本当にあった怖い話

テーマ:

私にはもう18年程足を踏み入れてないホールがある。
全国展開の昔からあるパチンコ店である。

まず地元の静閑な住宅街の真ん中に住民の大大大反対を押し切り、正確に言えば役所のお偉いさんを買収して2年かけて建てたホールである事に今となれば不穏な空気を気づくべきであったと思う。

地元な為グランドオープンの際に友人がアルバイトで働いていた時の話。
グランドオープンで有名店。となれば満員御礼である。その数日後の店長と友人含めバイトの会話。

店長『今日も満台だったからサンダーのかどに2入れちゃったよ。今までオール1だったのに俺凄くない?』
友人『えっ?2しか入れないんですか!?』

店長大黒字に気を良くして調子に乗ったようだったらしいが店員ドン引きしていたらしい。慌てた店長は弁解しようとしたのか

店長『うちは設定3以上入れるのには本部の承諾印がないと入れられないから』

と企画書を見せてこれをFAXで送って本社から承諾印が返ってこないと入れられと話していたそうな…さらに4以上の承諾が降りたのを全国でも見たことがないと話していたそうな…おー怖。

友人ははっきり言って物凄くカスな人間であったが嘘だけはつかないと言い切れる人間である。


その11年後…嫁が長女を産んだ後に仕事したいと言い出しこの系列店でアルバイトした時の話である。

ホールの仕事事態大変だからやめた方が良いと言ったのだが時給と時間の問題で人の忠告を無視して働いた時の出来事。

ホールスタッフと言うのはインカムを付けていていろんな指示が飛んでくるのだがその指示が凄い。
ジャグラーでビッグが連チャンしたりすると…

『なんでその台が出るんだ!?ゴトだろ!?後ろに貼り付け!』


と1日中インカムから店長の割れんばかりの声で飛んでくるとの事。出た言っても千枚程度ある…嫁は帰ってきてスロットって出しちゃいけないものかと疑心暗鬼になってたのは笑えた。
その後も

『落ちてるメダルはすぐ拾え。客に拾わせるな』
『うちで出ていい台なんか無いんだよ。そいつ飲まれるまでやめさせるな』

等々酷いものである。つい7年前の嫁の話である。

結果3日で辞めてしまい保育園に入れた料金の方が高くついてしまった…嘘のような本当の話