絵本作家まつむらまさこのブログ

絵本作家まつむらまさこのブログ

八ヶ岳のマジョ(松村雅子)の不思議と自然のお話し。
もちろん絵本のこともいっぱい♬ 
えほん村から愛をこめて…♥

3年ほど前に
防風林を管理している
地元の方々が何百本もの
ミズナラを植えた。

私の小さな図書館は
あっという間に
成長したミズナラの
子どもたちで
見えなくなった。

なんだか嬉しい❣️

こうして幼木は
大きくなり
私は小さくなる(笑)

ドングリはまだ実らない
リスの子たちは
大きくなって
森の奥へ入って行った。

来春には子リスを
連れて帰ってくる。

今は秋日に輝く
黄金の葉っぱと
ペアになり損ねた雉、
時々、鹿たちが
人がいないかと
様子を見にくるの。

本当は彼らと
一緒に過ごしたい、
彼らとランチを
味わいたいわ。

ランチはクルミと
ドングリ、
栗粉と自然薯で焼いた
縄文クッキーが良いね。

いつから人は
肉食をするように
なったのだろう?

いつから人は
孤独になったのだろう?

幼木に問いかける、
ねぇ、私を
覚えておいてね。
冬が終わり春が来たら
ご挨拶してね。

そして来年は
もっともっと大きく
育ってリスの子のために
ドングリを落としてね。

そんな、お節介な
会話をして日が暮れる。

きっと、
うるさいオバさんと
思われているよね。