台湾女子、鈴鈴の台湾ガイドブック
  • 20Feb
    • 台南グルメ|台南文章牛肉湯|牛肉スープの有名店を紹介しますの画像

      台南グルメ|台南文章牛肉湯|牛肉スープの有名店を紹介します

      今回はやっと食べることができた、台南の有名な牛肉スープのお店を紹介します。今まで台南には何度も旅行したことがあるのですが、毎回連休で非常に長い行列があったので、食べる機会がありませんでした。今回は初めての平日だったので、無事に食べることができました!この文章牛肉湯は最近新しい店舗もオープンしたのですが、今回は本店の方に行きました。フロントやメニューに歴史のある雰囲気が漂っています。落ちついて食事をしたい方は支店のほうが良いかもしれません。平日にもかかわらず、たくさんの人が並んでいます。行列の並び方も記載されています。並ぶ方向についてと、室内で食べるか室外で食べるか、受付に着いてから言えばOKです。入り口には注文を受けた炒め物コーナーがあり、材料と調味料でいっぱいになっています。文章牛肉湯は屋内エリアと屋外エリアがあり、屋外エリアの方が行列は早く進みますが、夏場はかなり暑いはずです。文章牛肉湯の他にも、牛肉のスープには麺類やご飯、熱々の炒め物などがあります。台南文章牛肉湯の牛肉は毎朝善化肉品市場で分けられたされたばかりの新鮮なものを使用しています。店内には小さなカット室があり、ここで最後の仕込みをします。早い時間に来るほど新鮮な牛肉スープが楽しめます。壁には自家製ビーフジャーキーのポスターも貼ってあります。これは牛肉燥飯(牛肉のみそライス)です(味は滷肉飯に似ていると思いますが、普通は滷肉飯には豚肉が使われています)牛肉燥飯と滷肉飯の一番の違いは、肉の味が少し重くなっていることだと思います。牛肉スープの出汁はさっぱりとした塩味で、お肉がとても柔らかいですね~ここに来る前から期待しすぎていたのか、飲んでみても期待通りの味で、あまり驚きはありませんでした。笑牛肉の新鮮な味をより引き立てるために、店内には千切り生姜や醤油などのいくつかの種類のタレが準備されています。好みに合わせて調整できます。文章牛肉湯まで最寄りのバス停看板です。台南の美食の中で牛肉スープは最も有名なもののひとつです。台南では簡単に牛肉スープのお店が見つかるはずです。皆さんも是非台南に来た際は、いくつか牛肉スープのお店を探して、好みの味を見つけてみるのはいかがでしょうか?【台南文章牛肉湯】本店営業時間:24小時(下午2點-5點休息備料)每月定休日:毎週月曜日午後14時から火曜日10時半まで住所: 台南市安平区安平路590号電話番号: 06-2284626公式サイト: http://www.winchangbeef.com.tw/big5/index.aspフェイスブック: https://www.facebook.com/winchangbeef/支店:地址: 台南市安平区安平路300号 にほんブログ村台湾ランキング

  • 12Feb
    • 台南ホテル|無限に食べられる!?レークショアホテル・台南館の絶品朝食牛肉スープの画像

      台南ホテル|無限に食べられる!?レークショアホテル・台南館の絶品朝食牛肉スープ

      前回紹介したレークショアホテル・台南館の部屋に続いて、今回は朝食について紹介します!ここの朝食は今まで泊まった手頃な価格のホテルの中で一番満足度が高いと言わざるを得ません!(笑名物の台南牛スープはもちろん、他にもここには多くの種類のメニューがあります台湾名物の塩味粥と台南名物のサバヒー粥が食べられます。サバヒーは日本では食べられない魚ですが、台湾では養殖が盛んにおこなわれてます。サバヒー粥は台湾・台南の伝統的な朝食で、サバヒーの身をお粥と一緒に煮込んだものです。そしてこれが超有名な牛肉スープです。まずお椀に生の牛肉と生姜を入れて、そこに熱々のダシを注ぎます。新鮮な牛肉なので、軽く火を通すだけで食べられます。(お肉を直接鍋で煮てはいけませんよ!)元々のホテルの牛肉スープは期待しておらず、ホテルに泊まる前に台南名物の牛肉スープをすでに食べていたのですが、まさかホテルの牛肉スープの方が美味しいとは思いませんでした!絶品すぎて何杯も食べてしまいました!牛肉のスープだけでも非常に満足できると思います。これ以外にも、こんな感じの軽めの洋風朝食もあります。あとは日本の寿司や韓国のキムチなどもあります。みんなにすでに取られてしまった果物たち。食後は歩いてプールエリアとジムに行きました。この2つのエリアはあまり広くはないですが現場のスタッフがいるので安心感があります。レークショアホテル・台南館は以前泊まったことのあるレークショアホテル・礁溪館の朝食と比べて、有名な郷土料理を取り入れている点がユニークだと思います。さらに、ホテルのすぐそばに観光名所があるので、旅行者は時間を節約できる点も素晴らしいです!【レークショアホテル・台南館】電話番号: 062156000住所: 台南市中西区永福路一段269号公式サイト: https://tainan.lakeshore.com.tw/ にほんブログ村台湾ランキング

  • 21Jan
    • 台南ホテル|台南名物牛肉スープが朝食で楽しめるハイコストパフォーマンスなレークショホテルを紹介!の画像

      台南ホテル|台南名物牛肉スープが朝食で楽しめるハイコストパフォーマンスなレークショホテルを紹介!

      レークショアホテル・台南館は2019年後半にオープンしたばかりの新しいホテルで、台南の中西部地区の中心部にあり、台南美術館、台南司法博物館、藍晒圖、新光三越百貨店などが徒歩圏内にもあり、とても便利だと思いますよさらに、レークショアホテル・台南館は、北部のホテルに比べて格段に大きく見えます。ロビーの入り口は中華風でモダンな雰囲気のデザインです。受付には6~7人くらいの人がいたので、チェックインまでに時間がかかることはありませんでした。チェックインの待ち時間に休憩できるソファスペースもあります。エレベーターは全部で6基ありますが、チェックイン当日は宿泊客が多かったので、エレベーターを待つのに時間がかかりました。ただ、1階はとても広くて快適なので、エレベーターの待ち時間もとても楽しかったです。エレベーターを降りると、向かいに台南美術館と台南司法博物館が見えます。家族旅行だったので4人部屋で予約しました。部屋の広さは問題ないと思いますし、基本的な設備(小さな机、小さなテレビ、長椅子など)は整っていると思います。この部屋のバスルームは部屋の全体と比べると狭く、洗面台はバスルームの外にあるデザインです。バスルーム内は大きなカゴが用意されているので利用するのに不便はありません。ぐっすり眠った後は、朝食の時間でーす。レークショアホテル・台南館朝食の記事は次回です~~*今回は4人部屋の宿泊費が3,000NTDでした。【レークショアホテル・台南館】電話番号:: 06-2156000住所: 台南市中西区永福路一段269号公式サイト: https://tainan.lakeshore.com.tw/ にほんブログ村台湾ランキング

  • 19Jan
    • 菜寮駅グルメ|今大魯肉飯|早朝の魯肉飯(ルーローファン)専門店!?の画像

      菜寮駅グルメ|今大魯肉飯|早朝の魯肉飯(ルーローファン)専門店!?

      今大魯肉飯は三重大仁街から少し入ったところにあります。最寄りのMRT駅-菜寮駅から徒歩20分で「今大魯肉飯」に到着します。ちなみに、「今大魯肉飯」の創業者は、2002年に独立するまで林森北路の名店「青葉」で見習いをしていました!食事のピーク時には、30分から1時間待ちの行列もあります。お持ち帰りと店内での食事も同じ行列です。お食事は料理を作っているテーブルの前から直接注文します。魯肉飯(ルーローファン)のほか、煮卵、煮豆腐、魚(骨付き)なども販売しています。注文後、お会計してから中に入って席を探します。中の空間はシンプルで広々としています。ここの魯肉飯(ルーローファン)の特徴は、お肉が長時間煮込まれているので、甘味が凝縮されていて、とろけるような味になっていることです。煮玉子と煮豆腐の香りが秀逸なだけでなく、煮汁の味がとても濃厚なのでおすすめです。白菜の煮込みエビと一緒に柔らかく崩れるまで煮込んであって、白菜がスープの旨味をたくさん吸収していてとてもおいしいです。ゴーヤ豚骨スープスープの味はさわやかで、ニンニクの香りが豊かです。お肉もとても柔らかく煮込まれていました今大魯肉飯は駅から少し離れていて、また行列もできて若干不便ですが、魯肉飯(ルーローファン)を食べるためだけに訪れる価値はあると思います【今大魯肉飯】営業時間:: 06:30-21:00電話番号: (02) 2983 6726住所: 新北市三重区大仁街40号駅:菜寮駅 にほんブログ村台湾ランキング

  • 11Jan
    • 台南グルメ|阿霞飯店|天皇の料理番!?台湾歴代総統が愛した台南の代表的な宴会料理!の画像

      台南グルメ|阿霞飯店|天皇の料理番!?台湾歴代総統が愛した台南の代表的な宴会料理!

      阿霞飯店は台南市の中西部地区、忠義路に位置し、台南で60年近くの歴史を持つ超人気の懐かしい味が魅力の辦桌料理レストランです。(林百貨から徒歩約15分)**【辦桌料理は昔の福建省や台湾では一般的な宴会の習慣で、例えば、冠婚葬祭の際に、友人や親戚、近所の人を招いて宴会を開きます。会場は道端や公共施設にて調理用のコンロやテーブルを設置し、その場で調理して参加者に振る舞います。】阿霞飯店は台南では多くの政治家や著名人も食事に来ており非常に有名です。写真は台湾で有名なアン・リー監督と阿霞飯店の創業者です。お店の壁には重要な歴史的記録もあります。よく見ると、台湾の歴代の総統はほぼ来たことがあるみたいです!店内はまるで時代を超えたかのような雰囲気で、キレイで明るいです。そして、テーブルは台湾の伝統的な円卓ですね。昔は10人前固定のテーブルごとの料理がでしたが、現在では、一人用から六人用までのコース料理も準備されています。メニューには料理の写真と、中国語、英語、日本語への翻訳が掲載されています。ここの料理はとても伝統的でクラッシックな台湾料理なのでメニューの翻訳を見ると名物料理がどういうものかよく理解できると思います!テーブルの上のお花も上品な印象を与えてくれます。このおつまみの盛り合わせは阿霞飯店の定番料理です。お店が提供する10品の中から4-6品をお好みに合わせて選ぶことができます。今回はこの6品を選びました!一番上の黄色いお皿から右へ、、、、蝦棗:エビナツメ。最初に噛んだ時はナツメのような食感がするのですが、飲み込み時には濃厚な海鮮の旨味がひろがります。独特な食感と旨味がとても印象に残る味でした。蟳丸:カニ団子。自家製の団子で、表面は揚げてありカリカリ、中はプリプリした食感でした粉腸:豚肉と小麦粉を合わせた餡を使ってソーセージにしています。川燙軟絲:湯通ししたイカ。雪幸子:とびうおの卵とつぶ貝。お酒にぴったりの味付けです。涼拌海蜇絲:クラゲの千切りチリソース。これもお酒に合います。この紅蟳米糕(カニおこわ)は阿霞飯店の看板料理です。(事前予約は必要)普通のおこわよりも米粒の食感がお餅みたで、油っぽさが少ないのが人気の理由だと思います。しかし、私はこの時点ですでにお腹がいっぱいになってちょっと苦しかったです。笑この餡掛け野菜は、ソースにたくさんの野菜の旨味がしみだしていて、口の中で複雑な味が広がります。このスープは、一見主役はカニの身に見えますが、細切りにしたタケノコとキノコの香りがさらに濃厚な味を引き立てていると思います。酸辣湯のちょっと贅沢なバージョンのような味だと思います。この鴨鍋は、紅蟳米糕と同じ、事前に予約が必要です。鴨鍋に入っている具材はとてもボリュームがありますし、鴨半匹分くらい入ってます。鴨肉と野菜(キャベツ、キクラゲ、金針花)がとても柔らかく煮込まれていました。スープもかなり濃厚で、ここに来るならこの料理のためにお腹に余裕を持っておいた方がオススメです。最後にデザートが無料で出てきました~昔ながらの甘い里芋と小豆のスープで、出来立てでとてもおいしかったです。デザートが好きな方にぴったり!食事の最後にフルーツを食べて一番驚いたのは、一緒についてるサトウキビパウダーです!お店の方が秘伝の割合で作っていて、とても深みがあります!阿霞飯店ではベジタリアン料理(個別セットメニュー)も提供しますので、ベジタリアンの方も大丈夫です。【台南阿霞飯店】住所: 台南市中西区忠義路二段84巷7号電話番号:06‐222‐4420営業時間:火曜日―日曜日11:00–14:00, 17:00–20:00定休日:月曜日※事前の予約が必要。※食事のピーク時にはちょっと騒がしいかも。※お茶有料(25元/人) にほんブログ村台湾ランキング

  • 30Dec
    • 台南観光|台南美食の食前運動にもピッタリ!?東京ドーム2個分もある台南奇美博物館を回ろう!の画像

      台南観光|台南美食の食前運動にもピッタリ!?東京ドーム2個分もある台南奇美博物館を回ろう!

      奇美博物館は、奇美グループの創始者である許文隆氏が子供の頃に台南国家教育博物館をよく訪れ、その文化に深く感銘を受け、一般の人々のための博物館を作りたいと考えたことがきっかけで設立されました。奇美博物館は、西洋美術、楽器、武器、動物標本、化石などを中心に、合計4,000点以上のコレクションを展示している、台湾で最も規模の大きい私立博物館です。旧奇美博物館は1992年に奇美産業ビルに正式に開館し、2013年5月より使用を停止しています。台南都立公園内の新博物館は2008年12月に着工し、建設費18.5億元(面積約9.5ヘクタール)をかけて建設され、2015年1月1日にオープンしました。パビリオン前の噴水は、ヴェルサイユ宮殿の庭園にある本物のアポロンの噴水のスケールと同じです。太陽の神であるアポロン様を軸にして、サイレンやイルカの像に囲まれた海から馬車が飛び出してくるようなデザインです。合計で6年もかけて完成させたそうです。博物館へと続く通路の両側には、ギリシャの神々の像もあります。博物館の上部をよく見ると、小さな天使の金色のブロンズ像も見えます。入口からは、精巧な彫刻の技を鑑賞することができます。入館後、チケットカウンターの看板が見えるので、指示に従って購入してください。現地でのチケット購入やネットから購入したチケットが発券できるカウンターもあります。例えば以下のWEBから購入できます:フルチケットは200ドルです。そして、QRコードを使って入場します。フロアガイドの隣にはオーディオガイド機のレンタルもあります。動物館は五大陸の動物標本や化石を集めた展示エリアです。とても迫力がありますね!兵器館は世界中の様々な種類の古代兵器が展示されています。映画やアニメに出てくるような武器もあって、とても興奮しますよ!楽器館はヴァイオリンの展示エリアと楽器の進化を展示してある、独立したホールです。私は音楽を勉強していたのですが、教科書で見たことがあるような貴重な楽器がいくつも展示してあり、感動しました!芸術館は13世紀から20世紀までの絵画を集められていました。古代から現代の多くの時代の作品があり、どんな人でも楽しめると思います!ロダン館はフランスの彫刻家ロダンのコレクションからのものです。館内の屋外エリアには、こちらのようなヨーロピアンガーデン風のラウンジエリアもあり、座って休憩もできます。芸術に囲まれながら、とても落ち着けます。帰り道に博物館の外の緑の風景を楽しむのもいいかもしれません。奇美博物館は台南高速鉄道の駅に近いので、奇美博物館を今回の旅の最後の目的地にしました。高鉄の限定高鉄弁当を楽しみ、胃袋も満足して台北に帰ってきました~~~~。【台南奇美博物館Chimei Museum】住所: 台南市仁德区文華路二段66号電話番号:06-2660808営業時間:木曜日‐火曜日09:30-17:30(售票截止 16:30 / 最後入場 17:00)定休日:水曜日|旧暦の大晦日|特別な休館日はWEBサイトで確認公式サイト:https://www.chimeimuseum.org/ml/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E/4 にほんブログ村台湾ランキング

  • 27Dec
    • 南京三民駅グルメ|台中発!吐司男|ふわふわトーストでたっぷり具材を包み込んだ絶品のサンドイッチの画像

      南京三民駅グルメ|台中発!吐司男|ふわふわトーストでたっぷり具材を包み込んだ絶品のサンドイッチ

      南京三民駅の近くにある吐司男晨食專賣店(トーストマン)は台中で一号店がオープンし、そのあと人気が出てから台北に進出しました。このお店のメイン商品は、店名と同じトーストです。お店の入り口には、待っているお客さんのための椅子もあります。お店全体のデザインがとてもシンプルで明るいと思います。お店のあちこちで、かわいいトーストの柄やお人形がたくさん見られます。可愛いですね。また、オーダーコーナーのメニューには、トーストの写真が掲載されているので、お客様にも参考にしやすくなっています。アラカルトメニューに加えて、A、B、Cのパッケージを3つのセットから選ぶことができます。ここの食事はトーストがメインですが、シンプルな蛋餅やチキンナゲットなどもあります。一階の屋内スペースでは、お店の方がトーストを作っている様子を見ることができます。トーストの厚みも見えます!本当に厚いですね!食事の様子です~~~飲み物は豆乳紅茶(半分豆乳半分紅茶のドリンク)豆乳紅茶は台湾の朝食の飲み物としてはとても伝統的なものだと思います。紅茶が豆乳の強い味を中和してくれて、とてもすっきりとした飲み口になります。トーストマンのトーストは、クリーミーで香ばしい味でした。餡の具材もそれぞれしっかりしていました。流石トーストの専門店です!ただ、トーストが厚いので、口が小さい人はちょっと食べにくいかも。蛋餅の皮は硬めです。ここはトーストしかないんじゃないのかと思っていたので、注文した時はあまり期待していなかったのですが、蛋餅もとても美味しかったです!このトーストマンという朝食屋さんは席数は多くはないですがのんびりと食事をする余裕はあると思います。休日のゆっくりとした朝食にはとても適していると思いますよ~~~~【吐司男晨食専門店】住所:台北市松山区光復北路11巷97号1階営業時間:07:00-14:00電話番号:02‐2522‐1288駅:南京三民駅 にほんブログ村台湾ランキング

  • 26Dec
    • 台北駅観光|台湾鉄道パーク|まるでタイムマシンで過去に飛んだみたい!?台湾鉄道繁栄期を体験しようの画像

      台北駅観光|台湾鉄道パーク|まるでタイムマシンで過去に飛んだみたい!?台湾鉄道繁栄期を体験しよう

      台北駅と北門駅の近くにある(国定古跡の承恩門の近く)国立台湾博物館‐鉄道パークは、日本統治時代に政府が運営していた鉄道施設です。第二次世界大戦の後、台湾鉄道管理局に統合されまして、1992年に台北市政府は鉄道部の建物を三級史跡に指定しました。2009年からは台湾博物館がこのエリアの土地や建物を担当しています。途中で改装がありましたが、今年(2020年)ついに再開されました。国立台湾博物館‐鉄道パークの前には、国定古跡の承恩門があります。鉄道パークの園内のチケットカードには、国立台湾博物館の4つのゾーンのイラストが描かれています(4つのゾーンはすべて台北駅周辺にあります)。4つのゾーンをまとめて購入すると、購入日から1ヶ月以内は博物館、古生物博物館、サウスゲート博物館、鉄道公園を1回ずつ見学することがでて、たったの130元でとてもお得です!今回私は鉄道パークのチケット(100元)だけを買って見学しました。QRコードで発券されているため回収されず、使用後は記念品として保管することができます。会場に入ると、まず、旧線路の鉄道地図や台湾鉄道の歴史記録、貴重な鉄道部品などが展示されています。また、創設初期の鉄道切符がどのように作られたのかを見ることができます。これがチケットを作るための型です。その時の社員証や乗車関連の展示です。ここは駅のレプリカです。中にはチケット売り場や荷物置き場などがありました。当時はインターネットがないので、おそらくこの場所でいろいろな出会いや別れが繰り広げられたと考えると、とても感慨深いです。国立台湾博物館‐鉄道パークの庁舎だけで1、2階の広さがあります。室内の内装は洋風、室外の建物は和風です。1919年(大正8年)に建てられた八角形の男性用トイレです。スタッフは男性が中心のため、トイレは男性用だけでした!1階の裏側には1908年に完成した鉄道ホテルの紹介もあります。これは、台湾総督府鉄道部直営の鉄道ホテルで、当時台湾で最初で唯一の洋風ホテルでした。鉄道ホテルは赤レンガで作られたドイツ風の建物で、天井の高いホールやシャンデリアがあり、とても高級感のあるホテルでした。鉄道ホテルのレストランではアフタヌーンティーの再現展示もあります。当時の保管庫には何が保管されていたのでしょうか?様々な電車の交通標識があります~このエリアは、台北市政府が鉄道部の修復の際に残すべき遺物と考えていまして、そして最終的にはこのような形で再現することにしたそうです。1970年から1980年にかけての台北駅周辺の様子の模型です。館内には貴重な歴史的遺物が多数展示されています。国立台湾博物館‐鉄道パークは2階建てしかありませんが、それぞれの展示場で多くの時間を過ごすことができます。鉄道の歴史が好きな方はもちろん、お子様連れのご家族にもピッタリの場所だと思います。【国立台湾博物館‐鉄道パーク】住所: 臺北市大同区延平北路一段2号電話番号: (02)2558-9790駅:北門駅/台北駅営業時間:火曜日―日曜日:9:30―17:00※祝日・連休は営業休館日: 月曜日、台湾の大晦日と旧正月元日チケット料金:鉄道パーク 全票:100元|半票:50元全エリア見学 全票:130元 |半票:65元公式サイト: https://www.ntm.gov.tw/jp/content_178.html にほんブログ村台湾ランキング

  • 25Dec
    • 台湾駐在生活|第三弾!恐竜が出た!?山登りと参拝が同時にできる烘爐地南山福德宮を満喫してきましたの画像

      台湾駐在生活|第三弾!恐竜が出た!?山登りと参拝が同時にできる烘爐地南山福德宮を満喫してきました

      財神殿に立ち寄った後、本堂に向かうにはこんな感じで階段を上っていくことになります。ここは商売に関してかなり有名なお寺なので、多くのお店が寄付をしており、寄付したお店の名前が書かれた白い柱がいっぱいあります。やっと着いた!!!主殿から外を見ると全ての台北の市景が見えてとてもキレイでした。お寺の中はすごくキラキラの感じです!神様の手の上のお金を触ると、お金の運が良くなりますよ本堂の屋外の空間は、伝統的な建築と景観を融合させたものだと思います。とっても綺麗ですよ~~~~それに、本堂の奥には元祖土の神様の像があります。しかし神様への敬意から今回私は特別な写真は撮っていません。興味のある方は、本堂の奥の方まで行かないと見れませんよ。この階段を降りると徒歩15分でバス停に着きます。登山道を歩いていると何が見えてくるのでしょうか?答えは .... いろんな種類の恐竜を見ることができます!この緑色の恐竜を見たら、シャトルバスの停留所はもうすぐですよここのシャトルバスは1時間に1回しか運行していませんので、時間に注意してください。洪爐地南山福德宮はとても来る価値のあるお寺だと思います。しかし歩いてくるならとても遠いので絶対に心の準備をして、身軽な格好で参拝してくださいね!【烘爐地南山福德宮】住所:新北市中和区內南里興南路二段399巷160之1号電話番号:02 2942 5277営業時間:24時間駅:南勢角駅アクセス方法: シャトルバス(メトロ南勢角駅で乗り換え)、車、タクシー公式サイト: https://www.hunglodei.tw/index.php にほんブログ村台湾ランキング

  • 23Dec
    • 台湾駐在生活|第二弾!お金の神様!山登りと参拝が同時にできる烘爐地南山福德宮を満喫してきました!の画像

      台湾駐在生活|第二弾!お金の神様!山登りと参拝が同時にできる烘爐地南山福德宮を満喫してきました!

      前回の記事で烘爐地のハイキングコースをご紹介しましたが、今回はハイキングコースを登った後にある烘爐地南山福德宮に行きました!烘爐地南山福德宮は、財神殿と本堂に分かれていて、一番高いところにある本堂から見える景色は本当に素敵です。今回の記事は真ん中の財神殿について紹介します。財神殿はお金の神様が中心ですが、月下老人や文昌帝のように恋愛や試験のための神様もいます。中に入ってみると可愛くキャラクター化された神様の像もありますよ財神殿の入り口の近くに受付があります。さらに財神殿の中には電子観光案内版があり、お寺に関する歴史や文化が日本語でも紹介されています。でもボリュームたっぷり過ぎて、全部見るだけで疲れるかもしれません。ここには“母錢賺大錢”という伝統的なお参りがあります。お金を模したツボの上に自分のお金を投入すると、1元のお金が虎の口から吐き出せれます(この時入れるお金の金額にかかわらず1元が出てきます)。この出てきた1元をお寺が準備した赤い袋に入れて、その後自分の財布に入れることで子だくさんになる効果があります。この橋は五路財神橋と言って、わたることで金運が上がると言われています。実は私も今回初めてこの橋をみました。入り口からちょっと歩くと真ん中にお金の神様の像が見えます。この橋は本当の橋ではないので、上を歩くのはちょっと怖かったです。これは台湾でもとても珍しいのでとても特別感があると思います!橋を渡り終わって外に出るとこの龍と蓮の花のモニュメントがある小さな池があります。皆さんは遥か彼方の101のビルは見えますか?財神殿はしっかり全部の神様を見て回って、景色も見て、いろいろ写真を撮ったら1時間くらいかかります。一番上の主殿に行くためにまた階段があるので、ここでちゃんと休憩しましょう!主殿は次の記事ご覧ください~~【烘爐地南山福德宮】住所:新北市中和区內南里興南路二段399巷160之1号電話番号:02 2942 5277営業時間:24時間駅:南勢角駅 にほんブログ村台湾ランキング