美奈子の溜息

美奈子の溜息

昔、思春期
今、思秋期
悠々自適な怪生活送ってるわ♪

訪問有り難う

今日もきたよ~→にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

人生色々だね~→

 

探偵の仕事って凄いね

どうやって調べたのって思ったわ

 

「何て事を・・・」そう言って泣いた不倫女の父親

 

土下座までして謝罪した不倫女の父親

 

公にできないお腹の子

 

目の前の婚姻届けに不倫女の目が泳ぐ

 

「こんなのダメ・・・」

 

「私は結婚なんて望んでないの」

 

「うだうだ言ってないで署名捺印しちゃって、さっさと婚姻届けを出そうよ」

 

離婚届けは記入済み

 

夫は涙しながら「すまない・・すまない」そう言って署名した

 

人の心の中って分からないものよね

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

次は婚姻届けに署名捺印するだけ

 

観念した夫は署名捺印したが

 

不倫女は書こうとしない

 

そりゃー そうだ

 

お腹の子は義父の子だものね

 

不倫女の母親は娘を連れて再婚

 

しかし、直ぐに不倫女の母親は他の男と蒸発

 

年頃の娘を置いて

 

どんな境遇でそんな関係になったか知ら無いケド

 

親子丼じゃん ボケ―ッ

 

妻の連れ子の娘とそんな仲になったら世間体が悪い

 

しかも蒸発した不倫女の母親とは離婚に至って無い

 

なので法律上は親子

 

誰か調子よろしい男とそんな仲になって認知してもらえ

 

そして養育費でも出させろってトコ?

 

暴露するのは後

 

目の前で婚姻届けに署名捺印してもらい

 

役所に提出するのを見届けるまで胸の内に秘めておく

 

夫も、彼女のお腹の子の本当の父親が誰かを知ったら驚く事でしょうね

 

泣いて婚姻届けに署名捺印しない不倫女

 

見かねた夫が「こうなる運命なんだよ」って促す

 

運命?

 

悔しくて涙が込み上げる

 

「ちょっと出かけてくるから署名捺印しといてね」

 

そう言って、まずは役所に離婚届を提出

 

夫に元がついた

 

私は不倫女の父親って言うか義父に電話した

 

「私、夫と離婚しました、で、元が付いた夫と娘さんとの結婚を許します」

 

不倫女の義父は「えっ?えっ?結婚?娘が?結婚?」

 

「はい、そうですよ、愛し合う2人の仲を裂けませんから」

 

「結婚は、、、結婚は、、、許さない」

 

キターーーーーーーーっ(そうくると思った)

 

「今、私の自宅で署名捺印するトコですよー」

 

待って下さい、今そちらに向かいますから

 

望むところよ

 

かかってこいよーっ

 

 

訪問有り難う

今日もきたよ~→にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

人生色々だね~→

 

隣のテーブルになったのも何かの縁だし

私の同僚たちは思わぬ展開に盛り上がる

 

私は例の男の隣に座り

 

"俺の子か?"

そう言い放った男の隣に座り

「独身なの?」

「独身だよ、君は?」

「夫と離婚協議中よ」

「旦那の浮気かなんかで?」

「まぁーそんなとこ」

 

ありったけの笑顔で答えた

 

「さっきチラッと聞こえちゃったんだけどさ、彼女が他の男の子供を妊娠したとか?」

 

「聞こえちゃってたかー」

 

「なんで俺の子?なんて聞いたの?」

 

彼は目を大きくして私を見て

 

ふぅーっと溜息をつきながら

 

「同じ職場の女性だったんだけどさ」

 

「あら過去形?」

 

「だって俺、裏切られたんだぜ、過去形にもなるさ」

 

「何で裏切られたって言い切れる?」

 

彼女は純情で男が手を差し伸べてやらないと危なっかしいヤツでさ

 

私は心の中で

"そうかもねー あの女って、か弱く見えるもんねー"

彼女との出会いから別れに至るまでの話に耳を傾けてるうちに

 

こいつって可哀想な男?

 

それとも、一夜の女を探す手?

 

「でさ、彼女の別れの言葉ってのが

"好きな人が出来たから別れて、で今ね妊娠してるの

貴方の子よ、好きな人の子供が産みたいから貴方の子を中絶しようと思う

貴方もその方が良いでしょ?

養育費とか払う義務がなくなるし

だから中絶費用お願いね"

いきなり何だよってなるだろ?

貴方の子を妊娠してるからとか、好きな男がいるとか、中絶するとか」

 

この話が本当なら、彼女は相当の悪?

 

その元カノの写真とかって残してない?見たいなー

 

すると彼はスマホを弄りながら

「ほらこれだよ」

そこには夫を奪ったあの女がVサインして写ってる

「別れたのっていつ頃?」

「先月だよ、俺が2ヵ月間の長期出張して帰ってきたらいきなりだよ」

その間も彼女と会ってたの?

「海外出張だぜ、そんなの無理だし、だから俺の子?って聞いたんだよ」

「でも貴方の子って言ったんでしょ」

「そんとき、妊娠何週目?って聞いたら8週だって、計算合わないよなー」

 

意気投合して見えたのか

気が付けば、後は宜しくって、互いの同僚が帰ってった

 

彼は「じゃーな」って同僚を見送った

 

席に戻って私と話を続ける

 

「俺が長期海外出張から帰ってきた2週間後に妊娠2か月って笑ったよ」

 

「彼女が好きになった男って誰か知ってるの?」

 

「あぁ、、、知ってるよ、〇〇電気に努める俺の学生時代の先輩」

 

えっ?夫じゃないの?

 

何がどうなってる?

 

その日は、LINEを交換

 

「じゃあ、またね」

 

「話を聞いてくれて有難う」

 

夫の居ない自宅に戻った

 

裏切り不倫女と一緒なんだなー

 

もしかしたら夫は騙されてるかもねー

 

騙されてるとしても自業自得だよー

 

不倫女のお腹の子は誰の子?

 

今、妊娠何か月?

 

話がズレ違いすぎって怖いなー

 

妙に冷静な自分

 

誰の話が本当なのか?

 

取りあえず、あの女に裏切られた男の話を信じてみるか・・・

 

翌日、私は探偵を雇った

 

1週間後・・・探偵からの報告書

 

探偵ってお金は掛かるけど、お金を掛けて良かった

 

不倫女には夫の他に本命の男がいた

 

驚く報告内容

 

私は2人を呼びだし

 

「夫とは離婚します」

 

不倫女と夫は下を向いて項垂れてる

 

「愛し合う2人の中を裂くなんて私にはできないのよねー」

 

そう言って記入済みの離婚用紙を夫の目の前に出し

 

「後とは貴方が記入するだけよ」

 

そして不倫女には

 

「これで夫は貴方と目出度く夫婦になれるよ」

 

婚姻届けの用紙を目の前に出した

 

不倫女の表情が変わってくのが分かった

 

「私の目の前で誓ってね、お腹の子と3人は生涯、幸せになるって」

 

ニコニコ笑顔で婚姻用紙に署名捺印を迫った

 

 

 

訪問有り難う

今日もきたよ~→にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

人生色々だね~→

 

まぁ あれだね

 

時が心を癒すって言うか

 

二人で幸せになんなよ

 

お腹の子が誰の子なんて関係ないもんね

 

好きになった女のお腹には他の男の子が宿ってただけ

 

しかも孕ませた男は逃げ腰で認知は無理ときた

 

"お腹の子はホント 俺の子?" だとか

 

不倫女の父親が謝罪にやってきた

 

『娘を許してやってほしい』

 

とうとう父親も折れたか

 

娘のお腹の子の父親が誰でも

 

生まれたら、可愛い孫

 

血が繋がらなくても父親候補の男もいる

 

それが私の夫

 

離婚せずに、彼女の子を認知してやりたいって

 

あんたって馬鹿なの?

 

イエスキリストみたいなお人よし

 

だったら別れてやるから、その女と結婚して本当の家族になったらいいよ

 

『君の事を愛してる』どの口が言うの?

 

離婚はしたくない、ただ彼女のお腹の子を俺の子として見守りたいだけ

 

最初は腸が煮えくり返る程に恨んだ

 

夫の子だったら

 

責任取るって事で諦めもつくのに

 

他の男の子を孕んだ女を愛した夫

 

10キロも体重が減った

 

職場の同僚も流石に私の異常なまでの憔悴に気がつき

 

「ねぇ、、、パァ――ッと飲みに行こうよ」

 

そうだね、今の私には気晴らしが必要だ

 

気がねしない同僚の仲間との飲みに付いてった

 

居酒屋で久しぶりに笑って騒ぐ

 

そんな時、隣のテーブルから聞こえてきた話

 

どっかのサラリーマンの話声に耳が嫌でも集中

 

「いやさー 俺の子って言うんだよ、参ったよ」

 

だから言ってやったさー

 

マジで誰の子?って

 

したら"もう良い"って、話は終わり

 

やっぱり俺の子じゃないからだよな

 

あの女、大したタマだぜ

 

この間、もう他の男と一緒に腕組んで歩いてるし

 

お前らも気を付けろよ

 

●●商事の★子にはさ

 

えっ?●●商事?

 

不倫相手の会社だ

 

まさか★子を孕ませた男はこいつ?

 

そいつらに向かって

 

「ご一緒しません?」と誘ってた

 

そちらは男性だけの飲み

 

こっちは女ばかりだし合流して飲むって楽しいでしょ

 

私のいきなりの言葉に同僚はビックリしてたけど

 

それも楽しいかもと・・・キャッキャ 

 

この男に近づいてどうする?

 

でもどうしても聞きたい事がある

 

あんたがあの女を捨てなきゃ、夫と離婚なんて事にならなかったのに

 

これはチャンス

 

神が引き合わせたんだ

 

私の怒りはこの男に向いた