ANNIE アニー

テーマ:
こんにちは。
今回は「ANNIE アニー」という映画を取り上げたいと思います。ミュージカルで有名な作品ですが2014年に映画化されました。ミュージカルと映画ではストーリーやキャラクター設定の面で少し、違うという人も多くいますが今回は映画版のアニーについて書きたいと思います。


主人公のアニーは姿を消した両親を探し続ける里子の1人である。ある日アニーが車にひかれそうになった時、携帯電話会社の社長でニューヨークの市長の有力候補であるスタックスに助けられる。それを機にスタックスは選挙活動でアニーを利用することを考える。それからアニーはスタックスの家で暮らすようになり、2人の愛が深まっていく。

私はこの映画を見て、ミュージカル映画という、映画の途中で登場人物たちが音楽に合わせて歌ったり踊ったりするという形態からもストーリーからもとても元気をもらいました。

アニーはまだ小学生で、両親がいないけれどいつか両親を見つけることができるんだという希望をもって生きています。決してくじけることもなく落ち込むこともありません。そのアニーの力強さから勇気をもらえますし、音楽などからも明るくなれます。

アニーを通して元気をもらえるのは見ている私たちだけではありません。この映画の中に登場する人物も考え方が変わる人がいます。ハニガンというアニー含めた親のいない里子たちを預かっている里親のような人です。ハニガンは以前有名歌手であり、昔の栄光を捨てきれず堕落した生活を送っていました。しかし、アニーの親探しを通して自分はこのままでいいのかと気づかされました。

ミュージカル映画はその登場人物の感情を歌を通して知ることができるし、パフォーマンスの面でも楽しむことができます。
ミュージカル映画が好きな人はもちろん、そうでない人もぜひ見てみてください。