肌の色に関する4つの誤解

2月は旧正月のある月ですが、

アメリカではブラックヒストリー月間(アフリカ系アメリカ人のヒストリー月間)です。

Wishtrendはソウルを拠点とする韓国企業ですが、

Wishtrendと共にスキンケアの旅をするコミュニティやユーザーがアメリカで増えています。

そのため、Wishtrendはブラックコミュニティー緊密に協力し合うだけでなく、

ブラックコミュニティーを中心に展開するスキンケアアイディアについて私たち自身に知識を与えるようにしています。ハート

すべてのスキンタイプとカラーの人と共に歩むため、

肌色が暗めの人のスキンケアについて人々が一般に抱く誤解について見ていきたいと思います。グラサングリーンハーツ

 

私たち全員が、今回の記事を通して肌の理解を深めることができるようになるかと思います。お願い!!

 

エステティシャンである Dija Ayodeleによって設立されたブラックスキンディレクトリのように素晴らしい情報源を手に入れることができました。

Dija Ayodele は皮膚科医、エステティシャン、「より肌の色調が暗い生理学」を理解しているスキンケア専門家を見つけることでスキンケア業界に革命をもたらしています。

 

誤解1:SPFプロテクションはオプション?ルンルン

より高いレベルのメラニンが肌に見られ、対応光線に対する体制を高めることが科学的に証明されています。肌の色が暗めの場合にはSPFはオプションであるというのは誤りです。

メラニンは太陽からの有害な光線から完全に保護するわけではないため、皮膚がんの可能性もあるのです。

 

Dijaはさらに、

「日焼け止めはオプション」というのが最も危険だと述べています。

「誰でも皮膚がんにかかる可能性があります。肌の色が濃いメラニンはがんのない生活を保障するものではありません。ただし研究によるとがんを発症する可能性が、比較的少ないことは示されています。しかし知識や意識が欠けていたり、毎月の皮膚検査、日焼け止めの使用をしないなど、より致命的であることが証明されています。ブラックスキンはUVB/A光線から保護するために最小限SPF30を使用する必要があります。メラニンにだけ頼るには十分ではなく、適切な保護をしなければ皮膚がんなどの病気にかかりやすいのです。」

 

誤解2:エイジングは問題ではない?てへぺろ

肌の色素が濃い場合には薄い場合よりも小じわやシワの兆候が遅いペースで表れる場合がありますが、メラニンのおかげであって、エイジングの影響を受けないという意味ではありません。

 

Dijaは、

「小じわやシワなどのエイジングが表れないという神話には、確かにその背後に真実があります」。肌の色合いが暗いほど、メラニンのレベルが高くなります。日焼けによるダメージや汚染などの外部ダメージから肌を保護するのに役立ちます。ただしDijaは、より色素の濃い肌でもエイジングの影響を示していると述べています。「それはまだら、色素沈着過剰、シミ、およびホクロの形です。」

 

American Osteopathic College of Dermatology(AOCD)は、ホクロについて次のように説明しています。「身体で日光に当たった領域に発生する良性病変は年齢とともに増加する傾向があり、中年以上の人口に共通しています。」一般的に手の甲と顔に発生します。

 

誤解3:色素沈着過剰はもとに戻らない?びっくり

肌の色素が濃い場合の誤解の1つは、

肌の色素が濃くなると色素沈着が元に戻らないというものでした。

しかし、スキンケアや、利用可能なさまざまな成分や治療法のスポット使用も可能なため、

必ずしももとに戻らないものではありません。

 

色素沈着過剰に関して、Dijaは特に色素沈着過剰の治療法を利用し、次のように述べています。「有色人種の色素沈着過剰は間違いなく専門的な手段で治療できるものです。クリニックでの迅速で安全な治療で、毎月または隔週のケミカルピーリングで、色素沈着を解消します。これにより、角質を落とすことを促し、余分な色素沈着細胞がすばやく除去されます。」

 

誤解4:色素の濃い肌はレーザーやケミカルピーリングのような高度な治療を受けられないニヤリ

適切なツール、成分、医療技術を使用する方法について説明したように、

肌の色に関係なく、不可能なことは何もありません。

 

Dijaは次のように説明しています。

「可能です。適切な機器と製品を使用する経験者の指導の下で。

テクノロジーは非常に進歩しており、すべての肌の色に多くの治療オプションがあります。」

 

非常に多くの種類の化学薬品が利用可能であるため、

それらがどのように機能し、何に使用できるかについて知ることが重要です。

ほとんどのピーリングはアルファヒドロキシ(AHA)またはベータヒドロキシル(BHA)ベースですが、ピーリング剤は単独で、または互いに組み合わせて使用​​されることもあります。