こんばんは。

日々の診療の中で糖尿病や脂質異常症の患者様に、脂質・糖質が少なく高たんぱくな食品や食物線維の多い食品をしっかり食べて下さい!

とお話させて頂くことが多いです。

 

本日は我が家の食卓に高頻度に登場する良質な高たんぱく食材を紹介させて頂きます。

 

それは~とりむね肉です!!!

 

我が家では大きな鍋で一度に4枚くらい、茹でます。

塩(量は適当です)とかるくお砂糖を全体にもみこんで、鍋に入れて全体がつかるくらいの水を入れて、蓋をして水から茹でます。

沸騰したらすぐに火を止めます。

このまま自然に冷めるのを待ちます。

 

放置すること数時間、中は余熱で火が通り、しっとりとやわらかい茹で鶏のできあがりです。

 

 

下にレタスやキャベツ(この日はもやし)など野菜をたくさん敷いて、上からお好きなたれをかけて、メインのおかずとしてお腹いっぱい頂きます。

罪悪感なしに美味しくたくさん食べられます(^o^)

 

 

あまったお肉はタッパーに入れて、次の日にサラダのトッピングにしたりして数日でなくなります。

 

そして副産物のゆで汁のスープがめちゃめちゃ美味しんです!

(写真で見るとまずそうですが、、、鶏から良いお出汁が出て本当に美味しいんです!)

 

 

ゆで汁に塩で味をととのえて(他に出汁はいりません!)、残り野菜と豆腐を入れて少し煮て卵でとじて、栄養たっぷりのスープのできあがりです。

 

そして、普通だったら捨てるであろう鶏皮!

鶏皮は脂が多いのでコレステロールが気になる方は捨てて頂いた方がいいですが、、、

我が家ではノンフライヤーで鶏皮を15分くらいチンして、余分な脂を落としてパリパリにして、塩コショウして、『鶏皮パリパリ』という名前で食卓に登場させます(^_^;) 

 

 

これも全然美味しそうに見えないと思いますが(^_^;)

おやつ?おつまみ?みたくて美味しいので瞬殺でなくなります。

 

最後の鶏皮はあまりまねしない方が良いかと思いますが、、、とり胸肉の茹で鶏と茹で汁のスープは是非、美味しくて身体にいいのでお試し下さい!