みんなのゼミナールのブログ

みんなのゼミナールのブログ

個別指導学習塾みんなのゼミナールのブログです。

みなさんこんにちは晴れ

 

出川教室の則武ですニコ

 

毎日暑い中、授業に来てくれてありがとうキラキラキラキラキラキラ

良い結果が出せるようスタッフ一丸となってサポートしていきますグッド!

一緒に一生懸命頑張ってこの夏を過ごそうねビックリマーク

 

さて、学習塾では学校やお家と違って「しつけ」の部分はあまりしません。

生活態度や言葉遣いなどは特に気にしない先生も多いのではないでしょうかはてなマーク

(目に余ることや周りの子に迷惑がかかることをすれば大目玉かもしれませんが…)

 

でも、こと学習に直結する部分では口酸っぱく注意することもあります。

 

たとえば勉強する「姿勢」についてです。

 

ふだんからそうなのか、あるいは学校でもそうなのかは知りませんが、

「足を組んで問題を解く」「頬杖をついている」

「体がほぼ前のめりで机と目の距離がやけに近すぎる」「片足が机の外に出ている」

などの姿勢はとても気になります。

逆にその姿勢で80分間いられるの??と心配にもなります。。。

 

 

ハッとした子もいるのではないでしょうかはてなマーク

 

勉強と姿勢は切っても切り離せません。

姿勢は勉強が苦手な生徒でもしっかりしている場合ももちろんあるのですが、

勉強ができる生徒はほぼ姿勢もしっかりしていますキラキラキラキラ

人の話を聞くときの姿勢、問題を解くときの姿勢など見ていてとても気持ちがいいものですグッド!

姿勢をよくすると成績も上がるのか、というと、Yesと言えると思いますビックリマーク

 

茶華道や武道など礼節を重んじるものは言うまでもありませんが、

スポーツでも何でもそのものにふさわしい格好というものがあります。

これは先人たちが積み上げた経験から来ています。

どうすれば物事がうまくいくのか、効率よく出来るのかが「型」として伝えられているのです。

「”カタチ”から入る」というのもうまくいったもので、

経験を伝えるのにはそういったことも大切なのかもしれませんね。
 
みなさんも、ぜひ「姿勢」を正し生活してみましょう。
「眠くなりにくい」「ノートの字がずれていかない」
「集中している時の継続時間が伸びた」

などすぐに見て取れる効果もあると思いますよ。

 

 
せっかくの夏休み
変わった自分を2学期に見せるチャンスなので、こういったことにもチャレンジしてみては!?
 
そえではまたバイバイ