樹齢300年以上の古樹茶専門「ロンシュ ティー」の公式ブログ ~大自然から健康と美をいただく贅沢~

樹齢300年以上の古樹茶専門「ロンシュ ティー」の公式ブログ ~大自然から健康と美をいただく贅沢~

樹齢300年以上の古樹茶専門『Long Shu Premium Tea Brand』の公式ブログ。無農薬・無化学肥料の古樹茶パワーで、大自然から健康と美をいただく贅沢を共に享受しよう!ロンシュが主宰する茶会『漫漫茶庵(まんまんちゃあん)』の開催情報や古樹茶にまつわるい・ろ・はを紹介。

○ ロンシュ定番商品メニュー 一覧はこちら


○ 漫漫茶庵メルマガ登録やLINEお友だち追加でお得な最新情報や特典をGET!


○ OETC日本支部中国茶文化教育プログラム


○ 「BLACK NOTE」・・・ 随時ご予約受付可能。「BLACK NOTE」とは『古樹茶の”ウラ”手帖』。その時に その場にいるメンバーで茶譜を決める。古樹茶に酔いしれホンモノと戯れる自由な茶席。下記問い合わせ先よりご希望の日時をお知らせください。


【申し込み・お問い合わせ】
Tel:045-878-3696  Email:shop@ecolusso.jp
もしくはFacebookページにメッセージをお寄せください。

プーアル茶を嗜む人なら、必ず行き着くのが古樹プーアル茶。

 

なぜ大枚をはたいてまで、古樹茶にこだわるのかと、プーアル茶愛飲家やプーアルコレクターたちに尋ねると、

揃って口にするのが、

 

「古樹茶の価値をいただいているのだ」 と。

 

茶とは飲むものであり、美味しければ、ファンが増えるのは至極あたりまえなことだ。

 

だが、数多の茶人が古樹茶を好んで飲む理由は、ただ美味しいからだけではない。

 

飲むに値する価値があるからだ。

 

では、古樹茶の何をいただいているのか、具体的に挙げてもらった。

 

 

 

一、大自然の生態を感じ、その恩恵をいただく。健康のためにいただく。

①樹齢が大きく、生態環境も良好、豊富な栄養分を含む古茶樹(樹齢200年以上)は、土壌の深いところに根を生やし、一般的な茶畑のお茶や若い樹齢のお茶に比べて、圧倒的なミネラルや様々な栄養素を吸収している。一般的に、雲南省は総じて良好な生態環境を保ち、公害汚染も少なく、生物の多様性がしっかりと保護されており、生態環境においては常に中国トップクラスを誇る。また、古樹茶を作るための原料となる新鮮な茶葉は、雲南少数民族が住んでいる山の奥深〜くから由来し、古茶山の生態環境はさらに良く、かつては桃源郷と称されたほど。古六大茶山の古樹茶をはじめ、洗練された古樹茶は、山緑とオーラ(霊気)が凝縮されており、古樹茶を抽出した茶湯は雲南の山河を反映しているかのよう。

 

②化学肥料も農薬も使わず、天然野放なら、環境に優しく健康に一層良い。古茶樹は長い成長過程において、茶樹自体の調節能力、病気や害虫、自然災害に対する抵抗力が非常に強く、人工的な管理は必要なく、完全に茶樹の自然な成長よるものである。自然な状態で力強く成長している古茶樹の新鮮な茶葉を原料に作られた古樹茶は、当然自然にやさしく無害で、かつ人間にとって長期飲用に適した貴重な資源でもある。

 

 

二、オールハンドメイドの古来伝統製法による匠の心意気を感じながらいただく。

古来からの伝統製法によって、匠の心意気を堪能できる天然の古茶樹の資源はとても希少で、総面積は雲南省の総茶園面積の7%にも満たない。ゆえに、手に入れられるホンモノの古樹茶はいずれも貴重なものである。 このように貴重な古樹茶ともなれば、当然のことながら仕入れコストは高くなる。


「石磨手工」

各茶メーカーは、伝統製法の手作業で仕上げた職人技を好み、古樹茶を完璧な状態で保存するため、その価値は一層上がる。昔ながらの伝統手製法で作られた古樹茶は、機械で作られたお茶よりも自然味に溢れで、口当たりもよく、飲み心地がとても良いのだ。

 

 

三、茶の道の醍醐味をいただく

甘みとコク、味わいを堪能し、その時の気分で茶をたしなむことは一種の美学であり、贅沢でもあり、古樹プーアル茶を飲むことは、さらなる哲学と贅沢の極みである。

 

 

①茶の美しさを観る

古樹茶に含まれる栄養素は非常に豊富で、生育環境は素晴らしく、大自然の中にある。古樹茶は通常葉が肥えていて、芽は白いうぶ毛に覆われている。

 

②茶を味わい、広がる香気に酔いしれる

良き古樹プーアル茶は、ピュアな香りが長続きし、何層にもわたる変化に富む。その違いは、香りが豊かで広がりのあるお茶もあれば、落ち着いた含みのある深い香りのお茶もある。心地のよい清々しい香りのお茶もある。なめらかな口当たりで甘みが持続する古樹プーアル茶は、茶湯を口に入れるとなめらかでふっくらとした飲みごたえのある味わい。

 

③趣深く、強烈な体感

古樹茶で抽出した茶湯を口に入れると、甘くてなめらか、しっとりとした香りのよい口の中での体験を人々にもたらしてくれるだけでなく、お茶を飲んだ後は、口から喉までが広がり、喉越しがなめらかで清涼感があり、茶氣が徐々に現れ、手のひら、首の後ろ、お腹のあたりが少し熱くなったり汗をかいたりするのを感じる。質が極めて良いプーアル茶の中には、特に香りに特徴があるプーアル茶だと、丁寧に淹れると内なる香りを放つ。長年お茶を飲んできた経験があり、特に体が敏感な茶のお客様だと、その内なる香りを感じることができる。

 

④後味が長く堪能できる

古樹茶のもう一つの魅力といえば、お茶を飲んだ後の後味にある。 この後味は2つに分けられる。1つ目は口の中に残っている茶の香り、甘さ、生津(唾液の分泌を促す)。2つ目はお茶を飲むことでもたらされる、心の中のもやもやがスッキリし、全身がリラックスして快適になるといった体感反応である。これは古樹茶ならではの茶氣のチカラだといえよう。



⑤茶氣

これに関しては、ぜひ古樹茶を飲んでもらい、自身で体感してもらいたい。

漫漫茶庵では、おひとり様から茶席のご予約を承ります。古樹茶の魅力を体験したい方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

 


まとめ:古樹茶を飲むということは、我々は一体その何をいただいているのか?


我々は古樹茶を通じて、エコで、健康的で、雲南の山々に降り注ぐ日光や雨露など大自然からの恩恵をいただいているのだ。雲南大葉種の古樹独特の甘さ、甜み、栄養、香り、心身に行き渡る生命エネルギー(茶氣)を享受できる唯一無二の存在なのだ。

 

ぜひ漫漫茶庵で古樹茶の魅力に触れていただきたい。

 

 

「漫漫茶庵(まんまんちゃあん)」
樹齢300年以上の古樹茶専門茶葉元 ロンシュ(Long Shu)の通販サイト
www.longshutea.com

・古樹茶ってなに?ロンシュについて

・ロンシュ定番商品メニュー一覧

・お客様の声

・漫漫茶庵メールマガジン&LINE友だち追加

・漫漫茶庵茶会のご案内

・OETC日本支部中国茶文化教育プログラム

・出張茶会、古樹茶講師派遣のご依頼
(古樹茶セミナー、ホームパーティーでのお茶会、企業研修、地域イベントやコミュニティでの教室開催なども承っております。お気軽にお問い合わせください。)

・お問い合わせ
Tel: 045-878-3696
Email: shop@ecolusso.jp
もしくはFacebookページにメッセージをお寄せください。

ロンシュの古樹茶は、すべて雲南 省で自然の生態系のもと自生し、長い年月にわたり厳しい自然環境を生き抜き、大自然からの恵みを豊富に培った生命力の高い無農薬・無化学肥料の樹齢300年以上の古茶樹から手摘みした茶葉で、古式製法で仕上げた自慢のお茶です。