でっけぇバンソウコウです。お久しぶりです。
先日、道路に文字通りでっけぇバンソウコウが落ちていて、うっかり「おっ!でっけぇバンソウコウだ!」と叫んでしまいました笑
友人は「???」と不思議な顔をしていました。それはそうです。

いちいちバンソウコウに反応する大人がいるわけありませんし、ましてや「でっけぇ」なんて言葉を使うわけがありません(笑
何気ない一言が個人特定につながりかねない、ヒヤヒヤものの事件でした

さて、ようやくアメリカアメリカ入国が来週に迫ってきました!
今回は、入国前処理のImmigrant fee札束の支払いに関する記事をアップしてまいりたいと思います!!

 

大使館面接が無事終了した方は、米国移民局(USCIS)に移民ビザの費用を支払わなければなりません。この支払は、渡米前に済ませることが必要です。

 

しかし、いつもながら安くはない!

USD220@1人ですよ。3人でUSD660。

ビザ申請料とはまた別に、発行手数料がかかるんです。

 

グリーンカード抽選にかかる費用ですが、手元でざっと計算してみました。

 

・抽選エージェントにかかる費用:10,000~15,000円@1通

・DS260提出、面接書類準備費用:10,000円

・健康診断:36,000円@1人(大人) 15,000@1人(子供)

・予防接種、抗体検査(追加オプション):10,000円~@1人

・ビザ申請料(大使館):330USD@1人

・グリーンカード発行手数料:220USD@1人

・宿泊費、雑費、交通費:おそらく全部で30,000円ぐらい

ざっくりな計算ですみません笑
でも、だいたい35万弱ぐらいじゃないかな?と思います。

 

でもね、これはほかの当選者の方もご賛同いただけると思うんですが。

感覚的に100万ぐらいかかってる気がします笑

 

とくに大変なのがDS260提出の道のりです。

実質住民票、卒業証明の証明書発行手数料+郵便ぐらいのものですが、ここだけで労力で言えば50万円分ぐらいに感じます。

 

さて、当局によればこの費用USD660は永住者のファイル管理、保存、グリーンカードの発行に充てられるそうです。よくわかりませんが、

「地球のため、エコのためと問答無用で課せられる環境関連税のようなもの」
と考えるのがわかりやすいでしょう、たぶん笑 
 

でも、これは手数料ですからなおさら仕方ないって感じですよね。
住民票の交付なんかも手数料というから仕方ないと思われてますが、「発行税」なんて名前にすると絶対もっと反発起きる気がするんです笑。
手数料ってね、本当に無敵だと思うんですよ。


さて・・・実際に支払い手続きをしてきますが、ここで思わぬトラップが。


USCIS Immigrant Fee オンラインの支払い方:と書いてある部分に最初にアクセスするURLが書いてありますよね?入力しても見事にページが見つからない笑
 

まぁ、予想してました。こういうことは今までに何度かありましたからね。

(私、こういう「期待通りにひどい」ということが基本好きです笑)


気を取り直して、検索エンジンで"USCIS immigrant fee" payなどと検索します。すると公式サイトが見つかりますので、それっぽいリンクをたどっていき、下のアイコンを探してください。

「カードを手で持ったアイコン」これは数ある手続きの中で一番直感的に分かりやすい部分だと思います笑  


ここからの手続きはすべて英語です。しかし難しいことはありません。お手元に
・永住者登録番号(Aナンバー):面接後に送られてくる書類に書いてあります。
・ケースナンバー:何度も使ってますから説明不要ですね。

を用意し、以下のように一人ずつ入力していきます。


 

ここら辺のシステムはとてもフレンドリーで直感的に分かります。

家族を含めた全員分を入力しましたら、確認画面が出ますので、次に進みましょう。

 

ごちゃごちゃ書いてありますが、請求先情報と支払い方法を選びなさいということです。

私の家族は3人なので、USD660。7万円で何ができるか考えてしまいますが、そういう考えは置いておかないとやっていけませんね。

ここで"Pay immigrant Fee"を選択すると、支払い方法の選択画面に進みます。
 

カードか、銀行引き落としが選べますが、通常はカードでしょう。

なんとJCBも対応しているのは意外でしたね・・・。海外でのJCBの不遇っぷりはハンパじゃないですからね。

 

カード番号等を入力して・・・。確認ボタンを押します。これで支払い手続きは完了です。

すると、次の画面が出ます!さあ、準備はいいですか。

なんかいかにもアメリカですね笑

Immigrant feeの支払いを済ませた事は"Congratulations!"というほどの出来事らしいです笑

 

ネイティブからすると別におかしくないことなのかもしれませんが、アメリカっていつもこんな感じですよね笑
 

というわけで、Immigrant Feeを無事支払うことができました。
あとは入国するだけ、なのですが、その前に一つだけ。

グリーンカードの届け先が正しい住所になるように、USCIS Online accountに登録する必要があります。ここでアカウントを登録すると、自分のビザ申請状況を確認したり、登録住所の変更を行うことなどができます。


私もここの登録を済ませましたが、ここのアカウント作成のためのステップがセキュリティを何重にもかけていてハンパじゃありません笑
今まで生きてきた中で、おそらく一番ガードが堅かったです

必要な情報は、


氏名・生年月日・住所
パスポート番号
永住登録者番号(A-number)
国務省ケースID

こうした基本情報の入力に加え、二段階認証のステップに入ります。

「なんとかペイ」で有名なあの会社の社長が知らずに大恥かいたあれですね笑
この二段階認証もいろいろな方法をとれます。
メール、SNSなどもですが、私はAuthyというアプリを使いました。

Authy

 


個人特定のための質問事項×5
生まれて最初に海を見た街とか、初めて博物館に行った町とか、面白い選択肢もありますが、そんなもん覚えてるわけありません笑

すべてのセキュリティ情報を入力したあと・・。

個人特定のためのクイズもこたえなければなりません笑

主にVISA申請に係る情報ですので、通常の個人情報とは別のものです。

・個人情報

・パスワード、ID

・二段階認証

・個人的質問

・VISA申請に係るクイズ

これらの情報をすべて正しく理解していないと突破できないのでセキュリティとしては非常に高いものとなるでしょう。恐るべしアメリカです。

次回は、ついにアメリカ入国です!