ありがたいことに、変わりなく元気に過ごしています。

 

最近、ノウイングのテキストを読み直していて

自分が書き込んだメモに励まされました。

嬉しいタイムカプセルでしたのでご紹介します。

その内容は、

 

事件が起きた時に

収縮したリアクションを返すか

あるいは拡大したレスポンスを返すか。

 

 

事件が起きた時。

 

収縮したリアクション:

大きな凸凹として経験し障害と感じる。

その事件で自分が傷つくと確信しながら

より世間が嫌いになる。

 

拡大したレスポンス:

その瞬間、ポイントを興味深い景色として経験し

その事件とダンス。

 

「何も失うものはない」と思っている人は

その時点で最も拡大したレスポンスを返せる。

そして生命の偉大さが姿を現しはじめる。

 

そしてレスポンスが選択肢のポイントを

引き寄せもするし、遠ざけもする。

 

レスポンスは日頃の思考プロセスで決まっていく。

 

刺激への反応だけは唯一自分が選べる。

 

、、、といった内容でした。

 

拡大したレスポンスって

後から気づく事もありますが←笑い泣き

その場で選択できるように

また自分の力動を見ていこう、と改めて思いました。

 

コスモス

 

先日、Garyさんとオンラインミーティングする機会がありました。

Garyさんからある方への話を聞いていて

生命の偉大さ多層さ、見えていない部分の深さに改めて心動きました。

 

しかし文字にするとなんとも酔っているようにも読めて

日記を書きながら笑ってしまいました。

まだまだ探求の余地アリですね。

 

 

ではまた。

きっとまた書きます!

 

 

先日走った七戸の道クローバー