ママとこどもの幸せループづくりSeek
  • 14Jan
    • 兄弟がいるのと一人っ子ってどう?

      今日のお休みは小2の息子は従兄弟の家で遊んで過ごしてました。従兄弟は小4と中2の男子。もっぱら遊ぶのは小4とうちの息子の2人組😚さっきその小4くんが、『ねぇねぇひろくんはいつもこんな感じ?』と私に聞くので、『そうだねー。こんな感じで賑やかだよ』と答えると、お兄ちゃんから言われたんだって。『ひろくんみてると〇〇(←小4の弟のことね)のがマシだな』って言われたよ🤣と。兄弟関係の潤滑油になってるのかわが息子w というか一人っ子息子はどのように友達と人間関係作ってるのかなぁーとたまに思う母でした。 そんな兄弟関係からみる言葉がけの違いについて一尾 茂疋さんの母親講座を来月再び安城で開催します😊案内はこちら↓兄弟関係からみる言葉がけのちがいについてちなみに私は妹の2人姉妹。異性でしかも一人っ子という息子の心模様はどんな風かなーといつも想像してます。 主催の私が一番楽しみにしてるかもしれません

      3
      テーマ:
  • 12Jan
    • シュタイナー土曜学校

      自立ママへの一歩を応援するSeekまさよです息子が2年生から入ってお世話になってるシュタイナー土曜学校。間もなく1年。 きっかけは安城市で月一開催されている芸術教室に参加、そしてその通った1年間は学年担当のお世話係もさせていただきました。講師の近藤嘉宏先生に月一会うのが息子にとって、とても楽しみにしている様子でした。大きなきっかけは1年生夏休みに開催される算数教室でした。テーマは数との出会い。およそ自分が受けたことのないアプローチで息子から聴いたときは私が子どもの頃に聴きたかった♥と強く思いました。 そこからもっと知りたいとなり今に至ります。  正直ほぼ毎週安城から平針に通うのは思った以上に私がエラい💦 ただ息子を見てると芸術教室が入るきっかけにはなったけど、思いの外手仕事にハマってる様子かぎ針を駆使しサクサク進めて行く様子はなかなかやるなって感じwというか不器用な私はできませんwww 普段は地元の公立小学校に通ってる息子。週に一度の学校では学べない世界を見せてくれるシュタイナーの世界。息子にとってどんな位置づけだろうかと想像しながら通ってます。興味ある方は来月説明会があります。

      11
      テーマ:
  • 11Jan
    • 自分と向き合うセルフコミュニケーション

      自立するママへの一歩を応援するSeekまさよです💖 今日は、JCO上級コミュニケーション講座のオブザーバー講師として講座に入りました。 メイン講師は西田こずゑ講師✨私にとってコミュニケーション体験会から講師養成までずーっとお世話になってかれこれ2年のお付き合いになります。 今日は私にとって久しぶりの上級講座のオブザーバでした。 今日の内容の中心は『自己分析』それはそれは徹底的に分析します。さらにJCOの強みでもあるフィードバックとともになので、ほんとにそうかな〜からそうなんだレベルの落とし込みまで行きます。しかも講師のこっちゃんの人を瞬時に分析しそしてその方の魅力をさらに引き出すために伝える表現力は、何度もオブザーバ入らせていただく度にさすがだなぁといつも感じます。 今日の受講者の方も分析力と表現力を併せ持ってみえましたさらにママ向けイベントを数々企画しているという方でもあり、自分の思いを大切にしながら、依頼する方との距離感のとり方が絶妙。ご本人は自覚されてる感はないようだったので、おそらく呼吸するのと同じ感覚でできること。つまりはそれがまさに強みそのもの。 聴くと常にwin-winの関係は心がけてますとのこと とても素敵な受講者さん、ただ自分のことはなかなか客観的にも観れないのも紛れもない事実。だからこそメイン講師とオブザーバ講師がともにフィードバックすることで、自己分析の落とし込みがしっかりとできるのです。先ほどの強みもご本人にとっては自然とできることなので、強みという自覚は最初はなかった様子でした。 そこから講師がフィードバックすることで、自分の強みを自覚できる。この自覚することでさらに磨きがかかります。するとますますその方の魅力が輝いてきます そしてこれは全く想像してなかったんですが私自身のフィードバックも今日いただけました❤私が1年ほどまえに上級講座受講中に自分宣言したことがなんとそうなってるの確認が今日できました。 素敵な受講者の方から私への印象をいただきました。サプライズでプレゼント🎁を頂いた感覚です。 このようにJCOコミュニケーション講座は講師、受講者の間に垣根は全くなく、お互いに温かい双方向の会話で組み立てられています。 私自身も講師資格は取得しましたが、学びの途上です。コミュニケーションはゴールがないですからね。初級講座は主に対人コミュニケーションを学んでいきます。そのうえで上級の自分とのセルフコミュニケーションを学んでいきます。子育て中のママは子どもとの会話にも活かせます🤗【募集中の講座】ちょうどいい子育て学びませんか?1月21日(月)ポジティブディシプリン体験会

      4
      テーマ:
  • 10Jan
    • 私の思い

      今日の話は私がまだ結婚するかなり前のことで今から数えると・・・20年以上前 我ながら今数えてみて驚いたw20代半ばの時の話ね。 なんとなく文字にしてみたくなって、まぁドン引きされるのを覚悟で書いてみた。 私のなかでは黒歴史の1年。詳しく何があったのかまではさすがにブログで書くのは、はばかられるので詳細を知りたい方は直接聞いてもらえればお話します笑 でそんなドンヨリの私を友達が気晴らしにと誘ってくれた河川敷でのバーベキュー私は🍺も好きなので、飲んで食べて友達の思惑通り気晴らしをさせてもらった。ここから誰も予想してなかった展開が待ち受けてるとは私本人はもちろん、この時誰一人全くわからず・・・しばらくすると一緒にその場にいた一人の友達に川で泳ごうと誘われた私。  『えー水着持ってないしー』と断るといいじゃんと友達はさらに誘ってくる。そうすると、私もまぁいいか。そのままでも。泳ぐの得意だしwと思ってしまった。  ここら辺りの判断が🍺で酔ってたかなぁと後から思い、かなり後悔することになる。 で、結果どうしたか。Gパンをはいたまま、ほろ酔いのまま川へ泳ぎに行くことに。  すると泳ぎ始めるも一向に前に進まない。目の前にいる小学生くらいの女の子は楽しそうに泳いでいる。  でも私は前に進まず、どんどん沈んでいく。むしろ下から引っぱられる感覚。 溺れてる!!と私自身が気づくのにはそんなに時間はかからなかった。とにかく浮かぼうと私はもがき始める。 私を川に誘ってくれた友達は初めは私は何か遊んでると勘違いしたらしい。 川岸で見てた他の友達が私の異変に気づき『溺れてるーーーー!!!』と叫んでくれた。 で川にいる友達が急いで助けようと私の元に来てくれたものの、おそらく私の力は強かったらしく、賢明なそのお友達は離れて行った。  しばらくすると、あれだけ苦しかった時がウソのように苦しくなくなって、そして私は静かに川に沈んでいくのが自分でわかった。川の表面がキラキラとしてとても綺麗でそれはそれは星のようにも見えた。  (そうか、人はこうして溺れて死んでいくんだなぁー)と他人事のようにも思いながら。  川の水と戯れるかのように、今でもあのなんともいえない気持ちよさは鮮明に覚えてる。 そして、そこからどれくらいの時間が経ったかは全くわからないのだけど。次の記憶はレスキューの方に助けられて川岸で咳き込んでる自分。 会話でそのレスキューの方が友達に『あーここね。1週間前にも人が溺れて死んでるんだよねー』と話しをしていた。 その時自分の中に湧き上がってきた強烈な思い。私は生かされたんだ 確かにここで命を落としていたら家庭を持つことも、子どもを授かることもなく人生終わってたと思うと我ながらかわいそう💧 ただ書いてみても思ったんだけどw、若いからか、お酒のせいなのかツッコミどころ満載で、Gパンのまま川に行くこと自体酔ってなくても自殺行為。 私本人からしたらやっちまった感満載の出来事で、今まで人に話すときはいつも笑いながら話してた。 ただ聞いてもらってる相手の方の表情は私とは逆で、すごく真剣にそして、感想も大変な経験だったね。とかそれは一種の臨死体験?とか言われた。 そ、そうなのか。私本人からしたら、ハデに転んじゃってくらいの感覚でしかなかったけど、確かに生死に関わることだから大きい事なのかーと相手の反応から気づいたくらい。 ただ更に驚いたことは、なんとこの話が終末期医療の現場でとても役に立ってると友達から教えてもらったときは、それはそれは本当に驚いた。 彼女は終末期の患者さんを受け持つ看護師。彼女の話によると、末期の方で死を目前にしてる患者さんは、死への恐怖で本当に苦しんでる方がいると。そしてまたその患者さんを抱えるご家族もまた恐怖の思いを持ってるとのこと。 そんな方々に私の溺れ苦しんだ後は全く苦しみは消えてとても気持ちもよくなった話をしたら、みんな笑顔になって安心されるんだよねーと教えてくれた。 私はほんとうにほんとうにこれには驚いて私の若気の至りのやっちまった感しか残ってないwwこの出来事が、そんな私の全く知らないところで、苦しがってる人の役に立ってるなんて!この話を聞いたときに、そうか経験したことにはみんな意味がある。という耳からはよく聞くこのコトバが本当に腑に落ちた。 経験してる最中や、経験直後には誰にも分からない。でも改めて自分は生かされている存在で、そして今まで経験してきたことには全て意味があり、そして今後もすべてのことに意味がある。っていうのは心の底から言える。もちろん大人も子どもも関係なくね。私達は幸せになるために今ここに存在してる。どうしたらみんなが、そして親子が幸せになるか。そこには人との出逢いだったり学びだったりするんだと思う。ここが私の原点。どうしたら幸せな親子が増えるか。そしてこれからも自分と自分の家族はもちろんのこと、周りとともに幸せになるために私は私のやれることをやっていこうと思う。

      19
      テーマ:
  • 09Jan
    • 一尾 茂疋さんによる母親講座@安城第2回

      自立するママへの一歩を応援するSeekまさよです 今朝は3学期始まってから初めての朝の旗当番でした。寒かったですよねー❄ もう一人の方が2歳の女の子を連れて一緒に当番されてて寒い中親子でガンバってる姿に心打たれた朝でもありました さてさて昨年大好評に終わった一尾 茂疋さんによる母親講座@安城フォロー会付来月2月8日金曜日に開催します第二弾のテーマはこちら↓兄弟関係からみることばがけのちがいについて長男長女による第1子、そして次男次女の第2子、3人以上の兄弟だと真ん中にあたる中間子。そして一人っ子。 見える風景全く違うんですよね。ただ毎日の慌ただしく動く生活の中では忙しいママはなかなかそこまで気が回らないというのが本音ではないでしょうか。そこでこの母親講座の出番です 客観的にその風景の違いを講師の一尾さんによって擬似で見せてもらって大いに笑ってそして早速各家庭で持ち帰っていただきたいです。さらに学びを深くするために講座の後は私遠藤がファシリテーターになり振り返り会もします 前回大好評で、自分にとっても復習になるし、同じ講座を受けた他の方の気づきを聞けることで、さらに学べる。そしてそして何より楽しい🎶との感想もいただきました 子育てのことでと普段感じたり思ったりしても、なかなか話す場がない。 フォロー会はほぼ1週間づつ3回あるのでそんな語り場の役割もあります。 子育ては仲間とともに学び、トライ&エラーで毎日過ごすのが何よりママの気持ちが軽く✨なって変わってきます。ぜひぜひオススメです♥ 【募集中の講座案内】1月21日(月)アドラー心理学をベースとした子どもとの関わりを学べるポジティブディシプリン体験会@安城  2月3日(日)✨自主学校瀬戸ツクルスクール5周年記念イベントです✨学校で育つ力 育たない力〜あなたの子どもがツクるのはどんな未来?〜子どもが通う学校をいろいろな角度で見れます!2月8日(金)✨テーマは兄弟関係からみる言葉がけのちがいについて✨母親講座@安城フォロー会付第2回笑いが絶えないというもっぱらの評判です

      6
      テーマ:
  • 08Jan
    • 今年のMyテーマ

      子どもたちも新学期が始まり、小学生は今日から給食も開始で本格的にスタートのところが多いでしょうか☺️  遅ればせながら年も改まり今年もよろしくお願いします✨ ママと子どもの幸せループづくりSeekまさよです とっても久しぶりの投稿で、自分でも前に投稿したのは昨年のいつだったも記憶にない、トンデモナイ状況に我ながら冷や汗タラタラしてます。  自分の中でSNSが使いこなせてなく、そんな今の自分をまず認めることから。そして改めてここからReスタートしようというか、するしかないwww  そして今年2019年私の中の目標テーマはズバリ『整える』としました。 SNS、自分の思い、スケジュール管理・・・ありとあらゆること全てです。 少しづつ気づいたところから。初めからちゃんとしようとせずをポイントに←ここ重要 というのもイケイケの時は考えずに突っ走ったりもするんですが、時にちゃんとしてからじゃないとという考えに入るとこもってしまうところがある私 とにかくその時その時の気持ちを大切にしていこうと思ってます。早速ですがオススメはこちらから↓ポジティブディシプリン体験会こちらはアドラー心理学をベースとした子どもとの関わりを学べます。講師は一尾 茂疋 さん。瀬戸市にて自主学校ツクルスクールを主宰されています。公学校と同等の選択肢にという思いで、無料‼で提供されています。 来月にはツクルスクールも5周年記念イベントがあります。学校で育つ力、育たない力私も微力ながらお手伝いさせていただいてます。 まだまだオススメしたい情報あるのですが、まず第一報です 今年はブログはしっかり整えていこうと思ってますので、楽しみにしていてください 

      3
      テーマ:
  • 31Oct
    • 仲間の存在は大きい!!

      この春から学び始めた起業の世界。 学びの延長で資格取得したもののどうしたらいいのか?今までの経験で講座を企画するも、自分の収入に結びつかない(-_-;)  そんなときに知った豊田のeight主催のママながら起業塾でした。学ぶなら今でしょ(もはや古い💦か)で学び始めました。 そして今回卒業生ということでこんなに素敵に紹介していただいたので嬉しくてシェアです

      72
      テーマ:
  • 30Oct
    • 【募集中の講演会・講座情報】

      自立ママへの一歩を応援するSeekまさよです このブログからすっかりご無沙汰してしまっていました。いろいろ仕組みを整えようと実は日々挑戦中の毎日です。  ただその前にSeekとして企画募集中のあれこれを一覧で見れる場所がないとこれはまずい。Facebookのイベントページとともにこくちーずでご案内してるのですが、自分も経験あるある話。あっそういえば少し前に見たあの講座やっぱり行けそうと思いながらいざその案内のイベントページを探すと、なかなか探せないという  まさに今私がその状況を作り出してる張本人になってました。  ここに集約してご案内します。Facebookのアカウントのある方はFacebookでタイトルのリンクはそれぞれこくちーずにとびます。そこからお申込みできますまずはくれちゃんことくればやしさんのお話から。気づいたら増えてる眉間のしわがなくなる可能性大もしかしたらあなたが今抱えている思いや煩いはそんなに重いことじゃないかも「今よりもっと愛されちゃう!?『子育て』がふんわり軽くなるお話会」https://www.facebook.com/events/341639113245579/ ぜひ安城のママたちと一緒に共有したいとの思いで春日井からおよびしました。子育ての根幹のお話が聞けます。講師のかわのゆみこさん。大阪出身ということもありユーモアありでとっても聞きやすいのもポイントです「子どもの自立を促す親のマインドセット―ほめ方叱り方と向き合う―」https://www.facebook.com/events/688310431526998/ 先月の子育て未来カレッジvol.2@安城にて1番の大人気講座でした。今回のテーマは「小学1年生から6年生の心の移り変わり」についてお話していただきます。子どもの見える風景はこんなに違うのかと私は初めて聞いたとき衝撃でした。「一尾 茂疋先生の母親講座@安城(フォロー会付)」https://www.facebook.com/events/838982856491329/ そして子育て話だけでなく、日常生活オールジャンルを網羅するトークライブです。1年の総決算の師走のこの時期。あなたのもやっとした悩みをスカッと解決への道に導いてくれます。「あなたの『もやっと』がクリアに!生トークライブ猛牛女子地方巡業@安城」https://www.facebook.com/events/2183121111962168/

      6
      テーマ:
  • 27Aug
    • ♡成長はするもの?させるもの?

      自立ママへの一歩を応援するSeekまさよですそれでは早速タイトルの問い『成長はするもの?させるもの?』どう思いますか?もちろんこの問いに正解はないです。あなたの感じたそのすべてがですこの問いは昨日名古屋で開催された教室のえんがわin愛知で与えられたテーマでした。ここで教室のえんがわって何?と思った方以下イベント頁からの転載です。一読してみてください-----------孤立・断絶しがちな教育者(大人)たちをつなぎ、大人も子どもも幸せに生きる教育とは何かを協働的に探求し、それぞれの新しい一歩を安心感をもって踏み出せるような場所として、オンライン教育談義コミュニティの「教室のえんがわ」(http://www.facebook.com/kyoushitsunoengawa)を開きました。月に数回、zoom(Web会議ソフト)で全世界を繋ぎ、教育に関心のある人たちが交流する場所です。教師、会社員、塾講師、自営業、主婦、学生など、職業も立場もバラバラな人たちが集まって、対話をしています。この100年で多くものは進化を遂げ、新しいものが次々と生み出され、社会は変革を起こしてきました。しかし、なぜ教育だけが大きく変われなかったのか。それは教育は、教師だけでなく、社会に関わる全ての人でつくっていく、「協働作業」だからではないでしょうか。みんなで一緒に、教育について話し合っていきませんか?↓教室のえんがわが提供できるもの↓◇リフレクション・フィードバック ・自分の教育活動の振り返りができる ・生き方を見直すことができる。◇仲間づくり ・自分のフィールドを超えて、新しい仲間を増やすことができる。◇対話の練習 ・多様な意見を受容しながら、自分の考えを深める体験 ・他者とのコミュニケーションが増す◇気づきの創出 ・まだ言語化されていない自分の思いに気付く ・他者との間で、新しい視点をもつ◇心の休憩  ・教育や育児における疲れやストレスを緩和することができる--------------子育てしていると特にママは子どもと接する時間が比較的多いとされています。すると、一生懸命に子育てしようとすればするほど心配したり、心配が行き過ぎて本来子どもが体験するべきところ先に手を出してしまいがちです。だからこそママは学んだり、そして子どもを自分一人で育てようと思わずに積極的に学校、家庭以外のコミュニティーへ子どもを送りだすことが必要に感じます。子どもを取り巻く世界が学校と家だけになってしまうと、特に現代は核家族で世代を超えた価値観に触れにくい。そうすると、子どもは逃げ場がなくなり苦しくなる時もでてくるでしょう。そんな時に救いとなるのが学校以外のコミュニティうちの小学2年生の息子の場合参考にちょっとあげてみますね年少からお世話になっている子どもに自然体験の場を提供してくださる足ル知ル財団の活動年長から岡崎ホープチャペル教会で習っているStFキッズゴスペルシュタイナー土曜学校小学生からのキャリア塾ミラコラ息子は一人っ子なので特に意識してきたのは異年齢の交わりプラス継続的な関係づくり居場所づくりとも言いかえることができそうです。親は養育の義務もあり、日々の衣食住の提供の役割はありますが、子どもの伸びしろは私はコミュニティの中で作られるのではないかと感じています。そしてそのコミュニティは親とは離れているのが尚いい。どうしてもいつも親が一緒だと子どもは親の目を意識するし、親に許可や同意を求めてきがち。そんな時にその許可や同意をそのまま受けて子供に流してしまうといつの間にか子どもの自主性を奪ってしまうことにもなりかねない。ママも子育てしながらも自分の時間、子どもと離れて自分だけのための時間も大切に一人間として女性として輝いていくことがママの幸せが子どもの幸せにも繋がっていくと感じていますそしてママ自身のコミュニティづくりも大切ですね。それについてもまた記していきますね。

      104
      テーマ:
  • 25Aug
    • ♡ママの頭の中と子どもの頭の中は全く違う!

      自立ママへの一歩を応援するSeekまさよですブログタイトルを見てそんなの当たり前よね~何言ってるのと思った方親子関係きっと良好だと見受けられます。今日のブログはスルーしてもらって構いません。ちょっと気になった方具体的なシチュエーションで一緒に考えてみませんか【出かける前の風景】①ママ子供の習い事があります。夕方から夜にかけてということもあり、ママは軽食の準備や、台所の片づけなどしています。この時点で出かける予定の30分前。子どもパソコンでYouTubeの大好きな動画を見ています。                   20分経過②ママ引き続き準備しています。時間もあとわずかなので少々焦り気味子ども引き続き見ていますそれぞれ頭の中を覗いてみましょうママは予定している時間に間に合うように準備を進めていいます。子どもは大好きな動画をとにかく楽しんでいます。はい、優先順位にするとママと子どもとは全く違うのが明らかですよね。ママは出かけるための準備を最優先に行動をしています。それに対して子どもは自分の好きなことをしているというところを最優先にしています。このまま何もママが投げかけしないと出かける時間にママは準備完了していてもおそらく子どもは行動を変えません。そしてママはイライラして子どもに声かけをして、子供は反発するという対立抗争が見えます(笑)『何時だとおもってるの!!』『出かける準備をしたの!!』『もー早くしなさい!!』そして極めつけの一言『いっつもそうだよね』←子どもの全否定にもつながる一言ママのイライラは子どもに伝わり、おそらく上のような言葉をかけられた子どもは自分を守るためにフリーズして聞き流しているので、ママの声は全く届いていないという悪循環届いていないので今後も続くという負のスパイラルこの負のスパイラル残念ながら何も生みだしませんこの負のスパイラルから脱出するコツがあります✨それは先にもチラッと書きましたがママと子どもの優先順位が違うということをしっかりママは頭にいれておくことです。そうすると、そうか、今子どもの優先順位は〇〇していることなんだと思えます。それを念頭に置くと子どもにかける声掛けが全く違ってきます。先ほどのシーンでいくと・・・①の出かける30分くらい前から子どもに『今何時かな?』←こちらから何時と教えずに時計を子どもに見てもらうのがポイント『今日は〇時〇分に出かけるからね』←30分以内がベストの気がします。あまり先すぎても子供はピンときません『時計見て考えて行動してね』←今何をする時間かも子ども自らに考えてもらうのがポイント②出かける10分から5分前くらいになったところでこちらの行動を伝えます。『そろそろお母さん準備できたから玄関の方に行ってるね』←こちらが今いるところから移動するところを伝えるにとどめますすると、子どもは自分の好きな動画を見ながら時計を合間にちらっと見るようになります。そしてママが次の行動に移る際に自分も行動を変えて動画を見るのをストップして出かける準備をしだします結果は・・・ママも子どももイライラすることなく時間通りに出かけることができましたポイントは子ども本人に気づいてもらうような声かけができるか。子どもは出かける前だろうと出かける準備のことは最優先にはしていないのでwww少し前もってこちらの行動を伝えるにとどめる。すると子どもも自分で考えます。この子どもに考える余地を与えるのがポイントです。ママに置き換えると、旦那さんから夕食前、まだ準備に取り掛かる前に『はやくカレーライスを作りなさい。何時だと思ってるんだ。もー早く作って。いっつもそうだよね。』想像するだけでどうですか?イライラ通り越して怒れませんか?(笑)書きながら私ムカムカです。子どもの気持ちがわからなくなったとき旦那さんをママ役にママを子ども役に置き換えるととっても分かりやすいwwwちなみに上のシーンは昨日のうちの様子そのままです。そして負のスパイラル時代もありました。夏休みもあと1週間。子どもと一緒にいる時間多いとママも疲れも出てきますよね。。あと少しせっかくならお互いニコニコ!(^^)!幸せ時間増やしませんか。

      12
      テーマ:
  • 23Aug
    • ♡子どもの好きを分解してみる

      自立ママへの一歩を応援するSeekまさよです日付変わっちゃいましたが、今日は小2息子と名鉄ポケモンスタンプラリーをしてきました🚃このスタンプラリーは夏休み恒例で今日も電車に乗っていると、私たちと同じくスタンプラリーしてる親子に遭遇したりまた子どもたちだけでスタンプラリーしているグループに会ったりそれぞれ楽しんでる様子先日1日目を息子は夫とすでに行って来てるのでかなりの広範囲ながら今日は南部地区の常滑方面に行ってきました。ここのゴールポイントはセントレア中部国際空港駅であり、また空港内にあるポケモンストアでもありさらにこのポケモンスタンプラリーとともにセントレア内でもポケモンイベントをやっています。このイベントはセントレア館内にかくれたピカチュウを見つけるというその名も「ピカチュウかくれんぼチュウ」これがなかなか侮るなかれでw階もまたいですべてのピカチュウはなんと30匹すべてのピカチュウを探すのは思ったより時間かかりますwで息子くんもセントレアにつくと、行く前からこのかくれんぼチュウはやろうと話していたのですぐに取り掛かると思いきやセントレアのイベントのカーリング体験してみたり、物産展でアイスクリームを堪能したりしてましたそれはそれで何で楽しむのも息子の自由なので一緒に行動してました。でいよいよかくれんぼチュウに挑戦すると気づけば予定していた帰りの全車特別車特急ミュースカイの電車までそんなに時間がないことに息子は気づきましたこの名鉄フリー切符は全域でフリーに電車に乗れるほか10時から16時までは普段は指定席券を別に購入しないと乗れない特急列車にも乗り放題という特典つきなんです。なので息子はせっかくなら16時までの特急の指定席に乗って帰りたいと予定していたわけです。ただピカチュウを探したのは半分は越してましたがまだまだ道半ばどうするかな~と思いながら投げかけしてみました。『どうする?ミュースカイ乗れないけど時間はまだあるからピカチュウすべて見つけてから帰ることもできるよ』すると、息子はしばし考えるも『いいよ。いいよ。去年はほんとに時間なくて少ししか見つけられなくて今年はそれよりもたくさん見つけたし、それよりもミュースカイに乗りたい🚃』でした。どうも息子にとってはスタンプラリーを制覇するということよりもいろいろな電車に乗ること、さらに普段一般乗車券では乗れない特別車に乗ることを最重要にしてるみたい。名鉄のスタンプラリーはスタンプラリーの仕組みよりもそれによってたくさんの電車に乗ることが一番らしいです。そして電車に乗るときはいつでもどこでもw先頭車両に乗り線路を見たり、運転席見たりしてます。どうも運転に興味があるみたい『電車好き』といっても息子のように運転に興味があるまた車内放送に興味あるとか、また電車の構造に興味あるとかそれぞれいろいろ関心の矢印が様々。そこを深堀りしていくときっとまた子どもの好きの世界が広がってくんだなと感じます✨そしてそれが子どものやりたい知りたい探究心につながっていくと感じてます

      14
      テーマ:
  • 17Aug
    • ♡Mama Cafe'認定ファシリテーターになりました

      自立ママへの一歩を応援するSeekまさよですこの度Mama Cafe'認定ファシリテータになりました。Mama Cafe'とは2016年より教育者石田勝紀先生が始めた「ぐんぐん伸びる子に育てたい」「前向きな子どもに育てたい」と考えるママさんたちが集うカフェスタイルの勉強会のことです。詳しくはこちらhttp://www.ishida.online/mamacafe.html私自身7月に名古屋に石田勝紀先生による講演会とMama Cafe'に初めて参加したのが大きなきっかけになりました。石田先生にお会いしたのは7月が初めてだったのですが、講演会とMama Cafe'2本連続参加して、なんと気が付けば時間にして6時間なかなか一人の先生の勉強会ではありえない長時間です。ただ6時間というとびっくりするほど長いですが、それを長いと感じさせない石田勝紀先生講演会では【6月の新刊】AI時代を生きる「子どもの才能を引き出す『対話力』」 2020年から何が変わるの? 家庭では何をしたらいいの?ということについて、わかりやすくお話していただきました。お昼をみんなで食べながらのMama Cafe´1人1人の質問に対して丁寧に答えていただきながらさらに私たちママたちに大切な教育エッセンスの話もいただきました♡そんな盛りだくさんの内容なのにMama Cafe'の参加費は1,000円思わず、私は石田先生に安すぎませんか?と質問したほどwすると、参加費の3倍の内容を提供してますとの返答いただきました。Mama Cafe'はママたちが参加しやすく何度でも来ていただいて楽しい時間を過ごしていただくそしてMama Cafe'が終わったら来た時よりも元気に楽しく子どもに向き合えるようになります。私自身石田先生のMama Cafe'に参加して肌で感じました。これはすぐこのファシリテーターになりたい私の住む地元でMama Cafe'やりたいと強く思い、講演終わったら石田先生に早速気持ちを伝えに行きました参加する前にすでにファシリテーターとして活躍中の寺澤よしみさんを通じて石田先生とLINEでお話もさせていただいていました。そして実はお会いするまでは、認定ファシリテーターになりたいという思いもありながスタートは半年後にさせてください。とお伝えしてました😅ただやはり直接会ってお話を聴いたら、これは半年という時間がもったいない❗❗と気持ちが変わり今に至ります認定ファシリテーターはMama Cafe'を開催できるだけでなく石田先生による月1度の勉強会にも参加することができるので、教育エッセンスを継続的に学ぶことができます。その学んだエッセンスもMama Cafe'参加のママたちに提供することができるんです。Mama Cafe'@安城開催に向けただいま準備中です。私はJCO認定コミュニケーション講師でもあるので、コミュニケーションについても織り混ぜながら参加して良かった💖と思ってもらえるように考えてます😉決まりましたらお知らせします

      4
      テーマ:
  • 16Aug
    • ♡子どもも見て感じてしっかり考えている!!

      💕自立ママへの一歩を応援するSeekまさよです💕5月から小2の息子が通っているミラコラにて先日2度目の面談がありました。ミラコラって何?と思いましたか?そんな方はこちらをご覧ください☟https://miracolla.jp/小学生から始める「将来へ向けた」キャリア塾です。ミラコラ代表やまさんこと山田将史さんの子どもたちの声を丁寧に拾ってそしてさらにさりげなく導く姿には脱帽です。そしてそんなやまさんは当然のことながら子どもたちから愛されてやみませんうちの息子もそんな子どもたちのうちの一人です。ちなみに私は面談に一緒に同席しますが、私のスタンツは黒子。完全に議事録係に徹しています。それは母親の思惟をゼロにして本人の心の赴くままにやまさんとしっかりと話をしてほしいからです。今回はどんか感じになるかな~と手帳を開き準備してると思ってもみなかった展開が繰り広げられました。やまさんもそんな息子との面談をブログに書き留めてくれましたほんとにうちの息子は話しするのが好きなのでwww長いです。。。でもそんな息子に寄り添い話を聴いてくれるやまさんのおかげでまた一つ息子の新たな面を発見することができました。ミラコラでは毎日一言づづ日誌をつけるんですが、面談翌日の息子の今日のありがとうの欄には『やまさんのおかげでミラコラができる』と書いていました。やまさんの熱い思いは息子にしっかり届いているようです考える力は大人、子どもと壁を作るのは大人側で子どもは私たち大人が思う以上に見て感じてしっかり考えている!!と感じました。1日1日成長する息子、そしてミラコラキッズの将来が楽しみで仕方ありません

      25
      テーマ:
  • 09Aug
    • ♡夏休み親子DE片づけ講座開催しました☆

      自立ママへの一歩を応援するSeekまさよです先日大人気講座(^^♪夏休み親子DE片づけ講座開催しました。来年度小学1年生から中学1年生の親子が参加していただきました。ありがとうございましたすでにしっかりと親子で対話されてきてくれたのがすぐ分かりました。とてもうれしく思ったのは、特に午後からは上の学年のお子さんが多かったからか、ママだけでなく、しっかりとお子さんもメモをとるためにノートを持って参加してくれましたしっかりと受け取ろうという姿勢の表れだと感じました。この講座を受けて感じたのはタイトルは「片づけ講座」ですが、片づけにとどまらないです。今を基準に一つ一つ決めていくこと。それはその人その人の生き方につながります。講師の岡京子さん。子どもたちに熱く語っていました。『片づけを通じて判断力がつきます。そしてその判断力は一人ひとりの将来の応援団になってくれるよ』親子一緒に聴くことでどんな家、どんな部屋にしたいか一緒にイメージすることができます。そしてそれに向けて具体的行動を親子一緒ですぐにスタートできます。さらに京子さん。パワースポット巡りは世間で流行ってますが、家をパワースポットにしませんかとコツを教えてくれます。パワースポット創りの達人岡京子さん。9月には刈谷と岡崎で大人向け講座の開催がすでに決まっているとのことです。冬休みに再び親子講座企画しようと思っています。

      26
      テーマ:
  • 06Aug
    • ♡アサーティブなコミュニケーションとは

      自立ママを応援するSeekまさよです先日の北名古屋市での親子deコミュニケーション~レキコミ~の後編です。ところで今日のタイトルにある『アサーティブなコミュニケーション』ご存知ですか?アサーションとも言われますが、私、JCOのコミュニケーション講座を受講するまで全く聞いたのことがなく、講座で初めて学びました💦自分の気持ちを大切にするのと同じように相手の気持ちも大切にするコミュニケーションです。社団の小学校コミュニケーション授業でも高学年向けに展開されています。前半の歴史バージョンが息子へのプレゼントのつもりで後半は私へのプレゼントのつもりで実は参加しました。私自身コミュニケーション講師を4月に取得し今も学び続けていますが、正直なところ実はこのアサーションまだまだ苦手です小2の息子に対して「はやくしなさい」「べんきょうしなさい」とまでは言いませんが、「〇〇してみたらどうかな?」と投げかけると、大抵、息子からは「どうせお母さんは自分の思うようにしたいんでしょ!!」と返ってきます💦小学1年生では通用した私の小手先の言葉がけは2年生になると全く通用しませんw通用しないどころか、〇〇してみたら?の提案口調も私の中の意図を息子はすでに感じて反発してくるのです。そうなると、どうなるか。いつもはだいたい息子は超不機嫌になり、そのあと何か一言でも声かけてもよくなるどころか、悪くなるばかりwwwそこからはしばらく冷却時間をとって私が息子に「どうしたかったの?」と聴くとぽつぽつ話だすといった流れ。今回うーちゃん岡本博美講師のアサーションを学んでこの息子との最近のコミュニケーションに足りないものがあったのに気づけました早速息子に対して実践してみようと思います💖実践結果はまたブログで報告したいと思います

      24
      テーマ:
  • 04Aug
    • ♡小2男子すでに講座プロデュースする!?

      自立ママを応援するSeekまさよです昨日は親子deコミュニケーション講座~レキコミ~に参加してきました。この講座はコミュニケーション講師仲間のまーくんこと杉浦将直講師とうーちゃんこと岡本博美講師のコラボ講座今年春休みに初開催で好評この夏休みにもリクエストされ開催されたもの。小学2年生の息子くん。戦国時代の武将大好き今や私もついていけないマニアックなことも語ってます。きっかけは東京三鷹の探究学舎子どもたちの探究心に火をつける名人絶大な人気を誇る講師『やっちゃん』宝槻泰伸先生の1DAY講座が名古屋にあり「戦国英雄編」に息子は参加。それまでは岡崎城のご当地武将隊の演武をみるくらいwそれがこの講座参加で火がついて、そこからは図書館にいっては歴史マンガや武将についての本を読みまくってます。そんな小2息子なので昨日のレキコミ講座きっと息子にプレゼントになるだろうとスケジュール的にはこの講座の前にも安城で講座参加もあり、ハードではあったんですが💦参加してきました。結果は、ハードスケジュールでしかも少し遅刻してしまっての参加でしたが、参加して歴史担当のまーくん。歴史のお話が楽しく大人の私も「へぇー!!」と思う面白さ。それ以上に子供たちの声を拾って拾ってひろいまくります。コンサル業、コミュニケーション講師である所以です。息子の隣で参加している私も聞き逃してしまうような息子の一言にも戻ってきてくれて『ん?なんだった?』と話をしっかり受け止めて聴いてくれる。初めは遅れてきたこともあり、しばらく黙っていた息子くんも安心して、自分の知ってることをどんどんしゃべりだす。会場には春講座からの受講の中学生のお兄ちゃんもいました。彼はそれこそまーくんと肩を並べる知識の豊富さ小2息子くん、途中から中学生のお兄ちゃんと競いあうように知っていることをしゃべりだすそしてそのうちしゃべりたいタイミングが重なることも。すると・・・中学生の彼は小2息子に話すチャンスを譲ってくれ笑いながら「あ~負けた」なんて言ってくれながらの温かいコミュニケーションがそこで生まれてました。小2息子くんは勝ち誇った顔でさらに話してましたいつか年を重ねたら今度は譲れるようになるといいなと母の私は心の中で思いながらとっても温かい気持ちになりました講座終了後は息子くん、ずーーーっとまーくんの隣で話し続けますwそして「次はいつやるの?」の話から息子は「安城にアンフォーレっていう場所があるからそこに来てよ。」まーくんも受け止めてくれるので、話はどんどん続きます。そしてさらに「武将は織田信長ね、〇〇の話する?、この話は?」と内容の話まで進みます。帰りの車の中でも「お母さん、次は冬休みにアンフォーレで織田信長でまーくんよんでね」と確認あったほど。【子どもは親の言うことは聞かないけど、親の在り方をみている】とはホントだなと実感した瞬間でもありました。私は今まで講師を招致し講座を数々企画してきました。息子はそこで受付を手伝ったり、一緒にその時を過ごしてきました。なので、自分が参加して面白い!!と感じたら自分の住んでいる地元に講師の先生をよんで講座を作るというのが自然と入ってるんですね。帰宅して今度は安城七夕まつりにも行ったんですが、寝る前のお風呂に入る少しの時間も息子くん冬講座に向けてか😆読書してましたwこの講座さらにうーちゃんのアサーションがしっかりじっくり勉強できました。こちらはまた次の記事にしたいと思います

      19
      テーマ:
  • 28Jul
    • ♡初級コミュニケーション講座レポ

      ママとこどもの幸せループづくりSeek代表×コミュニケーション講師【遠藤昌代】です。今日は岡本博美講師の初級コミュニケーション講座にオブザーバ講師として参加させていただきました今日の内容は前回講座から今日までの振り返り発声練習自己紹介積極的な聴き方コミュニケーション心理学と盛りだくさんの内容受講者さんは笑顔がとっても素敵優しい雰囲気をお持ちで場の雰囲気を和らげることが自然とできる方でしたこれから起業も目指されてる向学心旺盛な方でもありました。講座最初の時は自分は声が小さいと悩んでみえたとのことでした。初級講座では相手に伝わりやすい声を身につけるための発声、また滑舌を学びます。そこで声は磨けば磨くほど変わることを体感します。その練習、講座を通じて受講者さんが最後の振り返りで「私、自分で自分の声は小さいと思い込んでいたんですね!!」「意識して大きな声で話そうと思えば話せるんですね!!」と大きな気づきをされてましたコミュニケーション講座受講を通じて自分で自分のことを新たに気づきを得ることができます。それは私たち社団日本コミュニケーション機構のカリキュラムで初級上級の全講座通して徹底的にフィードバックしていくからです。一般的に言われているフィードバックでないところがポイント高いんですどんなフィードバックが気になりますか?講座も参加型なので、実践→フィードバック→実践これがあるからこそ講座終了して終わりではなく岡本講師も言われてますが、学んだその日からスタートできるんです。講座中だけでその学びがとまってしまったらせっかくの学びも生かすことができません。講座を終了しても何を意識していけばいいのかが受講者さん個人個人で個別にわかるようになります。コミュニケーション能力と聞くと、一般的には話し方と捉える方が多いですが、それだけではありません。岡本講師からもコミュニケーション能力とは『どうしたら人とうまくつながっていけるのか。相手と折り合いをつけていく、問題解決していく力』ですと今日の講座初めに言われました。コミュニケーションを学ぶと楽しく【たのしく】なります。そして日々の暮らし、生き方が楽【らく】になります。たくさんの【楽】を見つけに私たちと講座を通じてコミュニケーションを学びませんか

      45
      1
      テーマ:
  • 13Jul
    • ♡講座の感想いただきました

      ママとこどもの幸せループづくりSeek代表×コミュニケーション講師【遠藤昌代】です。11日に私にとって初めての講座「宇宙人だとあきらめないで!!小2男子にイライラじゃなくキラキラをあげよう講座」開催しました初めてのオリジナル講座ということで、正直緊張もしましたが楽しくお話させていただけました今日は参加してくれた方から感想をいただいたのでシェアさせていただきます参加されたのは小1の女の子のママでした。今回講座に参加してみて、 「なるほど!だからうちの子はこうなんだわ!」と納得できました。  今までは子どもだから仕方ない、とは思っていましたが、親としては「なんで?できないのかなぁ。」という思いが先走り、腹が立つことも多かった・・・。でも、「いつになったら周りが見えるのかな」という見通しも知ることができたので、イライラが軽減できそうです。  講師の遠藤さんは男の子の子育てをされていますが、男の子に限らず、娘を持つ私にも役立つ情報が沢山でした。  解りやすいレジュメもいただけたので、忘れず家に帰って試すことが出来きました。その晩、娘とあれこれと会話も増えて、楽しい時間が過ごせました。 講座は和やかな雰囲気で、「私の場合はこうだけど・・・?」と、こちらからも質問がしやすかったです。リフレッシュにもなり、参加してよかったなぁと思える講座でした。ありがとうございました!嬉しい感想ありがとうございます私自身も毎日子育てしながら、うまくいった逆にうまくいかなかったトライ&エラーの毎日です。でもそんな日常も笑いとばしながら日々過ごしていきたいです。第2弾もさらに内容を充実させて早速企画中です。私自身もこれからも学び続けます。そしてその学びを講座にどんどん盛り込んでいきます✨乞うご期待

      65
      テーマ:
  • 04Jul
    • ♡小学校でのコミュニケーション授業@犬山市内小学校

      ママとこどもの幸せループづくりSeek代表×コミュニケーション講師【遠藤昌代】です。先月末の学校コミュニケーション授業の3校目は1校目に引き続き再び犬山市内の小学校へ行ってきました。歴史ある小学校で創立100年以上の小学校でした。学校全体からその地で生き続けている風格も感じる素敵な小学校でした3校目は5年生全員に向けた授業で松井愛メイン講師のもとテーマは「ことばの力」についてでした相手にとっても、自分にとっても使うことばでこんなに気持ちが違うよねということを体感してもらいました。そしてこの学校の子どもたちはとても意識高く、さらに一歩先の段階までいきました。それは・・・いわゆるプラスの言葉。子どもたちには「フワフワことば」とお伝えしてますが、『ありがとう』という言葉でもしっかりと相手に感謝の気持ちを込めて笑顔で伝えるのと、口先だけで、気持ちが乗らないまま伝えるのとでは全く違うことになるんだということを感じてもらいました。相手に気持ちを乗せて心から伝えることばの大切さを子どもたちにしっかり伝え、また子どもたちも受け取ってもらえたと思います。また最後に担当の先生から『コミュニケーション』この続きの話が聴きたくなりましたと感想もいただけました。3校通じて感じたのは、主は子どもたちへ向けてのコミュニケーション授業ですが、それを通じて関わる先生方にも確実にコミュニケーションの大切さが伝わり、またコミュニケーションについて考えるきっかけになっていることを強く感じました

      48
      テーマ:
  • 02Jul
    • ♡小学校でのコミュニケーション授業@大府市内小学校

      ママとこどもの幸せループづくりSeek代表×コミュニケーション講師の【遠藤昌代】です。6月末は私が念願の学校コミュニケーション授業に2週間で3校オブザーバー講師として入らせていただきました1校目の様子はこちら犬山市内の小学校に行きました。https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=505938909822616&id=1000121953496332校目は大府市内の小学校でした。西田こずゑメイン講師のもと3年生から6年生の異学年向けの授業をオブザーバー講師私含め7名で担当しました。テーマは『伝え方について』相手にあわせて自分を我慢するのではなく、かといって自分の気持ちを押し通すでもない。自分の気持ちも相手の気持ちも大切にする伝え方はどうしたらいいか。みんなで一緒にワークをしながら考えましたオブザーバー講師による寸劇もありまたメイン講師である西田こずゑさんは中学校教師20年の経歴から裏打ちされる何があっても動じない絶対的な安定感授業は4学年合同ということもあり、体育館でその日はとても暑かったですが、緩急あるテンポある授業展開で笑いありで子どもたちも講師の私たちも汗をかきつつも、最後までしっかり伝わっている実感を感じましたこの授業のねらいは、子ども同士でことばによるコミュニケーション力低下によってことばよりも先に手が出てしまう。またとっさに子どもたちが使う言葉が乱暴になってしまう。それによってトラブルがよく起こってしまう。その課題をこのコミュニケーション授業によって子どもたちに気づきを与えたいということでした。この先生方の気持ちと私たち社団の講師陣の団結によって一人ひとりの子どもたちへ伝え方の大切さが届けることができたと自負しています。コミュニケーション授業は目に見えない部分です。学んだことで、学校の成績には直接反映はされないかもしれないけど、未来ある子どもたちへのこれからに確実にしっかり財産となって根付いていくものだと確信しています。一人でも多くの子どもたちへ、一校でも多くの学校へコミュニケーション授業を届けていきたいと思っています

      24
      テーマ:
topbanner

プロフィール

ママとこどもの幸せループづくりSeek×コミュニケーション講師

性別:
女性
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
初めまして、愛知県三河地区安城市在住の遠藤昌代です。 今年4月に一般社団法人日本コミュニケーション機...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス