Whatever will be will be. That’s the way it goes

Whatever will be will be. That’s the way it goes

なんでもない今日が宝物。

僕らは永遠に生きていけるわけじゃないから。
限りある時間の中で
どれだけ愛せるかなんだよ。

明日とかあさってとかじゃなくて、
今日を一番キラキラにしていたい(^^♪

君は喧嘩した夜に

公園で泣いてるんだってね
 
風の噂で聞いたよ
僕にどうしろっていうの?
 
 
 
何も一人で泣く事ないだろう
僕に話してくれたらいいのに
 
 
 
分かってくれよ  こんな僕を
 
あまり考え込むのは好きじゃないんだ
 
理解しておくれ  不器用な僕を
 
 
【キミを好きな事に変わりはないんだ】
 
 
 
 
だけど本音は君には言えない
ほら
僕らは似た者同士なんだ
 
 
分かってくれよ  そんな君と二人
ここまでこれた事は事実だろう
 
顔を上げてくれ  お願いだよ
そんな瞳で縋られても
何も出来ないから
 
 
 
キミを泣かせて
キミを泣かす事ばかり
 
それでもキミは“好き”だと言うのだろう
 
 
 
分かってくれよ  こんな僕を
言葉で伝えるのが少し苦手なんだ
 
キスをすればほら
伝わるかな?
 
僕の好きは君に伝わるかな
 
 
 
 
*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:.
 
 
きっかけのひとつになった、
私達の大切な1曲。 
 
 
色んな事があって、
色んな気持ちがあって。
 
 
 
たくさんたくさん泣いても泣いても
もう、心が折れても
諦められなくて、
 
 
なんでこんなに好きなんだろ。
いい加減バカじゃないの私。
 
 
何度もそう思って、
他の人に目を向けようとして、
出会うチャンスを貰ったりしたけど、
 
 
他の誰かと話せば話すほど、
結局、彼を好きなんだって思い知るばっかりで、
 
 
あれ、恋ってどうやってするの?って、
新しい恋も出来ない。
 
 
 
それでも自分のいい所は、
バカ正直で素直なところ。(笑) 
 
 
【あぁ、もう一生伝わらなくてもいい。
一生片想いでもいい。
「彼女出来たから連絡しないで」って言われるまで、
好きでいよう】
 
って気持ちが固まって、時々連絡して。 
 
 
それでもあんな事があったし、
彼の気持ちが二度と自分に向くことはないよって思って、
そう言い聞かせるしか、
気持ちの行き場所が見つけられなかった。
 
 
うっかり期待して、
また傷つく事になったら、
 
さすがにもう立ち直れないなって思って。
 
 
今でも大好きだよ!と伝えつつも、
やり直せないのはわかってるからね☺️
 
そう言うことで自分の心も守ってきたんだけど。
 
 
 
 
彼の中で、大きく心が動く出来事があって、
その時に1番最初に頭に浮かんだのは、
 
他の誰でもなく私だったって。
 
 
僕はやり直せないとは思ってないよ😊 
 
って、
 
 
【え‼️‼️‼️何何⁉️どーゆう事⁉️⁉️なんで????】
 
って凄く久しぶりに高揚した気持ちになった☺️
嬉しかったほんっとに(^^♪
 
 
 
でも気持ちがいざ届いて、伝わった途端に怖気付いた。
 
傷つくのが怖くなった。
 
 
✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼
 
娘さんと幸せになって。
 
もう好きじゃないから歩み寄る事も無理。
 
色々考えて出した答えがもう好きじゃないって事
 
気持ちはわかったごめんなさい。
 
考え方が違うから。
 
もう好きじゃないです。元の鞘には戻れない
それが答え。
 
仲間に迷惑かけた事で追い込まれた。
もう仲間に迷惑をかけて笑い者になりたくない。
 
 
 ✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼
 
彼の言葉に、
そっか。私笑われたんだ。って。
 
 
 
 
あの日、あの時に、
 
わかったよ、楽しんでね😊
ってそう言えなかった私が悪かったんだ。って
 
自分を責める以外に解決方法が見つからなかった。
 
そうやって自分に言い聞かせるしか
一人で立っている方法がわからなかった。
 
 
 
今まで、私は自分が嫌だと思った事でも、
打ち明けずにただ我慢してきた。
 
 
 
それは相手に対して「言っても変わらない」
「言うだけ無駄」ってそう思ってきたから。
 
だから【喧嘩が出来る人】って言うのは、
 
 
 
・どんなにぶつかっても分かってもらえる
・どんなにぶつかっても分かり合える
・どんなに喧嘩しても大事に思う気持ちは変わらない
・どんなに喧嘩しても、愛してます
 
 
っていう、相手への絶大な信頼があるから
初めて喧嘩出来るんだと私は思っていて。

 
 自分の
その想いは伝わっていると思っていたし、
どれほど好きかも伝わっていると思っていたから、


あぁ、そっかひとりよがりだったんだ。
自分の想いが伝わるなんてそんなのは幻で、
やっぱり夢物語なんだなぁって。 
 
伝わっていると思ってきたからこそ、

 
辛かったほんっとに。
 
 
誰も傷つかずに、誰も嫌な気持ちにならない方法を
すごくすごく探した。
 
 
それはひとつしかなくて、
 
でもそうしたら私の傷付いた気持ちはどこに行けばいいのか。
 
 
 
でももう何を言っても、想っても、
抱き締めてくれる人は居なくて、
 
 
とにかく自分と向き合う事でしか抜け出せなかった。
 


あの日、何が悲しかったかって、

1番心を通わせて、傍に居ると思っていた人が、
 
私の話しに見向きもせず、
耳を塞ぎ、私の方を見ようともしてくれなかったこと。 
 
 
 
あぁ、やっぱり自分の気持ちは正直に話してはいけないんだなぁって何度も思ったし、

彼が大事にしているものを、
同じ様に大事にしてきたと思っていたから、
 
 
私が大事にしているものを、
大事にして貰えなかった悲しさだけが
そこにずっと残ってしまったの。
 




だけど、
好きなの。
 
どうしようもない。 
 
いざ気持ちが伝わったら怖気付いたし、
え、なんで今更?? 
 
無理だってあんなに言ったじゃんって。


 
それこそまた余計に彼の気持ちがわからなくなってしまい、

なんで?
いいの?
ホントにまた好きになったの? 
 
疑問ばかりで腑に落ちなくて、怖かった。
 
 

歳を重ねる事に臆病になるのは仕方のない事。

それなりのたくさんの経験から



自分は今何をどう立ち回るべきか、

どうしても考えてしまう。

それは、寂しさと我慢。


恋をして、1度離れてしまっても、

次に新しく恋をするエネルギーは見つからなかった。

 


たくさん傷ついた事も

哀しくてどうにもならない事は

1人で居ても、

誰かと居てもそれはいつも在って。



そしてもうこんな気持ちになるのは

苦しくて、哀しくて

二度と要らない気持ちなのに、



結局

この人の為にならまた傷ついてもいいって思ってしまう。


お互いにまた傷付けあっても、

ずーっと手だけ繋いでたらいいし、



信頼することも、

期待してしまう愚かさも、

そのどんな気持ちも、



あなたを好きでいる事に、

この愛の為に使おうって。



あなたの事だけが好きで、

あなたの事しか好きじゃなくて、

あなたを好きな気持ちばかりが

心の中に増えてしまう。


自分の素直さが、

また笑えてしまうけど。


*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:.

 

【それなりの覚悟と、気持ちがなかったら僕だって言わないよ】 



【どこまで信じて貰えるかわからないし、

僕の考え方は変わらないけど、

大切な人が不快に思うならやらないから】



*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:.



あまり自分の気持ちを、文字にも言葉にもしない人が、伝えてくれた精一杯の気持ちを、


もう一度信じようと思って。



戻ってすぐは大事なお芝居があったから、


いつもお芝居の前邪魔しちゃいけないって気持ちから、

会いたいも寂しいも飲み込んで、笑って

なおさら我慢ばかりしてしまうけど、 

 

でも私のそんな気持ちもお見通しな人だから(^^♪ 

 

 


 凄くタイムラグが出来た更新になってしまったから、


ここからは最近の気持ち。 

 

 

いざ、彼の傍に戻ったら、

なんだか、



前より優しい時間がそこに在って、

前より好きだと思えて、

前より穏やかで、

前より信じられるし、


前より愛が在って、

前より深い。 

 

 

 

私の弱さも、

自信の無さも、

臆病な所も、


全てお見通しで、

 

 

彼はそれをわかってるからこそ、 


辛かった出来事を全て覆すほどの



柔らかな、温かい愛で

包み、

護り、

愛される日々が待ってた。





また喧嘩しても、寄り添える。

 

失った期間に、

どれ程大事な人か痛い程よくわかったから。




あなたが傍に居ない事がどんなに寂しいか。

私があなたの傍に居ないのは、


どんなに苦しいか。



お互い、その事実にぶつかっただけ☺️



そして、見えない未来だけど、

 

これから先に、

喧嘩して、本気でムカついても、

繋ぎ直した心が離れてしまう事は、

多分きっともう無い。

 

 

そんな不確かな自信が生まれたんだ。 

 


 

羨ましさ、寂しさ。

ただそれだけの気持ちが、

 

嫉妬も不安も生むよ。 

 

 

だけどそんな時でさえ、それも全部、


全部わかってくれてる事実。

 

 

 

 

なんだ、結局はとても愛されてるんじゃん😍と 

 

 

その事実が残るだけ。


 

愛しすぎて、

何度胸がぎゅっとなるだろうか。 

 

 

 

大好きな大好きな、

大切な人と過ごす毎日を、


3人で、大切に大切に紡いでいこうと思います。 

 

 

傍にいてくれてありがとう。