小児脳腫瘍の、
闘病、緩和ケアに関することは、
カテゴリー分けています。
(闘病は次男のお話です)

WPW症候群、卵巣嚢腫を抱えた出産については、ハイリスク出産のカテゴリーに分けています。


見守り隊のみなさま、
いつもコメント&いいね
ありがとうございますm(_ _)m



闘病中、

看護師さんは「何でも相談してください」って優しかったし、頼もしかった。

でも言えないこともあった。
普段お世話になってるくせに、こういうこと言ってもいいのかな...とか。

亡くなった後は、
誰かに話を聞いて欲しかった。

私には可愛くて賢くて一生懸命に生きた息子がいたってことを、イチから説明したかった。

生まれた時は嬉しかったこと
保育園に行かせたこと
病気が見つかって絶望したこと
治療ができなかったこと
薬や手術は出来ることを選択したこと
在宅で看取ると決めたこと
家族で看取れたこと


このブログで何ヶ月もかけて綴った内容を、
ギュッと縮めて数分で、
ワーッと説明したくてしょうがなかった。

家族や友人に分かりやすく言葉を選んで話すのではなくて、

ストレートな言い方、
嫌な言い方、嫌な表現で言いたかった。

とにかく、そのまま浮かんだ言葉を、
誰かに吐き出したい。

...実際できなかったんだけどね。
ちゃんと話を聞いてもらったけど、
やっぱり私はすごく言葉を選んでしまったし、
カッコつけてしまったの真顔
(できるお母さんキメてるみたいなキャラでね)

誰かに話しを聞いて欲しいっていう気持ちと、
実際行動するのってけっこう勇気いるんだわ。

それがよーーーくわかるから、
どうしよっかなぁ...ってもやもやしている方、
もしいたら、「ちょっと今は無理だけど、いつか話してみたいとは思ってる」みたいなメッセージ送ってくれてもOK

よし、言ってやる!
とふんぎりつくまで、私は待ってます(笑)


にっこりInstagramですにっこり