夏の夜の夢@三越劇場

テーマ:
MYNAMEのジュンQ君、そして仲良しのテジュ君が出演している「夏の夜の夢」を観てきました。キャストは全てイケメン男子です(きっぱり!)。女装のみなさま綺麗&可愛い♡韓国勢は全員妖精なので、日本語が妖精語に感じられてとっても良い効果。そして何より、すごく面白かった!!!衣装も素敵です(2人の写真を見て♡)。三越劇場で月曜までです。おすすめです!
左テジュ君は妖精の女王、右ジュンQ君は妖精の王。2人は劇団5454の「トランスマー」(春陽漁介作品)がお気に入りで絶賛のブログを書いてくれているのですが、その「トランスイマー」の原型は池袋チャリンコ倶楽部の「スイマー」(春陽漁介作品)でして、そしてなんと「スイマー」の主演だった塩沢英真さんも、こちらの舞台、ボトム役でご出演でした!!!(すごく良かったです)。いろんなご縁があって楽しい&嬉しいですね。


via Linda's Happy Panic!
Your own website,
Ameba Ownd

テーマ:
雨が降ってる。夏はもう行ってしまったみたいで、9月から10月は寂しいような、冷たい空気が待ち遠しいような、とても文学的な気持ちになる。

先輩の歌を歌唱して8月15日にリリースした。

8と15には理由があって、3が自分の運命という気がするからである。昭和33年6月15日生まれ。私は3の塊でできてる。さらに、雨は恋愛背景で作られているので、もう無くした恋のボタンを探す。過去好きになった人は、3月か4月生まれの牡羊座または6月か9月生まれ。還暦からスタートする(一応)歌手として、誕生日の6月15日リリースを考えていたが、歌唱(力)が間に合わず、リリースのプロデュースをしてくれた鈴木ヒロト氏とあれこれ相談の結果、6に3を足した数字で8(ヒロト氏も3月生まれ)。その日は終戦の日なので、失恋や商売の失敗なんかよりもっともっとつらい出来事がある事を肝に命じて生きる事も誓える。そんな過大評価や批判をもらえるほどの存在じゃないから言うまでもないが、誰かを癒すなんていう、そういう偉そうな気持ちで歌ったわけじゃない。特攻隊の男の子たちほどの刹那は一生この世に存在しないと思うし、その母たちを想うと、事実を忘れないでいる事しかできない。礎になってくれた方々のおかげで、こうして私なんかが歌える時代が来ました、ありがとうございます、という事でしかない。…本当に。


私の歌唱はともかく、イントロで降っている雨が、エンディングでやんでいる(そう聞こえる)このアレンジは秀逸。2番のサビに実は、作詞作曲者である私の先輩、鈴木康志さんのコーラスが入っています(優しさの素)。私がどう、という事より、名曲なので聞いてください、と心から言いたいです。

どうぞよろしくおねがいします。






via Linda's Happy Panic!
Your own website,
Ameba Ownd

「ト音」大阪公演②

テーマ:
劇団5454には、大阪出身(関西出身)のメンバーが4人います。今回は一足先に大阪入りをして(都合2回)街を回って宣伝活動をする予定である、という事で、彼らの顔が大きく入っているビジュアルのリクエストがありました。チラシのデザインを両A面にして、大阪出身である4名を含む先生たちを白いモヤの中に置きました。不穏な雰囲気も感じさせ、作品の持つ「教師とは、大人とは、一体なんだ?」という部分を感じさせる事ができたと思います。

ポスターも同じデザインです。持って回る、という事でいつもの何倍も印刷しました。猛暑の中足で稼ぐ、地回り=飛び込み営業は、正直大変だったと思います。自分のためだから当然と言ってしまう事もできますが、仕事を休んで頑張る彼らは「曇らない(嘘のない)」大人だと思います。すごい場所にいくには、小さな事を続けるしかない、とイチロー選手が言っていました。結果を出した人のその言葉は毎日わたしを励ますし、彼らを見ていてもそう信じる事が出来ます。
一昨年の初大分で、もう退団してしまった工藤君が身を粉にしてお母さんと宣伝に回っていました。アウエー公演の成功には、それが欠かせない事を、彼が置き土産にしてくれたと思います。昨年の大分、大阪、今年の大阪は、地元出身メンバーを中心としたメンバーの努力とご家族の愛ある応援、街の皆さんの励ましで劇団の名前がまた少し広がりました。メールやwebが当たり前の昨今、相手の方にもご迷惑になりませんものね、という綺麗事より、私然り、迷惑なくらいしつこい人と出会いたい気がします。
ポスターと先生役達
心を開いてくださった皆さん。
写真が届くたび、私はちょっとウルウルしてました(涙もろい年頃です)。
全部の方々ではなく申し訳ありません。


via Linda's Happy Panic!
Your own website,
Ameba Ownd