どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

ファッションのトレンドが移り変わるように、眉メイクのトレンドも時代に合わせて移り変わります。

そこで今回は、5年前と今の眉メイクの違いと現在のトレンドの傾向をご紹介します。

みなさんは、アップデートできていますか?




5年前と今の眉の違い


5年ほど前までは、
輪郭が際立った眉が一般的でした。


眉メイクでは上下の輪郭を際立たせ、
眉尻はキュッとシェイプし、
今よりもやや細め。

眉の上下のうぶ毛はきっちり処理し、
眉毛の長さもカットする人が多く、
「しっかり作りこんだ眉」という印象。


それがファッションがカジュアル化し、
ヘアスタイルもラフな雰囲気が人気となり、

5年後の今は眉メイクも「作り込み過ぎない自然な眉」がトレンドに。


不自然にカットしたり
作り込んだりし過ぎず、

自眉の形を活かし、
上下の輪郭はクッキリしないように
ナチュラルに描くのが今風。

ふさっとした毛並みが感じられる
立体的な眉がトレンドです。


このように、ファッション同様、
眉のトレンドも移り変わります。

「5年前から眉の描き方を変えていない…」という人は眉メイクが時代遅れになっている可能性もあるので、
定期的に眉のトレンドをチェックし、描き方を見直すことが大切です。

これからもブログにてトレンドの眉メイクのコツやポイントをご紹介させていただきますので、参考にしていただけると嬉しいです^^



goodbye with a smile. ☺︎





◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』方』(株式会社オーバーラップ)

◼︎Instagram

🍼育児4コマはじめました


(法人のお客様専用になります)