まりん日記

まりん日記

ねこのまりんが語る「有里ママの闘病日記」
飼い主安川有里の「私の多事総論」

😸こんにちは、まりんです。

新型コロナウイルスで、なんか、窮屈な毎日。

我が家には、マスクの備蓄が10枚をきっているらしく、有里ママ、久しぶりにお針箱出して、縫っていた。

 

 

 有里ママが、乳がんだと診断されて2年。

今の思いを、報告するって!!😸

 

 

 2018年3月7日に、湘南記念病院で診察を受け、マンモグラフィーとCT検査で「乳がん」と診断されました。帰りに渡されたのがこの冊子とピンクリボン手帳。

 

 

 前にも書きましたが、ちゃんとしたステージと治療方針が出るまでの、自身の中での葛藤がありました。あれから2年…。同じ病で闘った友人もいて、励まし合ってきた日々でした。

 先月まで、鼻の粘膜がただれて鼻血が出ていたし、今も指先がしびれていて、マスクを手縫いするのにも苦労している毎日です。

 

 一年前、こんな書き込みをFBにしました。

 

『3/7、忘れられない日。

昨年のこの日、乳がんであることが判明しました😿

この日説明を受けたのは、マンモとエコーの検査からでしたが、明らかに乳がんとわかりました。(ピンクリボン手帳を受け取りました。)

シコリが大きかったことから、詳しい検査の結果が出るまでの2-3週間は、余命は?と考えて、自分の人生を振り返る日々を送りました。

3月末に出たステージは2。

抗がん剤治療ののち、手術を受けることになりました。

その時に決めたことー「仕事の質も量も変えない」

家族と職場の理解で、無事に乗り越えることができました。

あれから一年。

今日テレビで、2つの癌を乗り越えた大橋純子さんが、闘病後初の歌声を披露してくださいました。

♩「シルエット・ロマンス」🎵

治療中、ほとんど涙を流さなかった私でしたが、大橋さんの歌声に涙が止まりませんでした。

一年間、無事に治療と仕事を両立できたことに感謝です。そして、一歩踏み出すために、4年間綴ってこなかったブログを再開しよう、と思いました。

元気な有里ねえ😺に戻るまで、あと少しかかるかもしれませんが、ぼちぼちやっていきたいと思っています。』

 

 この報告から、一年。確実に元気になっています。指にまいていた包帯も、一ヶ月前から解放されました。

 先日最終回の放映があったドラマ「アライブ」。乳がんを患い、手術を経て5年、再発した医師(木村佳乃さん)が再手術をして、その3年後、リハビリをして外科医として復帰するストーリーに励まされました。

 今もホルモン治療をしているため、様々な副作用はありますが、2/22&23には、「横須賀シニア劇団」の旗揚げ公演を、ちゃんと出来た事に感謝しています。

 この公演をきっかけに、また、何かにチャレンジしたいと思っています。

 

 

😸というように、有里ママはどうにかやっています。

 まりん日記、この後はテーマを変えて書いていくね。有里ママの病気での登場は、これが最後。

 この後は、先輩「なな」ちゃんの日記みたいになるとおもいます!よろしくね!😸