母が残してくれたもの。

テーマ:
みなさん。こんにちは~🍀

虹色の花🌈🌸
私に還るチューニングセラピー
狩野順子です。

ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜

5/14
春爛漫のこの日
私は
オープンしたサロンで
お花に囲まれ

午後は
セラピストの仲間たちが集まってくれて

心地よい空間
尽きない話に身を委ねて
みんなの話を聞きながら

しあわせだなぁ…と
氣持良いエネルギーのなかで
過ごしました。



夜になって
片付けを済ませ
改めて椅子に座ったとき

ほわ~~っと。
暖かくて、柔らかなエネルギーが全身を包み込みました。

さっきまでの
みんなと一緒だった余韻に浸って
そのなごりを感じていたら

どこからともなく、
黒い蝶々が飛んできました。

ドアも窓も閉まっていたのに。

ふと、
「あ、母かも」と思い
しばらく目で追っていました。

細く赤い線が入ってた…。

そしてすぐに
車に乗りました。

少し走ったら、主人からの電話。
すぐ病院に、って。

「うん。やっぱり。」と私。

それから、約2時間後


91才、老衰による心不全…。

母は
静かな逝きかたを視せてくれました。

あの
暖かくて柔らかいエネルギーを
最後に残してくれて

逝く前に
会いに来てくれたんだなぁ

私の幸せと
共鳴してくれたんだなぁ

またひとつ
教えてもらった
母からの最後のプレゼント!

生きかたが
逝きかたになること…。

最高の宝物を
魂の財産を
ありがとう。。。



若い頃は
イライラしたり
むかついたり
反抗したことも
たくさんあったけど

晩年は
子供と孫とひ孫に囲まれて
冗談言って笑い合う
そんな時間も
たくさんもてて…。
しあわせだ、しあわせだ、
と言っていた…。


ある日も病院で
「じゃ、帰るね」と言うと
「ありがと、ありがと、
さんきゅーべるまっち」と
手を擦り合わせてました(笑)


亡くなって
ちょうど10日たった今日

信じられないくらい
すっきりと
穏やかな毎日。

お寺で、兄が
「あっちに逝って、親父とまた
ケンカしてるかな?」
と言ったら、

和尚さんが
「向こうは、ケンカはないからね」と。。。(*^.^*)
久しぶりのご対面
叶ったのかな。


知らない人とも
誰とでも
すぐしゃべるし
大笑いするし

若い頃の私は
そんな母がほんとに
恥ずかしかったけど

気づくと
そんな人に
私もなってる…(笑)

このDNAに
あらがわずに
生きていこうかな。。。


ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜

お別れの日の空☀️