引っ越しました。

テーマ:

といっても、3月末に・・・。

昨年の12月、前の家の「上水管が古いからすぐに変えないといけない」

と言われ、完全リフォームしなければならない事態になり、それなら引っ越すしかないという事になった。

 

土星が4hを去ろうとしている時に起こった現象。この2年半知らないうちに蝕まれていたんだ。

4hには海王星サソリがあるが、火星までノーアスなので、「下水の流れが悪くなってきたな~こんなもんでしょう」と思っていたら上水管がネックだったなんて!

 

占いとはこういうもの。

どんなに勉強してもどこで外れるか分からない。

だからこそ、懸命に読み込むようにしている。

タロットも同じ。(一枚引きのような事はしない)

ただタロットだけでは、このような長い期間の事、いつ解決するか、いつまでに何をすればよいのか、という期間が曖昧なため基本の命術が必要になってくる。

その期間や星の意味するところから、更に短い期間の気持ちや状況や環境の変化を探っていくのがタロットの役目。

私は特殊能力がないので、基本に忠実な鑑定をするしかない。

 

でも今はこのような鑑定は人気がないようです。

 

 

 

 

 

 

年末年始は

テーマ:

年末年始のお休みは、12月29日(金)から1月3日(水)となります。

 

googleでやっと、この住所が認知されたと知らされても、定休日がなかなか変更できなかったり、

マイクロソフトのアップデートの度にあたふたするなどしているうちに1年が過ぎると思っていたら、

ブログの背景まで変わってしまっている。

 

時代の変化についていけるのか不安???

 

タロットカードのみでの鑑定は、今では当たり前のようで、

その変化にすでに乗り遅れているが、やはりこれだけは、譲れない。

基本を見ずに短期的な事だけをその場その場で追っていくのは、どうしても私にはできない。

何年か前から、「タロットだけで占ってください」という方が多くなっていると言われてきましたが、今はほとんどの占い師がその要望に答えているようです。

 

私は西洋占星術で、性格や、長い運の流れをみてから、

タロットで2~3ヶ月の細かい動きや、気持ちの変化を調べていきます。(それは昔の占い方かもしれないけれど常識だったのです)

 

”基本が解らないまま、その時々で結果が変わるタロットカードで、相性・大きな変化・時期をお知らせするのは一貫性を問われる”というのがその理由です。

 

初回でも時間があれば、タロット占いまでできる場合もありますが、ほとんどの場合20分はすぐに過ぎてしまい、なかなか難しいです。