じいちゃん

テーマ:
お久しぶりです。

先日、りりーの大好きなじいちゃんが
息を引き取りました。

約6年ほど前から癌と戦い続け
入退院を繰り返していました。

亡くなる3日程前に
コケて救急車で運ばれた!と連絡があり
その日の夕方に病院へお見舞いに行きました。

その時は、しんどそうでしたが
声をかけると返事をしてくれていて
喉が渇いた。と言い
りんごジュースを沢山飲みました。

しばらくして先生が来られ
話を聞くと
数日には・・・。良くなる場合もあるけれど
っと言われ、急いでばあちゃんの元へ
車を走らせました。

しばらく病院に泊まってほしい。と話をし
ばあちゃんに
じいちゃんの傍に居てもらいました。

土曜日も日曜日も
私は仕事が休み。
母は仕事を休んで傍に居ました。

日曜日の夕方に
1回りりーの散歩に帰るね。
って病室を後にしました。

家に着いてすぐ
ばあちゃんから電話があり
急いで病院へ向かいましたが
間に合いませんでした。

じいちゃんは最後まで
息をするのがやっとでも頑張っていました。

入院をし、病院で息を引き取った為
最後、りりーはじいちゃんに
会うことが出来ませんでした。

そのまま、葬儀と火葬。

このときも、りりーは連れて行けれなかった。
りりーはじいちゃんにいっぱいいっぱい
可愛がってもらい
牛乳浸し食パンをもらい
歩くのがやっとの状態でも
じいちゃんは、りりーに
美味しいものをくれました。

あげちゃダメなものも多少ありましたが
ギリギリまでじいちゃんの
嬉しそうな顔を見ることが出来ました。

りりーはきっと
まだじいちゃんに会えると思っています。

後日、お線香をあげに
りりーと行きたいと思います。

まだ私もじいちゃんが亡くなった
実感がありません。

でも、救いだったのは
交通事故で突然いなくなるのではなく
以前から、余命を聞いていたので
覚悟が出来ていたことです。

でも、もっとたくさん
りりーを連れて、じいちゃんのところへ
行けばよかった。と後悔もあります。

りりーはきっとじいちゃんを探します。
お線香をあげることで
理解してくれると良いのですが・・・