💙クレンジングの仕方💙

クレンジングの役割はこの2つ。

1. 化粧を落とす
2. 溜まった老廃物を落とす

洗顔せっけんしかなかった頃と比べると、いろんな種類がある今日。
肌タイプや洗浄力によって本当にさまざまなものがあります。
今日はクレンジングの種類について見ていきます👀✨


💙クレンジングフォーム

クレンジングフォームは一番多い製品ですよね。
やわらかい泡で老廃物を洗い出してくれるクレンジング製品です。

使い方もとってもシンプル。
水を顔につけ、クレンジングフォームを手や泡立てネットに適量出し、泡立てます。
顔につけてローリングさせてクレンジングした後に、ぬるま湯で洗い流せばOK。

 フォームクレンジングは顔の皮脂膜も洗い流してしまうため、少しつっぱり感があることもあります。そのため、洗顔後にはスキントナー、ローションをしっかりと塗ってくださいね。

似たクレンザーとしてはクレンジングムースがあります。
フォームクレンザーと使い方は一緒ですが、元々泡なので刺激が少なく、洗浄力も低いとされています。
クレンジングムースは仕上げの洗顔や、化粧をしない日の洗顔としておすすめします。


💙クレンジングオイル

クレンジングオイルもクレンジングフォームの次に一般的な製品です。
オイルなので油分が多く、洗顔後につっぱりがないのが大きな長所です。
洗浄力も優れている方なので、需要もどんどん高まっています。

クレンジングフォームとは使い方が違うので、
集中!してくださいね。
洗顔前に水気のない手のひらにオイルを出し、洗顔する部位にやさしくローリングしながら老廃物を溶かし出します。この時、顔にオイルをつけた後水を少しだけつけてローリングすると白く乳化され、さらによく溶けだします。
注意点としては、ローリング時間が長いとオイル成分が毛穴に詰まってしまうため、1~2分程度ローリングして水で流してくださいね。

また、目元を集中的に洗うときには目に入ってしまうこともあるので、目元のポイントメイクはリップ&アイリムーバーで落とすのをおすすめします。
クレンジングオイルは乳化現象によって集中的に落としてくれるので見てるのも楽しいです😄肌への刺激も少ないですよ。


💙クレンジングウォーター

クレンジングウォーターはめんどくさがりの方や軽めのクレンザーをお求めの方におすすめする製品です!
刺激も少なく、さっぱりとしたテクスチャーです。

一番の長所は、クレンジングした後に洗い流す必要がないところ!
コットンにクレンジングウォーターをしっかりとひたして肌のキメに沿ってやさしく拭っていけば終わり。ポイントメイクは5秒以上ぐっと押して拭えば落とせるとされていますが、肌にやさしく軽めのテクスチャーなので洗浄力が他の製品よりも弱いのも事実。

化粧が濃いめの日にはポイントリムーバーできちんと落としてくださいね♡


💙クレンジングティッシュ

クレンジングティッシュは旅行用品で必須アイテム!
簡単に一枚でポイントメイクまで落としてくれるのがいいですよね~!
使い方もシンプル。一枚出して顔を拭って終わり!

ただし、肌に直接ティッシュを当てるため、他のクレンザーより刺激があり、ティッシュに溶け落ちた化粧品や老廃物が毛穴に詰まることもあるため、毎日ティッシュだけでクレンジングするのはキケン!!!
本当に気力・時間がないとき以外にはクレンジングティッシュを使った後にさらに洗顔をすればきれいな肌にすることができます♡


💙クレンジングクリーム

クリームテクスチャーのクレンザーであるクレンジングクリームは、油分が多く重めのため冬に使うとぴったりの製品です。
顔にクリームを塗ってローリングして老廃物と化粧を溶かし出します。
溶かし出した後、水で洗い流してもいいですし、ティッシュで拭って落とせばさらによく洗い流せます!
クレンジングフォームで仕上げをして、なめらかな肌にしましょう(*^^*)

クレンジングクリームでなめらかに洗顔をすれば、クレンジングフォームよりは強力な洗浄力を持ちながら、クレンジングオイルよりは軽めのテクスチャーで、いろいろと長所が多いクレンザーになります。

クレンジングミルク(ローション)という製品も売り出されています。
使い方はクレンジングクリームとほとんど一緒!ただしクリームではなくローションなので水でよく洗いだせるようです。
そして少し肌にやさしくなります!その分洗浄力は落ちてしまいますので、参考までに♡


💙クレンジングジェル

ジェルは一般的ではありませんが、魅力的なクレンザーです!
クレンジングティッシュとクレンジングウォーターよりは粘度があり、肌に刺激が少ないのに洗浄力は高いとされています。
ただし濃いめの化粧の時には二重洗顔が必須になります。

粘度があるのでローリングが少し難しいですが、すべらないテクスチャーのため、オイルのテクスチャーが苦手な方にはジェルをおすすめします。
洗顔の前にすっぴんの状態でジェルを塗りローリングした後、水で軽く洗い流せば終わり!簡単にさっぱりとしたクレンジングができるクレンザーです。



普通のメイクの日には洗浄力もよく、ぬるま湯にもよく溶けるのでさっぱりとした仕上がりになります。