つぼみⅱ~続ひよっこ農家奮闘記~

つぼみⅱ~続ひよっこ農家奮闘記~

富山県富山市土(ど)にある土遊野(どゆうの)で里山のをフィールドに有畜複合循環型農業をしています。
この地で出会う種が、いつかつぼみとなり、その中のいくつかが花を咲かせ、繰り返し繰り返し、
いつの日かこの大地に力強く根付く木になれるよう。。。。

いつも有機棚田米を選んでくださるみなさま

まだ土遊野のお米を食べたことのない方も

いつも日本のお米を食べてくださり農業支えてくださり、本当にありがとうございます!!

土遊野は、里山の棚田を引き継ぎ、100枚を超える田んぼでお米作りをしています。

農薬、化学肥料は一切使用せず、スタッフの除草作業と、アイガモ部隊の力を借りて、草対策をしてお米の成長を助けています。

25日から田植えが始まり、田植え後1週間したら、アイガモのヒナを田んぼに入れます。

約一か月、田んぼを泳ぎ回って、草を踏みつぶしたり、肥料を上げてくれたりします。

私、河上は今年2020年で、農業を始めて10年です。

まだ、10年。。。
やればやるほど、痛感することがあります。

私たち人間は、本当に多くの命に支えられていること。
自然の恵みに、頼って生きていること。


できるだけ
土から取り去った分、土に有機物を返そう。
できるだけ
たくさん消費する分、少しでも生産しないとな。

泳ぎ回ってくれたアイガモたちを、秋にはその命もいただきます。

はじめは「人間て残酷!」とその気持ちに押し倒されそうになりました。

でも今は、
「ありがとう」「いただきます」

と、しっかりその気持ちをもって、向き合っています。

こうして、
自然の中でいのちが巡り、
人のいのちは成り立っているようです。

いつか、里山の棚田に、この子たちに、会いにいらしてください(^^)