まぐなむものがたり 略してまぐもの

まぐなむものがたり 略してまぐもの

ビンボーなので古いオートバイしか乗れんダス

今日は定休日ダス!

多少曇ってはおるダスが、そんなに悪い天気ではないのでコーフン物件探しの旅に出るダス☆

今回は丹後の与謝野町とか宮津市あたりを攻めるダス!

まずは与謝野町にこのワシ ドギー隊長ライジング!

与謝野町にて明子の玉石とかいうのを見つけたダス!

うう、草ボウボウで全然見えんダスな。。。

言い伝えによると、夜に白く光って旅人の道標となったのだそうダス。

その奥の山、コーフンの香りがするので登ってみたダス。

墳丘と思われるのが数基あるダスな。

石室の露出とかは見当たらんかったダス。

 

 

そこからもうチョイ加悦谷方面に行ったところに御陵古墳群というのがあるので寄ってきたダス。

幾つかの小型墳丘が残っとるようダスが、古墳を見慣れとらん方には判りにくいと思うダス。

あと、崩壊しとるのも結構あったダス。

不動明王とか看板にあったので行ってみたらキレイな滝があったダス☆

 

流れる川を見たら真っ赤だったダス!

修羅の国にラオウが来たのかも知れんダスな!

 

大昔の塗料というか染料というか、丹とか朱の原料ダスかね?

 

 

 

久しぶりに香河ってとこのゴッツイ遺跡ポイントに行ってみたダス!

ワシがココを最初に来た時は全体を杉の木に覆われた普通の杉林だったダスが、表面の木は伐採されてゴッツイ見やすくなったダス☆

奥の岩山、ココらから石を切り出しとったのかもしれんダスな。

古墳の石室の痕跡っぽいヤツ。

もう一丁!

 

古墳があったり寺院跡みたいなのがあったり、かなり長い時代にわたり人の営みがあったように思われるダス。

ココの奥の斜面にOH!オーケツ!

何か所か横穴があるのダスが、ほとんど埋まってて入ることができんのダスが、一つだけまともな状態で開口しとったダス!

 

レッツ!オーケツ イ~ン!!!

 

もう地下室のようダス。

横に延びる部屋みたいなのが5室ほどあるダス。

このような長く奥に続く羨道みたいなところの横にお部屋があるタイプは丹後ではよく見るダス。

 

花崗岩の岩山をくり抜いておるようダスな。

この丹後の地域の横穴はこの同じような質の花崗岩の層が多いからなのか、同じようなタイプのものをよく見るダス。

まぁその地域の土とか岩の質によって都合の良いように造られとるのかも知れんダスな。

 

横にある部屋のコウモリさんがおったダス☆

その傍らにはカマドウマと、オオゲジがおるダスな。

オオゲジは普通のそこらにいるゲジゲジの何倍も大きいのでこの手の虫が苦手な方は発狂してまうくらい恐ろしいやつダス!

毒なんかは持っとらんようダス。

 

 

宮津市にライジングしたダス!

日本三景の一つとして有名な天橋立が今ワシの背後にあるのダス!

 

 

 

今日は空いとるダスが土日だったらかなり観光客の方々がおられるダス。

 

宮津から大江山を越えるダス!

と、途中にOH!コーフン!

棚田の先にチョコンとあるダスな。

ワシはこの手の古墳を好むダス。

このような野にひっそりと存在する古墳をワシは野墳(のふん)と勝手に呼んどるダス!

野糞ではないダスw

大江山からは宮津の海がよく見えるダス!

 

 

大江山スキー場のあたりから山に登る道があったので行ってみたダス!

頂上付近にゴッツイ施設があったダス。

どうも飛行機に関する施設のようダスな。

大江山スキー場の草原でノンビリするダス♪

表面に錆びが浮いとるような色した石があったのでワシの秘密兵器、金属探知機、通称キンタンで反応をチェーック!

普通に金属反応しよるダスな。

鉄鉱石ではないかと思うダス。

その近くに崩れ石室発見!

 

付近の観光看板には古墳と明記されとるダスな。

でも名前は付いとらんようダス。

そんなに遅くまで頑張ってはおらんかったのダスが、陽が落ちるのが早いのですぐ暗くなってきおるダスな。

サッサと帰るダス~♪