えむ心理研究室の定期オンライン家族相談についてご案内いたします。

 

 

◆えむ心理研究室のオンライン家族相談は、定期制・短期更新型のオンライン相談です

えむ心理研究室・家庭教師カウンセラーのオンライン家族相談は、Skype(スカイプ)を介して行います。

 

現在、次のようなコースがあります。

 

  • ひきこもり状態のお子さんを支援するための「親御さんコンサルティング」
  • 不登校状態のお子さんを支援するための「親御さんコンサルティング」
  • お子さんのやる気・成績をアップさせるための「親御さんコンサルティング」
  • お子さんへの関わり方を支援するための「親御さんコンサルティング」
  • 親子関係を調整する「親子カウンセリング」
  • 家族関係を調整する「家族カウンセリング」
  • 家族の話し合いをサポートする「家族会議ファシリテート」

 

Skype(スカイプ)とは、パソコンやスマートフォン、タブレット等でビデオ通話(テレビ電話)のできるソフト(アプリ)です。

 

日本全国、もしくは海外、どちらにお住まいでも、専門的な相談やアドバイスが受けられます。

 

Skypeがお使いの機器にない場合はダウンロード・インストールをお願いします。

 

パソコンの場合

携帯(スマホ)の場合

タブレットの場合

 

*Skypeの設定が難しい場合はご一報ください。

パソコン(あるいはスマホ、タブレット)をお持ちで電子メールをお使いであれば使用可能なビデオ通話(テレビ電話)方法にて調整させて頂きます。

 

 

 

◆親子・家族をめぐる「相互作用」に焦点化した専門的なオンライン家族相談です

親子や家族だけではなかなか改善しづらい悩みに対して専門的にアプローチします。

 

精神分析学や家族力動論を専門とする「家庭教師カウンセラー」が、丁寧にお話をうかがって「現状分析」「対応策・改善策」「変化のための実践」の3点を一緒に考えていきます。

 

・現状分析

「現状分析」では、親子関係・家族関係の力動(相互作用)に焦点を当て、まずは「今、お家の中がどんな状況になっているのか」を客観的に分析していきます。

 

また、親子関係・家族関係だけを見ていくのでは不十分であることがわかってきました。

親御さんやお子さん、またそのほかのご家族にとって関わりのある学校・会社・ご近所・親戚関係などを含めた全体的・社会的な力動(相互作用)の詳細をお聞きし、一緒に洞察・分析します。

 

 

・対応策・改善策

現状分析において相互作用の実態がわかると、おのずと「対応策・改善策」が見えてきます。

 

また、しっかり現状分析をすればするほど、今までとは全く異なる対応が必要だと気づくことが多いです。

 

対応策や改善策は考えついたものをいくつか試し、試行錯誤のプロセスを味わうことが大切です。

 

ひとつ、小さなことを変えただけで劇的に改善するおうちもありますし、

改善案をいろいろ試しながら模索し、徐々に良い方向へ向かっていくおうちもあります。

 

 

・変化のための実践

対応策や改善策を実践するには変化を伴います。

膠着状態が長ければ長いほど、変化には苦痛や恐怖が伴いますし、

変化が大きければ大きいほど、付随する不安・心配も大きくなります。

しかし、これらの感情は当然のことです。

 

頭ではわかっているけれどできない…

こうすればいいと思っても難しい…

 

このような新たな悩みも、家族全体がステップアップしている証拠と思って前向きに捉えましょう。

オンライン相談の時間を活用して、不安や心配を解消し「変化のための実践」をしやすくしていきます。

 

 

 

◆えむ心理研究室のオンライン家族相談 コース紹介

えむ心理研究室の家族オンライン相談は、親御さん(ご夫婦・ご家族)のコンサルティングと親子カウンセリング、家族カウンセリングがメインです。

現時点では次のようなコースがあります。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんの不登校支援】

不登校状態のお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、不登校状態のお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんのひきこもり支援】

ひきこもり状態のお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、ひきこもり状態のお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんの成績アップ支援・モチベーションアップ支援】

成績不振・学業不振・やる気がない・モチベーション低下等の状態のお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、成績不振・学業不振・やる気がない等の状態のお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親御さんorご家族対象のコンサルティング【お子さんへの関わり方相談】

不適応行動のあるお子さんや関わり方が難しいと感じるお子さんがいらっしゃるご夫婦(もしくは親御さんと祖父母の方、ごきょうだいなど、不適応行動のあるお子さんや関わり方が難しいと感じるお子さんのご家族2名様以上)とオンラインで相談させて頂きます。

 

 

・親子カウンセリング・夫婦カウンセリング・家族カウンセリング

冷静に話し合おうと思ってもついつい感情的になりがちな親子の話し合い・夫婦の話し合い、あるいは家族会議において、ファシリテーターとして携わらせて頂きます。

ご家庭ごとのテーマ(問題・課題)について、その中心者である(と思われる)お子さんもまじえて話し合う際にご活用ください。

 

 

 

◆相談者様を「2名様以上」にさせて頂く理由

えむ心理研究室の定期的なオンライン家族相談では、相談者様側には原則として「2名様以上」参加して頂いています。

 

 

・家族の2名が協力してお互いを客観視し一面的な見解を脱することができる

例えば、親子や家族で起きる問題において、親だけ、あるいは子だけに話を聞いた場合と双方から話を聞いた場合とでは、同じ話を聞いたとしてもかなり話の内容に差があることがあります。

 

同じ話を聞いたときに、親子の話の内容の差が小さいほど、親が見ている視点と子が見ている視点が似通っている、あるいは親が子を(子が親を)理解している、と判断できます。

(その家の相互作用によってはそれ以外のケースもあります。逆に親子の話の差が少ない方が問題・課題となるおうちもあります)

 

同じ話を聞いた時、親と子の話の内容が大きく異なるおうちは、少々病んでいると言えることが多いです。

親も子も自分のことに必死でお互いの立場を理解できないでいることが多く、そのお互いを理解できない期間が続けば続くほど、親子の溝は大きくなってしまうケースが少なくありません。

 

ご夫婦の場合も同じです。上記の親と子を、夫と妻に置き換えてお読み頂ければと思います。

 

 

相談者様を2名以上にすることによって、一面的な見方を避けることができます。

家族力動(家族の相互作用)がより明らかに、見えやすくなってきます。

 

そのために、オンライン家族相談は2名様以上の参加をお願いしております。

 

 

・ご両親がお互いをいたわりながらお子さんと接するのが大事

また、お子さんとの関わりに関しては、ご両親の相互監視…と言ってしまうと齟齬があるかもしれませんが、ご両親がお互いをいたわりながら、お互いにお子さんに対して適切な関わりができているかをチェックする機能が必要です。

 

例えば、「そんなに干渉していないんだけど…」とおっしゃるお母さんはよくおられますが、お父さんにお話を聞くと「いやいや、めちゃめちゃ干渉してるじゃん」というお話にもなります。

 

この例の場合、本来ならここで、ご夫婦でお子さんとの関わりについて和やかに相談していければ良いのですがいろんな事情・感情が重なってむしろ夫婦仲が良くなくなってしまう…という悪循環にハマるおうちが少なくありません。

 

そのせいで、余計にお母さんはお父さん(夫)を無視してお子さんに干渉しがちになるし、お父さんはないがしろにされた感によってさらに母子の関わりから逃げ出したくなってしまいます。

 

ぜひ、ご両親(ご夫婦)で、オンライン家族相談を活用してください。

夫婦の絆も深まります。

 

夫婦の絆が深まるとお子さんの不適応行動は改善します。

お子さんのためにも、ご両親、ご夫婦で、がんばっていきましょう。

 

 

 

◆オンライン相談の期間

オンライン相談は基本的には3ヶ月を1クールとさせていただきます。

3ヶ月で到達できそうな目標を初回面談~2回目の面談にて相談のうえ設定し、3ヶ月で一旦終結とします。

終結が近くなりましたら、相談のうえ、4ヶ月目以降の更新も可能です。

 

1ヶ月ごとにご入金頂きますので1ヶ月あるいは2ヶ月で終結することが可能です。

(1ヶ月〜2ヶ月で終了された場合は、後述する【無料フォローアップ面接サービス】の対象外となります。ご了承ください)

 

・オンライン相談のコース変更

コース(相談頻度)の変更は同月内ではお受けできません。  翌月のご入金までにお申し出頂ければ、翌月からコース変更(相談の頻度の変更)が可能です。

 

・オンライン相談のキャンセル(途中退会)

月途中での面接継続キャンセル(月途中での退会)は原則お受けできませんが、ご事情によっては相談のうえ承ります。

その際の残金はご指定の口座に返金致します。

振込手数料を含めた事務手数料1000円を月額の残金から引いた額を振込致します。すでに消化した面談の分は返金できません。ご了承ください。

 

・次回面談のキャンセル・予約日時変更

日時変更のご連絡はできるだけ速やかにくださいますようお願い申し上げます。

 

次回の予約日時を決めたけれどもお仕事や体調不良等で急に都合がつかなくなり日時変更をしたい場合、

予約日時の48時間前までにご連絡を頂ければキャンセル料は発生しません。

予約日時まで48時間を切ってからのキャンセルおよび予約日時変更は、3000円のキャンセル料が発生致します。

 

月に1度まででしたら予約日時まで48時間以内のキャンセル・予約日時変更でもキャンセル料は発生しません。

 

キャンセル料は翌月の御代と合わせて当月末までにお振込ください。

当月で3ヶ月目で更新の予定がない場合はお手数ですがキャンセル料のみ当月末までにお振込みください。

 

・遅刻について

予約日時から20分を過ぎてもご連絡を頂けない場合は当日キャンセル扱いとさせて頂きます。

 

遅刻につきましては10分程度でしたら都合致しますが、家族相談ですのでお一人様だけお遅れになる場合はすでに準備できておられる相談者様との面談を始めさせて頂きます。

例えば夫婦でカウンセリングをされている場合でご主人がどうしても予約時刻に間に合わないけれども奥様が準備できているといった場合には、先に奥様との面談を開始させて頂きご主人に合流して頂く・・・等です。

 

ご状況・ご事情にもよりますので相談参加者様の遅刻時の対応についてはご家族毎に相談させて頂くことが可能です。

 

・月内に面接回数を消化しきれない場合

3ヶ月で1クール終了するまでは、僭越ながら他のことよりもできるだけオンライン相談を優先して頂く方が問題・課題に集中していただけるためにさまざまな良い効果が出やすいですが、

 

お仕事・ご家庭のことなどでどうしても月内に規定の面接回数を消化しきれない・・・ということも起こりうると思います。

 

ご事情によっては、

月ごとに1回分、翌月へ持ち越し可能です(出来るだけ翌月内に消化して頂ければ助かります)。

 

何かありました際にはどうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

◆オンライン相談の料金

初回相談…50~60分:5000円

 

初回相談以降のオンライン相談料金はいずれも月額です。

頻度によって以下の3タイプに分かれます。

 

 

・月に2回…29000円/1ヶ月

2週間に1回のペースで相談を行います。

現状分析で一旦終結するケースと、対応策・改善策の気づきまでたどり着くケースが多いです。

あせらず現状分析をしたいご家庭、ちょっとずつ進みたいご家庭にオススメです。

 

・月に4回…49800円/1ヶ月

1週間に1回のペースで相談を行います。

1クール(3ヶ月)継続することで、現状分析から複数の対応策・改善策を見出すケースと、対応策をひとつふたつ実践し様子を見るまで到達するケースが多いです。

しっかり現状分析したいご家庭、じっくりと確実に変化させていきたいご家庭にオススメです。

 

・月に6回…72000円/1ヶ月

1週間に1~2回のペースで相談を行います。

1クール(3ヶ月)継続することで、詳細な現状分析からいくつかの対応策・改善策を見出し、変化のための実践を複数試行し効果を実感できるケースが多いです。

膠着状態の長かったご家庭、洞察や分析に向いておりかつそれらに抵抗の少ないご家庭、さまざまな変化を家族で受け止め乗り越えていける覚悟のある方がひとりでもいらっしゃるご家庭にオススメです。

 

 

いずれも税込価格になります。

 

 

 

 

*カウンセラーが各ご家庭に集中して関わらせて頂くために、新規のご家庭の相談申し込みは毎月2件までとさせていただいております。

 

*相談中のご家庭の頻度や更新状況にもよりますが、初回面談後、1~6ヶ月お待ち頂くことがございます。ご了承くださいませ。

 

*相談時間は基本的には1回50分前後です。

月に1〜2回、1時間〜2時間ほどの長時間面接とさせて頂いております。

長時間面接時は、相談に加えて家族心理査定や家族描画療法、マンツーマン面接等、ご家庭毎に効果があると思われるオプションをご家族のみなさまと相談しながら組み込んでまいります。

 

*1クール(3ヶ月)終了された場合、2週間後〜1ヶ月後に1回【無料フォローアップ面接】(「その後いかがですか」的な振り返り面接:45分程度)を受けて頂けます。

 

*初回面談の料金はお申し込みフォームおよびメールのやりとりでご予約日時が決定次第、お知らせする入金先へお振込みください。

 

*定期面談の開始後、2ヶ月目および3ヶ月目に関しましては、月末までに次の月の月額料金をご入金ください。

 

*恐れ入りますが振込手数料はご負担頂きますようお願い申し上げます。

 

 

 

◆各種機関との連携

医療機関、行政など各種機関とは可能な限り連携させて頂きます。

また、こちらから各種機関との連携を提案することがございます。

特に、以下の場合はオンライン相談だけでは改善が難しいことが多いですので適切な機関への訪問を提案させて頂きます。

 

・不登校やひきこもりが長期に及んでいる場合

・発達の特性が疑われる場合

・虐待やDVがある場合

 

 

 

◆オンライン相談を適用できないご家庭

次のようなご家庭にはオンライン相談はむしろ逆効果となる可能性がございますので相談をお引き受けしかねることがあります。あるいは即時中断をさせて頂くことがございます。ご了承ください。

 

・症状・心理状態などからオンライン相談の適用が難しいと判断される場合

・オンラインでは受け止めるのが難しい症状や課題がある場合

・お時間を守っていただけない場合

・予約時間以外にメール、電話、スカイプ等をされる場合

・現実検討力の低下や良識の欠如がうかがえる場合

・心療内科・神経科・精神科等へ通院中でオンライン相談について主治医の許可が得られていない場合

・各種機関との連携について共通理解が得られない場合

・カウンセリング・コンサルティングの進め方について共通理解が得られない場合

・激情に任せて大きな声や物音を出される場合

 

 

*****

 


ご覧頂きありがとうございます。


オンライン家族相談をご希望の方は えむ心理研究室 メールフォーム からお申込みください。

 

 

 

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)

お申込み・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ スカイプ等
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……

2018/10/2 更新