へこたれずに前向きに生きていく

へこたれずに前向きに生きていく

ブログの説明を入力します。

台風が去って

空気が入れ替わりましたね。

 

さて

 

今日から

女との話し合いについて

書いていきたいとおもいます。

 

その前に

 

私のなかで不倫の解決方法を

3つに絞っていました。

 

まず

 

1つ目は

相手のご主人に連絡をとり

今までのいきさつを全て話し

双方4人で話しあう。

めっちゃ修羅場になるやつ(笑)

 

 

もう一つは女に対して慰謝料を

請求する方法。

相手の家に内容証明郵便で

不倫慰謝料請求をする。

調べてたら

けっこうこのパターンが多いみたい。

 

あと一つは

女に直接連絡をとって

2人で会って話し合う。

これはもしかしたら

血を見るかもしれんやつ・・・

 

一つ目の

相手の旦那に連絡をとったら・・・

ってやつは

最悪、裁判とかになって

けっこう面倒臭くなるかもしれないし

裁判になったら

お金がかかるって事で

ケチな私としてはパス。

 

二つ目の内容証明を送り付けて

不倫の慰謝料を請求ってやつは

届いた段階で相手に時間を与えることなって

最悪、私の旦那に連絡を取られたら・・・

って考えると余計にややこしくなるかも

ってことでパス。

 

やっぱり

直接女に連絡を取って

2人で話し合うってのが

一番いいのではないかと思ったので

私は直接対決を選びました。

 

じゃあ

女と会ってこの先どうしたいのか?

どんな話し合いをして

どんな解決方法をとるか?

ってなりますよね・・・

 

何も考えずに

女に連絡をとり

結局、感情的に話し合うだけで

なにも解決できなかった・・・

ってことだけは避けたかったので

 

 

(今回で女と会うのは2回目になるのですが

初めて会った時は感情的になりすぎて

何も考えれずに

旦那ともう二度と会わないって

口頭で約束させただけで終わらせたら

結局全然不倫は終わらなくて

その後の方が不倫が盛り上がってしまった・・・

という

苦い経験があるので・・・)

 

 

 

そこで

女と会い

話し合う中で

私は女に選択させようと思いました。

 

 二人で会って話し合う過程で

 

  ① 旦那さんを呼んで解決させましょうか? 

   

   と話しを持っていく。

 

それとも

 

  ② 示談にしますか?

 

  って話しを持っていく。

 

①だと何も事前に用意はいらないけど

②を選択されたら事前に

示談書を用意しないといけないので

 

女に連絡を取る前に

私はない頭をフル回転させて

脅しにならないように

細心の注意を払って

示談書を作りました。

 

示談って一歩間違ったら

脅しになってしまいそうで・・・

 

私は決してお脅したいわけではなく

 

母親として妻として女として

あなたのしてきた行為は絶対に間違っている。

 

と伝えたいきもちが一番強かったので・・・

 

キレイごとかもしれへんけど

私はホンマにそう思っていたので・・・

 

続きます・・・