(2)(1)をすることによって、いくつ増えたのか、

または、いくつ減ったのかを認識し、「〇増える、

+〇」または「〇減る、-〇」と言う。

(3)数式を作る。

息子が(2)~(3)をスムーズにできるよ

するため、演習を始めた後も「小1算数の文章

題トレング(基礎編)後半」の復習をしばら

くの間、続けていました。

 

 演習を始めた頃は、かなりの手助けをしなけ

れば息子は問題を解くことができませんでした

が、演習を始めて2ヶ月経過した今は、すらす

らと問題を解くことができるようになっています。

それでは、各プリントの演習内容については、

以下のとおりです。

 

演習 「ふえるといくつ へるといくつ」①

 まず、以下のプリント、お皿、積み木等を用意

しました。

(息子が少しでもイメージしやすいようにと積み

木にカエルのシールを貼ったり、お皿に池のイ

ラストを置いたりしました。)

 

 

そして、以下のように毎日、問題を変えながら演

習を行いました。

※息子は、言葉に遅れがあることから問題のパ

ターンは、”くる”と”でていく”だけにしました。

 

問題の解き方は、以下のとおりです。

(例)上のプリントの1問目

(1)息子に、「かえるが5ひきいます。」を読ま

せた後、お皿に積み木を5個入れさせる。

 

(2)息子に、「2ひきくるとなんひきになります

か。」を読ませた後、お皿に積み木を2個入

れさせ、「2増える、+2」と言わせる。

※演習を続けて1ヶ月ほどで、息子は、

「〇増える(減る)」とだけ言って、数式を記入

できるようになりました。

 

(3)息子に、”しき”の欄に”5+2=7”を記入さ

せる。

続いて、”こたえ”の欄に”7”を記入させる。

 

演習「ふえるといくつ へるといくつ」②

 まず、以下のプリント、お皿、積み木等を用意

しました。

(息子が少しでもイメージしやすいようにと積み

木に鳥のシールを貼ったり、お皿に木のイラス

トを置いたりしました。)

 

 

そして、以下のように毎日、問題を変えながら演

習を行いました。

※息子は、言葉に遅れがあることから問題のパ

ターンは、”とんでくる”と”とんでいく”だけにしま

した。

 

問題の解き方は、以下のとおりです。

(例)上のプリントの1問目

(1)息子に、「とりが8わいます。」を読ませた後、

お皿に積み木を8個入れさせる。

 

(2)息子に、「5わとんでいくとなんわになります

か。」を読ませた後、お皿の中の積み木を5個、

お皿の外に置かせ、「5減る、-5」と言わせる。

※演習を続けて1ヶ月ほどで息子は、

「〇増える(減る)」とだけ言って、数式を記入で

きるようになりました。

 

(3)息子に、”しき”の欄に”8-5=3”を記入

させる。

続いて、”こたえ”の欄に”3”を記入させる。

 

時々、問題文を変えてみる

 息子が「ふえるといくつ へるといくつ」①~②

のプリントをすらすら解くことができるようにな

った頃から、問題文が「・・・くる」ではなく、

「・・・きた」となっている場合でも解けるように

しておきたいと思い、時々、以下のプリントも

使って演習をさせるようにしました。

 

 


にほんブログ村