モロッコラグ&雑貨SHOPブログ *メズモロ通信*

モロッコラグ&雑貨SHOPブログ *メズモロ通信*

モロッコラグと雑貨のお店「Meziyan Morocco」からの
お知らせブログです。
日々のことも織りまぜてアップしています。


テーマ:

モロッコのラグと雑貨のお店「Meziyan Morocco」はこちらへ。

 

 

モロッコらしいゼリージュ模様のガラス製小物入れをアップしました!
 
少しサイズの違う二つをただ並べて飾っておくだけでも可愛いです!
 
黒のタッセルが大人っぽい!
 
まさに大人可愛いインテリアが好きな方にぴったりです!!
 
ちょっとエキゾチックなスパイスが効いている所もいいですね〜。
 
 
 
小物入れはこちらから購入できます
 
 
 
 
 
 

 

 

 

インスタグラムはこちら↓から♪
Instagram

にほんブログ村 雑貨ブログ 輸入雑貨へ
にほんブログ村


↑↓ポチお願いします☆



人気ブログランキング

テーマ:

モロッコのラグと雑貨のお店「Meziyan Morocco」はこちらへ。

 

 
モロッコ6日目。
 
朝8時5分発のバスに乗るのでまだ静かなホテルを出る。
チェックアウトしようと思ったら、
フロントのお兄さんがロビーのソファで寝ていた。
 
一晩中ここにいるんだね。お疲れ様だ。
私に気がついて「Sorry」って言ってたけど、
こちらこそ起こしてしまって申し訳ない気分になった。
 
歩いて10分くらいの所のスプラトゥール(長距離バス)の発着所。
時刻表を見ると砂漠方面の街の名前もいくつかある。
 
 
 
ケラア・ムグナもバスで行けるんだね。
 
しばらく待っているとバスがやってきた。
すでに人が乗っていたからどこかの街からやってきたバスだね。
 
私のチケットは座席番号1番だったので、明らかに窓側だったけど。
予想通り1番の席にはマダムがちゃっかり座っていた。
 
一応「No.1?」とシート頭上の座席番号を指差して聞いたら
「ウィ(はい)」と隣の席を指差した。(^ ^;)
 
モロッコのバスはその時々によって番号通りに座ったり
早い者勝ちだったりするそうなので、
ここはあきらめてマダムの隣の通路側に座った。
 
まぁ最前列で前方の窓からは景色が見えるしいいか。。
 
マダムは何も悪びれる様子はなく、お菓子をくれる。
 
細かいことにこだわってはモロッコではやっていけないね。(苦笑)
 
 
 
 
 

 

 

 

インスタグラムはこちら↓から♪
Instagram

にほんブログ村 雑貨ブログ 輸入雑貨へ
にほんブログ村


↑↓ポチお願いします☆



人気ブログランキング

テーマ:

モロッコのラグと雑貨のお店「Meziyan Morocco」はこちらへ。

 

 

 

モロッコラグ、グラウィ。
コロコロをかけてきれいにして嫁入り仕度です♪
 
このグラウィもピンクとグレーのツートンがツボでお気に入りでした。
 
お気に入りが旅立つのは嬉しいような悲しいような。。。
 
でもきっと素敵なお客様のもとで存在感を放ってくれることでしょう!!(*^ ^*)
 
ラグが売れたらそれでまたラグを買って、
モロッコの女性も収入アップで嬉しい、
日本のお客様も可愛いラグで気分が上がって嬉しい、
私もみんなが喜んでくれれば嬉しい!!
 
そんな素敵な循環をこれからも作っていこうと思います!!(^o^)/
 
 
 
モロッコラグはこちらから購入できます
 
 
 
 
 
 

 

 

 

インスタグラムはこちら↓から♪
Instagram

にほんブログ村 雑貨ブログ 輸入雑貨へ
にほんブログ村


↑↓ポチお願いします☆



人気ブログランキング

テーマ:

モロッコのラグと雑貨のお店「Meziyan Morocco」はこちらへ。

 

 

メズモロはこの秋、いろいろと新しい事を始める予定です。
 
そのための準備やいろいろ考える事、
モロッコのバイヤーさんと打ち合わせしたりと、
なかなか忙しい。顔2汗
 
この秋で5年の節目を迎えるメズモロ。
 
どんな新しい事が始まるかは、もう少しお楽しみで♪
 
 
 
 

 

 

 

インスタグラムはこちら↓から♪
Instagram

にほんブログ村 雑貨ブログ 輸入雑貨へ
にほんブログ村


↑↓ポチお願いします☆



人気ブログランキング

テーマ:

モロッコのラグと雑貨のお店「Meziyan Morocco」はこちらへ。

 

 
熱中症一歩手前のような感じで部屋に着いた途端、
ばったりとベッドに倒れこんでしまった。
 
しかし夕方ごろ、また夕飯問題をふと思う。
 
また10分も歩いてレストランに行くのはしんどいし、
お腹がそれほど空いているわけではないので、
タジンを食べるほどの食欲もない。
 
でも何も食べないと夜中お腹が空いて辛いだろうと考えていたら、
そう言えばグランタクシー乗り場に行く途中に
サンドイッチスタンドのようなものがあったのを思い出した。
 
そこなら5分かからないくらいで行けるし、軽めのものがある。
「頑張って行くか〜」と部屋から出た。
 
外出時にはフロントで翌日の朝食の事を聞かれるのだが、
明日はマラケシュに戻るので、そのバスの時間が早いので
朝食取れないかもと言うと、フロントの綺麗系のお姉さんが、
「それじゃ、夜のうちに用意しておいて部屋に届けますよ。」と言ってくれた。
 
外に出ると「なんじゃこりゃ?」というほどの数の人々が歩いていた。
お祭り?マーケットが行われているのか?
数件となりの広場にテントの出店がたくさん出ていたり、
移動式の遊具なんかも出ている。
 
ちょろっと覗いて見たら、民族衣装を売っていたり、
生活雑貨を売っていたり、お菓子や果物の屋台が出ていたりしていた。
「もっと元気だったらじっくり見ていくんだけどな〜」と、
人ごみにもまれながらサンドイッチスタンドへ。
 
サンドイッチスタンドで注文の品を待って座っていたら、
いきなり誰かがピトッとくっついてきて、びっくりして思わず見たら、
小さな男の子が満面の笑みでくっついていた。
 
ふと通りを見るとその子のお母さんらしき人が微笑んでいる。
 
外国人の私が珍しくて寄ってきたんだろう。
 
こんなくったくのない人懐っこさがモロッコのいい所。
向こうの警戒心のなさが、こちらの気持ちもオープンにしてくれる。
 
また人ごみをかき分けてホテルに戻るとフロントの人がいない。
鍵がないと入れない。。
女性が一人ロビーにいたので困っていると、
「買い物に行ってるみたい。」と教えてくれた。
 
仕方ないのでロビーでサンドイッチを食べながら待っていると、
さっきの綺麗系のフロントの女性があたふたと戻ってきた。
どうやら明日の私の朝食の買出しをしていたっぽい。
 
その後も部屋にいたら夜にそのフロントの女性がやってきて、
朝食セットのいろいろ乗ったトレーを
よいしょよいしょと抱えて届けてくれた。
 
フロントの人が自ら何でもやるのだな。
日本じゃお客さんをお待たせするよりも
スタッフを増やしてスマートに対応するのが当たり前だけど、
モロッコだと少しくらい待ってもいいじゃないか〜という気になる。
別にそれでもいいんだよね。スタッフは一生懸命やってくれてるし。
 
日本はいろんな事を急ぎすぎて、
完璧にしなきゃ!ってみんなカリカリしている。
きちんとする事はいい事だけど、何かが本末転倒な気がして仕方ない。
 
そしてそんな手間がかかってもきさくな笑顔の素敵な女性に
心を打たれないわけはないのであった。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

インスタグラムはこちら↓から♪
Instagram

にほんブログ村 雑貨ブログ 輸入雑貨へ
にほんブログ村


↑↓ポチお願いします☆



人気ブログランキング

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス