これはあるアジア系エアラインの記者会見で

司会をさせて頂いた際の写真です。

38歳の頃ねウインク

 

 

 

 

真ん中が私。

局アナオーディションにはこのスーツで臨みました。

 

私は記者上がりの受験者でしたから、

どうしても審査員の方々は、

私に対する思い込みとして

強く硬派な女性のイメージを抱くだろう. . . と

予想していました。

 

だから、

 

①肩パットなし

②わきにシャーリング入り

③カジュアルな軽さとエレガンスを同時に残せる

④シワにならないジャージー素材

⑤オフホワイト

⑥シングルボタン(体を立体的に見せられる)

 

の全てを備えたスーツを見つけた際、

「これだ!」と直感に従い、即買いしました。

 

オーディションで大活躍した実物のスーツです。

ちょっと分かりづらい写真かもしれませんが、

スカート丈の長さ、オフホワイトのイメージ、など

参考にしてみてください✨

 

Mayでしたカラオケ


オーディションランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

そうそう、この記事は・・・
 

 
淡いイエローを推しましたが、
ご参考までに
私がアナウンサー時代にこの色を身に纏って撮った写真を
いくつか見てみましょう。
 
 
 
ちょっとピンぼけしていますが、
ダイヤモンドユカイさんと共演させて頂いた際、
楽屋で打ち合わせ中に撮らせて頂いた一枚。
 
ユカイさんはスイーツがお好きだそうラブ
お茶目な紳士でした🌼
 
ユカイさんの創り出す楽しい空間を
シャープな男顔の私が引き立てるには、どうすべきか?
 
「元気に見える明るい色、かつ、
男顔でもそこそこ似合う色を身に纏おうではないか✨」
 
・・・で、こんな感じに仕上がったワケです。
 
 
 
これは、また別の番組の休憩時間。
同じ服を着ています。
 
シャープな顔の女性が、自分を明るく健康的に見せたい時は
こんな感じのカラーをオススメします☝
 
以上は2つともシャツでした。
 
 
 
ちょっとお硬い番組で髪をストレートにした状態でも、
薄めのイエローは大活躍🎶
 
私みたいな男顔の人や、キリッとした系統の顔の人は
無理やりピンクやオレンジを着ても、
顔が浮いたりして大変な思いをするものです。
 
そんな時は、薄めのイエローに注目してみて下さい。
ブリブリにはならないものの、
キツさを和らげてくれる暖色は、かなり使えます。
 
 

Mayでした!カラオケテレビ

 

 

押して下さったら嬉しいです下矢印



オーディションランキングへ

 


転職・キャリアランキングへ


にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

「講座をやってください!」とご連絡くださる方々がいらっしゃいます。

ありがとうございます。

 

近未来に、そんな機会を得られたら良いなあと思っています。

ただ、私、人を教える際はユルユルとやりたいものの、アナウンサー受験生が相手だとかなり正直に物を言いますよ?笑

せっかく教えるなら受かってほしいから。


それでも良いのかなあ?

ちなみに、お問い合わせ頂く際の文章からにじみ出てしまう差出人の性格って、たかだかメッセージでも表面化してしまうものです。
それは、たぶん、書類審査でも同じこと。
「この人、アナウンサーになれないかもなあ。
間違ってなれても、入社後に干されるだろうなぁ」
っていう臭いがする人、いるかもしれない。。。

本当にアナウンサーになりたいのなら、もう、気をつけるしかないですよね!

受かってから気をつけるんじゃなくて、気をつけてきた人しか受からせないです。テレビの中の人は。

厳しいものです・・・


ちなみに、オーディションでは、事件記者も審査員をしていたりします。
ここで、事件記者の特性について、ちょっと触れさせて頂きますと……

事件記者のやりがいとは、やはり、スクープを抜く(=手に入れる)こと。
そのために生きている!といっても過言ではない人種といえるでしょう。

事件現場に行き、警察よりも先に犯罪者を見抜き、
わざと「近所の人の声」としてそのターゲットをインタビューし、
いざその人が逮捕されたら
「犯人は数日前、カメラの前でこう語っていました」
と放送する。

これがスクープとして世に出ます。

そんな生き方をしている事件記者は、
普段から人に対する嗅覚が鋭いです。

相手の振る舞い、息づかい、まばたき、表情、言葉づかい、どういう時に反応が早くてどういう時に遅いのか……
相手の人格をつい見抜こうとしてしまう、自然と見抜いてしまう。それが事件記者です。

 

そして、彼らもアナ受験の審査員に紛れ込む。

 

・・・まあ、怖いよね笑


アナウンサー試験って、そういう人達にジロジロ見られながら
数百数千の倍率をくぐり抜けていく試験といえます。

志願者の書類、電話の応対、メールの内容、すべてに嗅覚を働かせながら、
審査員は応じています。

表面上は柔らかかったり、チャラかったりしても。
でも、頭の中はがっつり計算しています。大人だもん・・・当たり前ですね。


ですから。

「たかだか最初の問い合わせメッセージくらい勝手に私の性格を決めつけないで!」と思うのなら、
「決めつけられるような振る舞いをしないほうが良いよ」
って話です。

「私は本番や審査員の前では上手くやるから大丈夫」というのなら、
「それが上手いかどうかを判断するのは貴女じゃなくて審査員です。そういう勘違い臭、審査員は見抜きますから気をつけて。」
って話です。


で、話は戻って講座についてですが、やるとしたら近未来に開始する、かなー。

6社受かったプライドにかけて、有意義なものにするかなあ。

どこかのアナウンス学校がやっている「外郎売りをひたすら30分読ませて終わり」なんて、私なら、やらない。
外郎売りの読みなんて、家で自分でやってもらうべきもの。

講座でやるようなことじゃないと思う。


もし、貴女がそういうアナウンス学校に通っているのなら、
勇気を持ってさっさとやめたほうが良いと思います・・・
貴女の大事な時間とお金を、貴女のために工夫の一つもしてくれない学校に費やすなんてもったいない。


私はオーディションの審査員もやっていたことがあるので、
もし講座をやるなら、アナウンサー合格経験者目線と、審査員目線の、両方の目線で

講座を進めていきます。

ただ、今海外に住んでいるので、どうやったら出来るのか模索中です。

リクエストがある限り、お答えしたいのですけどねぇ。。。カラオケテレビ

リクエストは・・・未だに結構あるのでご対応できる方法を考えてみます。

 


オーディションランキングへ

 

私の場合、誰かに愛情を渡すお仕事をしようと思い、アナウンサーになった。

人の心に灯火を。
放送業務に就く多くの人達も、程度の差はあれ、
たぶん心の底に同じ思いがあるんじゃないかな。

だから
「こうすれば視聴者は喜んでくれるかな」
なんて考えながら、いろんな表現方法を考えて、試してみる。

私が最後に就いた、東京某局の番組のメインキャスター。
ずっとずっと、東京でメインキャスターをやってみたかった。40歳になって叶った夢。




それでも、あることをきっかけに、自らアッサリとその機会を他のアナウンサーに譲った。


息子同然で可愛がっていたフェレットが末期がんになった。


ペットシッターさんが
「ほ~ら、お母さんはテレビ画面の向こうでキミを見守っているよ」
と言って、いつもこうして私の姿をポップスに見せてくれていたらしい。

去年の今頃、番組開始5分前にシッターさんから電話が入った。
「大変です!!ポップス君が発作を起こして、体がどんどん冷たくなっています……!!!」

気が気じゃないまま、非情にも生放送が始まる。非情にも「もっと笑って」と指示が入る。

泣きたい気持ちで、精一杯笑う。
精一杯、世界経済の話をする。
精一杯、テレビ映えするようたくさんの表情を作る。
精一杯、健康的にはつらつとニュース原稿を読む。
精一杯、精一杯、精一杯、精一杯、精一杯、
気が狂いそうなくらい精一杯ポジティブに、精一杯笑って、もう精一杯、精一杯……


はじめて、生放送のアナウンサーになったことに迷いが生まれた瞬間。

ずっとやりたかった東京の生放送のメインキャスターなのに。


ポップスはシッターさんにより夜間動物病院に連れていかれていた。


放送終了後、急いで病院に行き、院長に血液検査の結果を見せてもらった。


血糖値 11。


普通なら生きていられない低数値。(健康なフェレットの平均は100)
あと1分病院に運ばれるのが遅かったら……と思わずにはいられない。

そして、タクシーを呼び病院まで付き添ったのは
飼い主の私ではなく、シッターさん。。


病院で再会したポップスは、頑張って生き返ってくれていて、
つぶらな瞳で私を見上げてくれた。

「ポップちゃん、ママよ。
ごめんねぇ、生放送だからお仕事抜けられなかったの。
ごめんねぇ、ごめんねぇ。。。」

って、キュッと抱き締めた。


すると、ポップスは私の口を健気にペロペロと舐めてくれた。


泣けてきた。

猫やフェレットは、
お母さんだと思っている相手の口しか舐めない。

ポップスは、私が想像していたよりもずっと、
私を愛してくれていた。


愛情を誰かに渡すお仕事をするために、身近な愛情を犠牲にする。

これじゃ、ママ、愛情を渡す生き方をしていることにならないよね? ポップちゃん。


……だよね?


  。・゜。 (*^ ー^)ノ ⊂(^(工)^)⊃    


それ以降、私はこの番組に出ていない。
ずっと走り続けていた私がランニングコースから降りた夜。
マネージャーも理解してくれ、対処してくれた。
未練なくアナウンサーを辞める日が来るとは、私が一番思っていなかった。


あんなに頑張って叶えた夢でもアッサリと手離したことや、周りにいる人達への影響など、
いろんな意見があるだろう。

 

でも、全く後悔していない。

ただ、申し訳ない、とは思っている。

それでも、
愛情を渡すこと以上に重要なことって、あるのかな?
渡す相手が人なのか、動物なのか。そこに差はあるのかな?
私はアナウンサーである前に血の通った人間なのではないかな?
血の通った人間であることを優先するのは駄目なことかな?


愛情を渡す役割を果たしたいから、アナウンサーになる。
愛情を渡す役割を果たしたいから、アナウンサーを辞める。

気づいたら、
アナウンサーになった理由=辞めた理由 になっていました。


……まあ、でも、これからアナウンサー受験をしようとする人は面接で
「家族が病院に運ばれたら即降板します」
とは言っちゃだめよ。たぶん落ちるから(^-^;

そういう究極の質問を審査員から投げかけられる場合の「合格する」切り返し方、しかも嘘をつかない切り替えし方を
お目にかかる機会のある方にはお伝えします。

 

・・・ん?

そんな機会あるのかな? テレビカラオケ


以下のどれかを押してくれたら嬉しいです爆笑



オーディションランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

よく聞かれる「衣装」について書きましょうか。


よく「衣装提供〇〇」と、番組最後のテロップに出ていますよね。
あれを見れば、アナウンサーとして画面に出るのにOKとされる
大体のブランドラインが分かるはず。
ブランドの名前がなければ、百貨店なんかの名前も出ているかな。

あれねーー、「せっかく良いブランドの服なのに、このアナ似合ってないなあ」って思うことありません?

こればっかりはねーーー アナウンサーを責めないでやってほしいです。

ここから先は私の身に起きた実話ですが、もう時効ですし、特殊なケースかもしれない、
ということを念頭において頂きながら読んでください。

さて、各番組に一応スタイリストさんはいるのですが、
彼らも無料で各店舗から服を借りている以上、
力関係の強さは絶対的に店舗にあったわけで。店員さんにあったわけで。
スタイリストさんはいわば「川上、川下」だったら「川下」だったわけで。
(超トップスタイリストさんは別です)

で、その力関係が上である店員さんに「今回はこちらを着て下さいませ」と差し出されたら
基本的に「いやー、〇〇アナには似合いませんよ」なんて言って断れない。
店員さんだって自分のセンスに自信を持って勧めているし、なんてったってその店員さんの自社ブランドですからね。
でも、スタイリストだってセンス勝負の仕事!
で、そういうアーティストvsアーティストみたいな賭け引きが始まったら・・・

私の番組の場合、だいたい折れるのはスタイリストさんでした。
実際に「折れるしかありませんでした(涙)」と泣きつかれたりしました。
まあでも、そりゃそうです。
店員さんを怒らせたら、今後そのスタイリストさんには何も貸してくれないかもしれない!
ってスタイリストさんも気を遣っていたのですから。


で、戦に負けたスタイリストが次に取る手段というのは、
同じ百貨店内の別ブランドに行ってみるんですね。
そこで、ほかの服を借りる。
テレビ局の取引先である百貨店の顔は立て、
さっきのブランドを心の中で却下する。
心の中で却下していながらも、その服を一応受け取る。
そうすることで、そのブランドと店員の顔は立てておく。

大人だー。
ビジネスマンだー。
スタイリストさん・・・私は頭が上がりません。


でもね・・・、なぜか分からないのですが、運悪く2店舗目も店員さんが
「このお洋服をお貸ししますね!」と、びっくりする服を差し出したりすることもあったり。

私がある日、スタイリストさんから
「今日はこの服のどちらかでお願いします」と渡されたのは
胸に大きな真っ赤なハートマーク、しかもキューピッドの矢が刺さっているセーターと
和風顔の私に全く似合わないハイビスカス柄のシャツ。
なにこの強烈な選択肢??( ̄Д ̄;;

スタイリストさん、私と目を合わせられずキョドキョドしていました笑


うーん・・・残念ながら両方ともアウトなんです。

だって、ニュース番組ですよ?
キューピッドの矢が刺さった特大ハートだの、
南国ムード満載のハイビスカスだのを身にまといながら
「警察によりますと、この放火による被害者は〇人、現在犯人は逃走中ということです」
なんて言っても、視聴者さんには何一つ響かないでしょう?
衣装が強烈なら、衣装にばかり目が行ってしまうでしょ?
アナウンサーが不思議な服を着ていたら、シリアスなニュースを読まれても、
視聴者はストーリーがさっぱり頭に入ってこないと思います。

こんなふうに運が悪いとき。
さすがに、スタイリストさんとしても、これ以上他のブランドを回ったら
各店舗を抱える百貨店から不審がられるから、
これ以上店舗を回れませんし、これ以上衣装を借りられません。
2着3着が限界でしょう。


で、そんなことはつゆ知らず、
「今日のスタイリストさんはどんな衣装を持ってきてくれるのかしら?」
と楽屋で待っていたアナウンサーがこういう衣装を渡されると、うーん・・・。
いや、申し訳ないけど、本当にね。
スタイリストは悪くない。分かっているんです。でも残念なものは残念。


そこで、アナウンサーは大人しく黙ってハートのキューピッドやハイビスカスを着るか
ほかの手段を取るか。
結構、前者が多いと思います。
そしてSNSや掲示板なんかで「〇〇アナ、なんだあの服?」と笑われる。叩かれる。


特大ハートのセーターとハイビスカスシャツを渡されたとき、
私は、視聴者のためだと腹をくくり、自前の衣装を着ました。
シンプルな衣装を、です。
報道局長に前もってお伺いを立てました。
報道局長は矢の刺さったハートとハイビスカスを見ながら「致しかたなし」って表情だったけど、
営業部員は「え?○○百貨店の提供衣装でしょ?着てよ」と反論。
百貨店はスポンサーでもあるから、まあ気持ちは分かります。

この時は、報道局長判断が優先され、私は自前の衣装を着ることになったのです。

で、番組に出演した後、百貨店に謝りました。
「せっかく貸して頂いたのですが、事件ニュースが入ったので、どうしてもシックな衣装を着るしかありませんでした。
スタイリストが無視したのではありません。彼女はきちんと私に御社のお洋服を渡してくれました。
着れませんでしたが、貸してくださり、ありがとうございました」と。


これは本当かどうか分からないのですが、
衣装を貸す側は、売れ残りの服を貸すと聞いたことがあります(本当かなー?)。
売れる服は店舗に置く。
売れないから「〇月〇日の番組で女子アナ着用」と張り紙をして飾り
「テレビに出る人にも着せたくらいなら良い服なのかー」って思わせて
売ってしまおうという魂胆、と聞いたことがあります。噂の域を超えていませんが。

都市伝説、かな?
都市伝説であってほしい。

でも、殆どの店舗さんは画面での見栄えを考えてくれている!と私は思っています。
見栄えの良い衣装を貸してテレビで披露されるほうが、より販売に繋がるでしょうから
長期的に物事を見られる店舗さんなら、
きちんとwin-winの関係を目指しているはず、と思うんですよね。

今回私が書いた体験談は、私のアナ歴の中でも唯一と言ってよいほどレアケースでした。

ただ、「衣装がアナに似合っていなくてもアナ本人が選んでいないので、みなさん多めに見てあげてね」と
ちょっとお節介な気持ちになり、思い出話を書いてみました。


久しぶり記念にポチッと押してくれたら嬉しいです

ラブラブ!ダウンダウンダウン

オーディションランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村