産前に見つかった卵巣嚢腫(再発)は、
産後授乳が終わったら手術しましょうね〜、
っていう話、進めよ‼︎っと思って病院へ。
(1歳で授乳はやめました、酒がうまいグッド!)




小児脳腫瘍の、
闘病、緩和ケアに関することは、
カテゴリー分けています。
(闘病は次男のお話です)

WPW症候群、卵巣嚢腫を抱えた出産については、ハイリスク出産のカテゴリーに分けています。


見守り隊のみなさま、
いつもコメント&いいね
ありがとうございますm(_ _)m








血液検査&MRIも済ませて、
結果を聞きに診察室へ。

右側のモニターに映し出された数字が、
ひとつだけ真っ赤
THE警告色‼︎モニターから目が離せない。

ひとつひとつ、医師の話を聞いていると、
真っ赤な数字は、腫瘍マーカーの数字で、
どうやら基準より上回ってるらしい。
でも、卵巣嚢腫は良性でも上回ることがあるらしく、実際手術してみないとわからないとの事。

MRIの結果も、とくに悪さをしてるものは無さそうだから、大丈夫そうってこと。


息子の病気に関しては、
根掘り葉掘りわかるまで質問していたけど、
(この数字ってなんですか?とかね)
自分のことは、「そうですか」と返事して質問もせず、ノーリアクション。この差。(笑)


手術に関しては、
「前回の手術では卵巣残したみたいだけど、
今後妊娠希望しますか?とくになければ、
卵巣ごと切除する可能性もあります。」

少しドキリとした言葉をかけられたけど、

手術できなかった、治せなかった、
子供の姿を嫌ってほど見てきた者にとっては、

手術できて、取れる方法があるのなら、
幸せなことなんだろうって思っていて。


ただ一個、ポツッと浮かんだ疑問が、
卵巣取ったら、ホルモンバランスとかどうなるのかな?...と思ってたら、

医師「更年期とかは心配ないからね」

って。

え、私の心の声だだ漏れしてた?
私、サトラレ?(懐かしい)
そのくらい声に出せばって思うんだけど、
ハイと分かりましたしか言ってなかった...😅


いつ手術しようか?

2歳のイヤイヤ期が来るまえに、
サッサとやっちまおう!

ということで、年明け1月後半に、
入院手術予定。


前回の術後の痛みを思い出すと震えるけど、
仕方ない、やるしかない、取るしかない‼︎

そして今度は個室にしたい‼︎







最近の三男。(1歳5ヶ月)
ママよりパパより先に覚えた言葉は、
「おいしい」