※以下は2020年8月30日にnoteに投稿した文章の転載です。

 

 

さて、前回の投稿が4月。
いま、8月末(笑)
全然書いてませんでしたね・・・
「ヤバい、ヤバい」と書いてから数ヶ月。
あれからどうなったのか??
音沙汰なしでご心配をおかけしたかも?と思っています。

相変わらず、新型コロナウイルスの経済的影響の真っ只中です。

前回の自粛要請期間中もひどかったのですが、今は皆が”自主的に”自粛しているのでもっとひどい事になっていると言っている飲食店さんが多いように感じます。

もしかしたら自粛生活に慣れてしまったのかな?とか。
「あれ?自粛生活って家で美味しいものを安く食べられるやん?」と気づいてしまったのかな?とか。
外出しなくても苦にならない生活に変化しているのかな、と感じられるような雰囲気があります。

あり方自体が問われている

ホテル関係もウェディング事業を中心にしているところはどうしようもなく業績が落ち込んでいるし、宴会の受注もとんでもなく少ないようです。

これまでの、”屋内に人を集める”事業は今後もかなり業績が厳しいのではないでしょうか。

リゾートホテルであれば庭を利用したり、プールサイドを使ったり、屋外の施設を活用して新しいプランを構築できますが、街中のホテルではケータリングなどの取り組みを増やすのが精一杯っぽいです。

事業そのものが揺らぐ。
これまでの前提条件が覆ってしまっているので、あり方を変えない限り改善はできないのでしょう。

弊社では?

さて、そんな中、弊社も例外ではなく影響を受けています。
前回同様「ヤバい、ヤバい」です。

が、ここにきて決断をしたのでダウンサイジングしながら今後の事に繋げていけそうな”芽”が出てきました。

前回の投稿でも書きましたが、業務納品をなんとかしないといけない状況でして。
それに対して「辞める」という決断をしました。
主幹事業の業務納品を辞めるのです。

気になっていたこと

撤退するにあたって気になっていたことが何点かあります。

・お客様の今後の取引先
・従業員の今後
・委託の運送会社さんの今後

以上の気になることを全てクリアにするには事業売却しかないかな、とも考えました。
ただ、売却してしまうと今後の取組に支障をきたすかも知れません。
で、周りのお店に引き継いでもらえないか、とも考えましたが、弊社の後を引き継ぐのは難しそうと言われなかなか進まず。

でも、時間をかけていられないので、エイヤ!と辞める動きに出ました。

失うもの、得るもの

失うものは多いです。
・上に書いたお客様と仲間を失います。
・主な収入を失います。
年間で1億5千万円ほどを自分から手放そうとしているからクレイジーです。

得るものは自由です。
自由って一体なんだ~い?って歌詞が頭に浮かびました。

急展開

そうこう言っているうちにお客様へと「事業撤退」のお手紙をお送りしました。
受け取ったお客様はびっくりされることでしょう。
それも覚悟の上でしたが。
さっそくご心配頂いてお電話をくださるお客様も。

「この後どうしたらいいの?」
取引先様、従業員、委託の会社様。
精一杯フォローしようと思っています。

で、その夕方。
前に事業を一緒にしないかと声をかけてくださった会社の社長が弊社に来られて「事業を引き継がせて欲しい」と仰ってくださいました。

弊社は小売りの業界への転換を進めています。
その会社様は業務納品を強化したいと思っておられます。
そのニーズが合致しました。

しかも場所、従業員、委託の運送業者さんまで。
全て引き継いでくださると。

ありがたいです。

まだ契約には至っていませんが、明るい話が出てきたなと楽しみになりました。

これで皆様にご迷惑をおかけしないで済む光が見えてきました。