こども達がお料理を作る中で
学んでいくことが沢山あります。


それは、大人が教えようとする物ではなく
体験から自然に学んでいく事。


例えば

料理を作るには沢山の工程がいる事に気づき
作ってくれる人へ感謝する気持ちだったり
 

食材への『もったいない』という気持ちであったりします。


あるレッスンの時、人参を薄くピーラーで
むいていた女の子。


だんだんと小さくなり
ピーラーが出来なくなるまで小さくなった
人参を見て


『先生、この残った人参はどうするの?』と
聞かれました。


『これは後からお味噌汁に入れて食べようかな』
と答えると

『良かった〜。だって、小さい人参も
食べてあげないとかわいそうだよね』と言うのです。


料理を作るようになって食材を大事にする気持ちや
『もったい』が分かるようになったのですね


物があるれている今の時代。こども達に『もったい』を教えるのはなかなか難しいようか気がします。


でも、自分で体験して見つけた
『もったい』は決して忘れる事はないでしょう^ ^




とことこ®️こどもお料理教室の
協会のキャッチフレーズは
『わたし達の教えたいのはお料理ではありません』



お料理を通して生きるために必要な力を身につけて
もらいたいと願っております^ ^


体験会の申し込み受付け中です。
お気軽にお問い合わせ下さいね^ ^