子宮頸部腺癌1b1期と告知されたMiuの日々の記録

こちらのブログを見に来てくださった方へ

2017.4月に子宮頸部腺癌(ⅠB1期)と宣告されたMiuの闘病記です。

現在は経過観察に入っており、日常を綴った記事も増えるかと思います。


大まかな流れは「はじめに 」、手術・入院中のことは「手術・術後の入院生活 」に書いています。


入院中に書いたメモを元に少しずつ遡り、闘病記を書いておりますので記事のUP時と実際の日付は異なります。

拙い文章になりますが同じ病気の方に私の体験談が少しでもお役に立てたら幸いです。




当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらぽちっとお願いします。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへ
にほんブログ村
  • 18Jul
    • 最近のあれこれ

      お久しぶりです。気がつけば前回の更新からちょっと間が空いちゃいました。この暑さにやられてます…今日は頭痛がひどい。さっきお腹PPにもなっちゃったのでブログUPしたら早めに寝ようと思います。便秘になったりPPになったり忙しいなぁ、わたしのお腹は。普通でいいのよ普通で。放置気味の全然参考にならなそうなブログなのに見に来てくださってる方がいらっしゃることに驚いてます。告知された人が先輩方のブログを読み漁ってるのかな。去年の自分もそうだったように。今は辛くても心から笑える日は必ずくる。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+最近お出かけしたことなど書いていこうかと思います。介護とかあれこれ忙しいけど自分の時間を少しずつ確保できるようになってきました。前に比べたら三分の一くらいだけどそれでもありがたい。わたしにとって趣味は心のオアシス。もう先月になっちゃうけど大人気作品のインド映画バーフバリに出演してる俳優さんの来日舞台挨拶がありました。クマラ役のスッバラージュさん。愛称はスッブ!チケットを無事確保できたので川崎まで行ってきました。もうね、最高でした。スッブの人柄の良さが滲み出ていて最高しか言えない(語彙力低下)バーフバリ劇場で何回観たかな。4月から観てなかったから久しぶりだったんだけど10回くらい?わたしはまだまだ少ない方。先日お会いしたお友達は30回観たそうです(すごいw今月の初め頃には学生時代の友達とランチ。写真は撮ってないけど楽しかったー。友達の肩に何食わぬ顔でカナブン止まってたから始めブローチかと思って。笑さすがにカナブンのブローチは付けないだろうと思って教えたけど。。虫は大の苦手だから教えてあげるだけで払ってあげられなかった…ごめんよ。先日は趣味繋がりの人たちとランチ。美味しいランチを食べながらみんなでわいわい話してきました。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+来週は3ヶ月ぶりの検診です。検診近づいてくるとちょっと憂鬱になりますね。術後1年のCT撮ってないのが地味に気になっていて。CT撮って異常なしを確認しないと落ち着かない。来週CTのこと聞いてみよう。最近やっと落ち着いてきたけど腹痛のことも伝えとこう。もしかしたら疲れとストレスからきてたかもしれない→腹痛+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      21
      4
      テーマ:
  • 09Jul
    • 戻ってきた…?

      オシモ関係の話なので苦手な方はスルーして下さいね。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ある日のこと。バタバタしていてトイレに行くのを忘れていました。たぶん5〜6時間くらい。もっとかも。お水やらアイスティーやら水分はたくさん取っていたのにトイレに行くのが面倒でつい。膀胱あたりがちりちりしてたけど家に帰ったらのんびりしようと思ってました。そうしたら。久々に尿意らしきものが!漏れそう!みたいな感覚があったんです。あまりに久々だったから「これって尿意…?」と気付くまで少し時間がかかった。その時家族のお見舞いで病院にいまして。本当は家のトイレでゆっくりしたかったけどそうも言ってられないので仕方なく病院のトイレへ。出来ることなら家のトイレでのんびりしたかった←しつこい潔癖じゃないけどあまり外のトイレは使いたくないタイプ。使う時は除菌シートで便座拭いてからにしてます。これだけ見ると潔癖っぽいですね笑手すりとかは普通に触れるので潔癖じゃないけどトイレ関係だけはなぜか気になります。とうとう尿意戻ってきたのねー♡とお祝いするレベルで喜んだのもつかの間尿意らしいものはその1回きり。でも、1回きりでも嬉しかった。いつでも戻ってきていいんだよ?尿意。戻ってきてほしいと思う反面、ほんの少しだけ面倒と思う部分も。術後尿意とは無関係で過ごしてたから自分のペースで時間を見て行きたい時に行くという生活に慣れてしまってます。長時間の映画観ても尿意の心配なく集中して観れてるけど尿意戻ってきたらそうもいかないんだろうな。ライブの時もそう。それだけが少し面倒に感じちゃう。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      27
      10
      テーマ:
  • 03Jul
    • ホルモン補充療法6ヶ月経過

      毎日毎日暑いですね。地味にお腹がチクチク痛い日があり気分的に何となく気になり少し落ち込んでいる今日この頃。術後から痛みには敏感。最近のちょっとした悩みは…電車とかバスに乗っててお腹が痛くなり優先席に座りたくなるけど気が引けて座るのを我慢しちゃいます。見た目は健康そのものに見えるだろうから。病気とは無関係の人間に見えてることでしょう。座って誰かになにか言われたら面倒だなと思って我慢しちゃうんですよね。脱いだら病人ってすぐ分かるけど笑+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ホルモン補充療法を開始して6ヶ月経ったので身体の変化など振り返ってみようと思います。まったく何の症状もないという訳じゃないけど比べ物にならないほど楽になり世界が開けました。ホットフラッシュ去年の退院後からじわじわと始まったホットフラッシュ。暑さ寒さ関係なく回数も増えていてしんどかったです。これくらいでと思われるかもしれませんが1時間に2~3回いきなり火照って汗が噴き出るのは泣きたいほど嫌でした。現に悔しくて泣いたこと数回あり。お風呂後に滝汗が噴き出すのは本当に腹立たしかったんです。髪にドライヤーかけるのがまた苦行で。目の前に扇風機スタンバって暑くなってきたら扇風機で涼んでからまたドライヤーをかけるのを繰り返してました。時間がかかって仕方なかった。ホルモン補充療法開始後1週間くらい経った日から徐々にホットフラッシュの回数が少しずつ減り始めたのを実感。2週間目にはだいぶ楽になり激減していました。半年経った今も同じでほぼない状態です。たまーにカッと暑くなる時はあるけどたまにだから「ホットフラッシュ久々だね!」って感じで余裕です笑季節に応じて適応してる身体になれたことが嬉しい。汗はよくかくけど、この暑さだし着圧ストッキングはいてるからだと思う。暑いけどはかないと足が痛くて浮腫むしね…(遠い目膝の痛み術後気がついたらいつからか痛むようになってしまった膝。はじめは多少の痛みだったのが日を追うごとに痛みが増していきました。ただ歩くという動作がしんどくなるほどの痛さの時もありました。朝の寝起きは膝が固まってるからか1番痛かった。痛みで目がさめることもあった。膝の痛みもホルモン補充療法開始後1ヶ月経った辺りでだいぶ痛みも楽になっていました。今はほぼ痛みなしです。たまにズキっとした痛みがあるけど許容範囲内。最近は昔怪我した左足の甲の方が痛い。某駅で階段から滑り落ちてヒビ入っちゃったところ。20代の時にやった怪我なのになんで最近痛むのかしら…目眩激減を維持しています。目眩は退院後ホットフラッシュが始まったと同時に症状が出始めました。突然目眩が始まるので出先でなる時は怖かったなぁ。いきなり視界が斜めになる感覚は目眩が治った今でも忘れられない。激しい動悸激減を維持しています。動悸だけなら「どうした?どうした?」とある程度冷静でいられたけどホットフラッシュと目眩と激しい動悸のコンボで訪れる時はまさに恐怖でした。全然嬉しくないコンボ。疲れやすさ軽減された状態を維持してると思います。術後1年経過してるしだいぶ動けてるけど術前とはやっぱり違う。最近心身共に疲れてるので寝ても寝ても身体がだるいけど卵巣欠落症状とは無関係だと思う。多分。まだ7月上旬なのにすでに暑さにやられてるのかも。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+術後1年の記事にも書きましたがわたしはホルモン補充療法を始めてよかったと心の底から思っています。再発リスクや乳がんリスクはたしかに気にはなります。気にはなるけど生きている間はなるべくストレスのかからない生活をしたいと思ったのがホルモン補充療法を始めたきっかけ。ホットフラッシュや膝の痛みもしんどくて我慢してたけど辛くて思わず泣いてしまっていた頃ずっとこの状態を我慢していたら生きていても楽しくないと感じてしまったんです。命があるだけ有難いのは分かってます。分かっててもそうは思えなかった。何気ない日常ですらままならない状態から解放されて普通に過ごせることの喜びといったらもう。エストラーナテープ様様です。エストラーナテープの上から防水テープ貼ってるんだけど最近テープかぶれするようになって痒い。上から防水テープ貼らないと取れそうで心配だしどうしたものか。痒いのはこのまま我慢するべきなのかな。。テープといえばアトファインテープも最近かぶれてきて痒い。前まではなんともなかったのに。汗かくから蒸れてかぶれに繋がってるのかな。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      25
      8
      テーマ:
  • 27Jun
    • LUNATIC FEST.2018

      またまたお久しぶりです。今週は毎日暑いですね。まだ6月なのにこんなに暑くて身体がついていかない。前にも書いたけど相変わらず大根おろし愛食してます笑大根おろしも食べつつ食事はしっかり食べてます。去年の夏くらいからゆるくダイエットしてたけど今は倒れるわけにはいかないと考え直しもりもり食べることにしました。その結果また太りました\(^o^)/←当たり前ダイエットは色々落ち着いてからでいいや。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+先週末LUNATIC FEST.2018に行ってきました。術後のライブ解禁は去年の11月だったけど長丁場のライブは術後はじめて。何時間も立ちっぱなしになるであろうフェスだったので楽しみな反面、身体の心配はつきものの参戦でした。2015年のLUNATIC FEST.に行ったんですがライブの楽しさを思い出させてくれた思い出深いフェスなのです。歳を取ったからか大好きだったライブにも足が遠のいていたけれどライブに行く楽しさを思い出させてくれて魂を揺さぶられる素晴らしい時間なことを再確認できた日。LUNA SEAのライブの初見は中学生の時。友達数人で武道館に見に行ったなぁ。真っ黒い格好をしてw今写真見ると子供が頑張って大人ぶっちゃっててギャグにしか見えない。あれから数十年経ってしまいました…時が経つのが早すぎる。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+この日朝からバタバタで会場に着く前からすでにお疲れモード。フェス自体は11時からスタートだけど会場に到着したのは13時半ころ。朝から何も食べてなくてお腹空きすぎてたので到着後すぐフードエリアに直行してまずは腹ごしらえ。笑この日のお目当のバンドはLUNA SEAとGLAYとback numberです。途中までは適度に休憩入れながら楽しんでたけど終盤が近づくにつれて場所取りもしないといけないから立ちっぱなしに。足がじんじん痛かったけどLUNA SEAのライブが始まると足の痛みも忘れてました。WISHという大好きな曲があります。聴いていて「この曲好きだなー」と笑顔にはなるけど今まで聴いていて泣いたことはなかった。今回は自分の病気のことや最近のこれでもかというくらい色々あったことなどを思い出し涙が勝手に溢れ出してきて本人が一番びっくり。。大病して大きな手術を受けてもこの場所にまた戻ってこれたという嬉し涙もあったと思う。色んな思いと感情が駆け巡っての涙でした。素晴らしい夢のような時間をありがとうございました!音楽の力って偉大。ライブは最高です。楽しんだその代償で(?)ただいま絶賛鼠径部が両方ともぷっくり腫れて痛みも少しあります。うん、知ってた!こうなるんじゃないかと予想してたもの。予想してたけど実際ぷっくり腫れると少しショックですね。しばらくはリンパドレナージュしっかりやらないとなぁ。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      14
      8
      テーマ:
  • 15Jun
    • 嫌な痛み

      お久しぶりです。早いもので気付けば6月も中旬ですね。毎日時間に追われていたらいつのまにか梅雨に突入してました…7月は待ちに待った進撃の巨人3期のアニメが始まるのが今から楽しみです。この情報を聞いた時はまだ寒い時期で半年先がすごく遠い未来に思えた。「アニメ3期元気な状態で観れるかな?」と楽しみな反面少し不安な気持ちもあったけど無事に観れそうです。ちなみに推しはリヴァイ兵長とジャンです(誰も聞いてないですね笑)基本お気楽で前向きなガン患者なんですが。数ヶ月先の予定の話をされると少し固まってしまう時があります。「その時わたしは何事もなく元気でいれてるんだろうか?」とか瞬時に考えてしまう。多分平気だろうと90%思ってても残り10%くらい不安な気持ちが出てきてしまうのは仕方ないですかね。もっとどーんと構えられる自分になりたい。起きてもいないことでクヨクヨしたくないんですけど人間ですからたまには落ち込む日もありますよね。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+先日また日帰りで東北に行ってきました。疲れがたまってたからなのか新幹線での移動中下腹部がズキンズキン痛み出しました。感覚的に膣断端縫合のあたりの痛み。術後はじめて経験する痛みでその日しばらく痛みが続いたので怖くなったけど今は治りました。痛みが治まらなかったら病院に電話してみようかと思ったけど様子見することにします。トイレの時も気をつけて見てみたけど今のところ出血とかもないし座ってた体制も悪かったのかな。結構な痛みだったので身体の中で何かあったのかと怖くなりました。やっぱりまだ無理は出来ないんだなぁ。術後まだ1年しか経ってないもんね。分かっていても今は無理をしないといけない時期なので仕方ない。もうしばらくしたら今より少しは楽になるだろうから今は適度に息抜きしつつマイペースに頑張ります。色々ありすぎたこの数ヶ月。そのうちパタッとわたしが倒れちゃうんじゃないかと心配されてるんですが今のところは大丈夫。心配してくれる人たちの優しさが身に染みます。写真は友達に会ったら渡そうと思って買ったハイチュウの東北限定版。限定という言葉につい財布の紐も緩んじゃいます。何度この言葉に釣られたか。笑+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      25
      2
      テーマ:
  • 06Jun
    • 泌尿器科外来2回目(術後11ヶ月半)

      バタバタしてたので今更ながらなんですが…先月に約1年ぶりの泌尿器科外来でした。オシモの話が多いので嫌な方は回れ右してくださいねまずはウロフロ検査。3時間貯めた状態で準備万端で検査したので自然と出てきてくれました。検査後の残尿測定の結果は20ml。残尿測定はいつも緊張します。この先も慣れることはないだろうな。入院時の残尿測定を思い出しちゃうんです。毎回看護師さんにお願いしないと自尿が出せなかったことが今でも結構なトラウマなんだなぁ。地味にチクチク痛かったし。検査後1時間ほど待ってから診察。先生に約1年ぶりですねと言われ、軽く世間話してから本題へ。膀胱に尿が150ml溜まると尿意を感じると言われていて検査時200mlの尿でした。尿意は感じないけど膀胱に溜まってる感覚はあって残尿も20ml。これは膀胱が正常に機能していると言っていいと思いますとのお墨付き。もし今後2〜3年後に何かあった場合、誰も予想がつかないレベルの話ですと言われました。正常に機能していると言っていいのでエブランチルカプセルも飲まなくていいんじゃないかと言われました。尿の勢いは多少良くなるけど飲まなくなったからと言って尿が出なくなるとかそこまで万能な薬ではないと。術後から服用してたエブランチルカプセルついに卒業です!やっとここまできたんだと少し感慨深い気持ちに。術後の排尿訓練でどう頑張っても一滴も出なくて悔し泣きしたことや退院後トイレに篭っても出なくてパニックになった事など走馬灯のように頭を駆け巡りました。トイレ問題は辛いこともあったけど自分なりにここまで頑張った。前にブログに書いたサンザシドリンクは今も飲んでます。8倍くらいに薄めて飲んでるけど、飲むと尿の出が良くなるので欠かせない飲み物になりました。アセロラかクランベリージュースを飲みたくなってそちらにチェンジするか迷ったけどお値段の関係で今もサンザシドリンクのままです。クランベリージュース美味しいですよね。昔クランベリージュースのソーダ割りにハマってた時期があります。4年くらい前かな?自分の体内にすでにがん腫瘍はあっただろうけどそのことを知らない頃。とある海外小説を読んでいたらヒーローがヒロインに甲斐甲斐しくクランベリージュースのソーダ割りを作って飲ませていて。なんて彼女思いの素敵な男性なんだろうと思ったのと同時にすごく美味しいそうに思えてすぐネットでポチってました笑話は戻って。。あとは尿意が戻ってくれるといいな。できることならそう遠くない未来に尿意は戻って欲しいけど焦らずのんびり待つことにします。いつか戻ってきてね。待ってるよー!今日の費用診察代 1,000円+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      27
      テーマ:
  • 05Jun
  • 03Jun
    • 正解はどちらなのか

      ここ数日暑くて体力持っていかれるからか身体が怠いMiuです。怠いけど動かなきゃいけないのがしんどいです。気持ちは元気なんだけど身体が追いついてない感じ。とにかくサッパリしたものが食べたくて大根おろしを毎日食べてます。鯖缶の水煮に大根おろしたっぷりかけてポン酢で食べると簡単なのに美味しすぎて幸せを感じる瞬間です♡+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+趣味のためだけに生きてるような基本自由に生きてるわたしなんですが4月から家族優先で家族のためだけに動いてる生活なので心の潤いが欲しいと思っている今日この頃。祖母が亡くなる前から確保してたチケットが数枚あるんです。本来なら七七日までは日常生活以外大人しく過ごすのがいいのだと思います。わたしも自分が健康な時ならそうしていたと思います。暗いこと言うと半年1年後はどうなってるか分からない身。何もないのが1番だけど先のことは誰にも分からない。もしも動けなくなってしまった時に「あの時こうしていれば」と後悔だけはしたくない。行くべきかやめるべきかしばらく一人で悩みましたが答えが出なくて友人たちに相談してみました。七七日前に遊びに出かけるのは常識外れなのか。帰ってきた答えはみんな口を揃えて「行くべき」でした。「Miuが楽しんだ方がおばあちゃんも喜ぶよ。わたしだったら行く」友人たちが口を揃えて同じことを言うので心置きなくライブに行く決心をしました。今週は家族の手術があるので手術が無事終わってからですが。美容院も行く時間がなく4ヶ月も行ってないんです…ほんとは4月下旬に行くはずだったけど行けなくなり6月になっちゃった。髪がボサボサすぎて自分で自分が嫌になる。ライブ参戦前に美容院に駆けこめるといいな。時間は自分で作るものだからなんとかねじ込んでみるか。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+前回UPした術後1年の記事がちょうど100記事目だったみたいで区切りがよくて何となく嬉しい気持ちになりましたブログに書いた通り当日の夜ケーキも買ってきました。持って帰ってくる時に崩れちゃったみたいで見た目は残念ですが笑甘さ控えめで美味しかった。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      19
      2
      テーマ:
  • 30May
    • 術後1年経過

      今日5月30日で術後丸1年経過しました。セカンドバースデーです。最近は甘いものはほとんど食べなくなったけど夜ケーキを買ってこようと思います。(先日友達とお茶した時に甘いもの食べたら何故か吐き気がして胃薬のお世話になりました…)+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+去年の今日約10時間にわたる手術で子宮、卵巣卵管、リンパ節など摘出しました。手術室まで歩いて行ったんだけど一瞬逃げたいような心境に。腹を括ったつもりでもこういう気持ちになるものなんだなぁ。家族との別れは笑いながら「じゃあねー!」とあっさりしたものでした。なぜヘラヘラ笑ってたのか自分でも分からない。気づいて目が覚めたころには病室のベッドでした。(後日両親に聞いたところ手術が終わったのは18時頃だったとか)手術は無事に終わりましたがお腹の傷の痛みで寝付けず長い夜でした。病室が暗くて時計が見えなかったのも長く感じた原因かも。あまりに長い夜だったから夜が明けないんじゃないかとさえ感じた。お腹の傷が痛くて痛み止めの麻薬ボタン押しまくってました。全身に薬疹が出ていたみたいだけど痒かったのは手のひらだけ。とにかく手のひらだけ痒かった。両方の手のひらが熱を持ちパンパンになってた。1年前のことを思うと両親には心配かけて親不孝ものだなという気持ちが少なからずあります。娘の自分が先に命に関わる病気になってしまったこと。手術中家族は待機してないといけないじゃないですか。パートナーがいないので両親に頼むことになります。高齢なのに長時間病室で待機してたことを思うと申し訳なく思う。今思うと体調もあまり良くなかっただろうし病院に缶詰でしんどかったろうな。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+リンパ浮腫メディキュットは必須アイテムだけどリンパ浮腫も今のところ極々軽度。調子に乗って予定詰めたり歩きすぎると鼠径部がぷっくりするし足全体が(特に左足)浮腫むけど気をつければいい。夏も着圧ストッキング履くから素足にサンダルなど術前は当たり前だったオシャレはできなくなったけど他の方法でもオシャレは楽しめる。ヒールの靴は履けなくなったけど可愛いペタンコ靴やスニーカーがある。痛みが出るから素足ではもう歩くことができないけどそういうものだと思って慣れたから大丈夫。これからの時期ストッキングは暑いけど足が浮腫む方が嫌なので汗かきながら乗り切ります。排尿と排便問題尿意は相変わらず感じないけど時間を見てトイレに行けばいいし自己導尿なしで尿も出てる。先日術後の排尿訓練から服用し続けていたエブランチルカプセルも卒業できました。便秘になったりPPになったりでお腹の具合の調節が術後は難しく感じたり2〜3日便秘になると腸閉塞の文字が頭に浮かんできて怖くなるけど今のところ何とかなってます。卵巣欠落症状しんどかった時期はあるけどエストラーナテープのお陰で今はほぼなくなり楽になりました。ホルモン補充療法のお陰で世界が開け、術前とほぼ変わらない生活が送れてる。腺癌にホルモン補充療法は再発リスク云々や乳がんリスクのことも言われてますがわたしは始めてよかった。始めなければ症状がキツくて仕事どころか日常生活すらまともに送れなかった。お腹の傷1年経過した今も赤みがあり目立ちます。傷を気にする反面、この傷は病気と闘い頑張った証でもあり勲章でもあるという思いもあります。そうは言っても傷は目立つよりも目立たない方がいいという自己満足のためにアトファインテープを術後8ヶ月から貼り続けています。術後1年の傷跡の写真を貼る前に先月行った弘前公園の桜でも…傷跡とか見たくない方は回れ右してくださいね。↓↓↓↓↓今の傷跡はこんな感じです。うーん、こうして写真で見ると目で見るより目立ちますねー。アトファインテープも貼ってることだし術後2年になったら今より目立たなくなってることを願います。性生活についてこんなこと書くのもどうかと思いましたが書いておきます。術後から性欲は皆無で0%です。あの行為を今後もしすることになった時身体は大丈夫なのかという恐怖すらあります。パートナーがいないので今は余計な心配なのですが笑術後はパートナーがいなくて良かったと心底思ったものです。今後もし奇跡的にパートナーが現れた場合は先生に相談してみようと思ってます。術後3ヶ月から性交渉OKと言われたので大丈夫なことは頭では分かっています。頭では分かってても心では大丈夫とは思っていない。大真面目にその辺のことは納得いくまで色々話を聞いてみたいですね。それほど今は恐怖を感じる行為になってしまいました。子宮の喪失感術前はもちろん泣いたこともあります。がんという恐怖と術後は女じゃなくなるんじゃないかという思いがあったからです。でも、わたしはわたしでした。どこまでもわたしにしかなり得ませんでした。「広汎子宮全摘手術を受けたら女じゃなくなる」術前のこの考えは間違っていました。泣いていた頃のわたしに「大丈夫だよ」と声をかけてあげたい。何も変わらないから安心してと伝えてあげたい。精神面がんという言葉に敏感になりましたが告知前とさほど変わってないかな。感情の波もそれほどなく病気になる前とそこまで変化はないと自分では感じています。相変わらず適度に仕事をし、趣味に没頭し、友達とは下らないことで笑いあい、時に真面目なことを話すような生活。疎遠になってしまった人もいるけど、なんでも話せて何があっても味方になってくれるであろう友人が数人いる。いつも話を聞いてくれて支えてくれてありがとう。術前は失うものがとても多く感じたけど1年経過して思うことは失ったものはそれほど多くないということ。変わらずわたしは日々を楽しむ事ができ幸せを感じています。「ありがとう」という気持ちでいっぱいです。来年の今日も同じことが言えてますように。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+何事もなく術後1年のこの日を迎えられてホッとしています。先月からバタバタすぎて血圧も上がっちゃって目眩がひどかった時はどうしようかと思ったけど倒れずに何とかなりました。まだバタバタ続きですが一つ目の峠を越えたので精神的に少しだけ楽になりました。心配事はたくさんあるけど。いろんなことがいっぺんにあって辛い気持ちにもなるけど元の性格がポジティブなので前向きに行きます。乗り切ってみせます。マイナス思考に飲まれてもそこからは何も生まれないと思っているから悩んでる時間がもったいないと感じてしまう。術後1年経過した節目に(?)気分的にタイトルも変更してみました。「子宮頸部腺癌1b1期と告知されたMiuの日々の記録」これからも変わらずゆるーく病気のことを書きつつ好きなことも書いていくつもりです。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+当ブログにご訪問ありがとうございます!ランキングに参加しています。お暇でしたらポチッとお願いします。にほんブログ村

      33
      12
      テーマ:
  • 26May
    • おばあちゃん

      先週、祖母が息を引き取りました。享年83歳でした。元気だった頃は働き者でとにかく威勢がよくて気の強さは人一倍だった祖母。周りの人たちが波乱万丈の人生だったねと口を揃えて言うほど激動の人生でした。遠く離れたところに住んでいるので正確な時期は分からないけど3〜4年ほど前から認知症になっていたんだと思います。自分の結婚式の時以来会ってなかったんだけど祖母がわたしに会いたがってると聞き急いで会いに行ったのが3年ほど前。久しぶりに会った祖母は腰も曲がり言葉もあまりうまく出てこなくなっていて少なからずショックを受けました。それほどまでに記憶の中の祖母とはまるで違っていました。その後は家族でなるべく会いに行き出来る限りのことはしました。東京に住んでいて仕事もしながら最大限に努力はしてきたと思います。わたしの両親はほんとによくやってきたと胸を張って言えるほど。遠く離れたところを住んでいるわたし達が月に数度訪れ病院へ連れて行ってました。なぜ東京に連れてこなかったか。祖母本人が嫌がっていたからです。長年住んで商売をしていた街を離れるのを嫌がっていました。本人が入院は嫌がっていたので周りの人と協力してなるべく入院はしない方向でバックアップはしてきました。それでも症状も少しずつ進むし限界がきて病院へ入ることになったのが1年半ほど前。入院したら病院の方からあまり会いに来ない方がいいということを言われていました。本人が帰りたがるからと。祖母が入院して半年後に会いに行き、そのすぐ後にわたしのガン告知やら手術があって動けなくなり…先月東北に行ったのは祖母の顔を見に行くためでもありました。1年以上ぶりに会った祖母。さらに変わっていました。当然わたしのことも息子であるわたしの父のことも分かりません。それでも「会いに来たよ」と二人で話しかけました。今月に入り容態は変わりご飯が食べられなくなったと連絡がきました。口からご飯が食べられなくなってからは1週間ももちませんでした。口からご飯を食べるって大事なことなんだね。おばあちゃん安らかに眠ってね。ちぃちゃん(昨年末に亡くなった祖母のわんこ)とは会えたかな?ちぃちゃんのこと可愛がってたし会えてるといいな。+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+数日前に葬儀も終わり、このブログを書いています。ブログに書こうか迷いましたが、文字にすることによって自分の気持ちも整理されていきますね。

      15
      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス