ピアニスト押切雄太&押切ピアノ教室

ピアニスト押切雄太&押切ピアノ教室

札幌市在中ピアニストの押切雄太と申します。
ライフワークとして様々なピアニズムを研究しております。
札幌市手稲区にて押切ピアノ教室を主宰
https://oshikiri-piano.com/

スタッカートの練習

これは実に奥深くて、しっかり考えてやればとても有益な練習方法です。


目的によって色々な練習方法がありますが…

私が一番お勧めしたいのは

PPで、ただし打鍵のスピードが遅くならないでスタッカッティシモでやることです。


大抵はPPでスタッカートをやると緩い音になりがちなのですが、集中してコンパクトな動きで鋭いPPにすることで、絶大な効果が得られます。



やってみていただけたらわかると思いますが、これは全身の筋肉の連動を感じると思います。


ハノンの48番 おすすめです。


これをスタッカートではなく綺麗にレガートに弾けるように練習することです。


手首の練習とありますが、手首は何も動かそうとしてはいけません。能動ではなく受動です。楽な状態を保ってください。

それでいて肩、背中から細かく、止まらないように動かします。

掌はなんとなく3度、6度の型を少しだけ作っておき、それ以上指を動かしたりはしません

スタッカートにせず、なるべくレガートに聴こえるように美しく弾く練習をすると鍵盤のクッション、浮力を感じられるようになります。

繊細なコントロールができるようになります。



個人差はありますが、劇的に変わりますよ。



良いレッスンとは?


押し付けても

押し切ってもいけないのだなと


本名から痛感する毎日です。(押切!!)



最近よく考えているのが

レッスンから帰ってすぐピアノが弾きたくなる


というのが良いレッスンなのでは?

と思います。


保護者様からそういった報告を聞くときはとても嬉しいです🥺


あと

ピアノの具体的な指導は私は割と得意ではあるのですが…

生徒のメンタルを考えて、その時のモチベーションを高めてあげれることの方がよっぽど大事だなと

最近は特に痛感しております。



ピアノ教師は1対1で人と向き合う仕事です。

ピアノのことばかり見て、その人を見てない

なんてことがないようにしないといけません。


自戒の念をこめて


レッスンや本番等で忙しくてなかなかブログを書く暇がないです

でも元気にやってます。皆様こんばんは。


来年は落ち着いてYouTubeでものんびり投稿しようかなとか去年は思っていたのに…



人前で演奏したり、本番を乗り越えるとなんだか生きている心地がします。

お陰様でレッスンも演奏もとても充実した日々を過ごしております。

皆様ありがとうございます…🥺


ブログ書きます。いっぱい書きたいことたくさんあります… が…


とりあえず今月の残りの演奏会の宣伝です(結局いつもそればかりでごめんなさい

お問い合わせ、ご予約は押切までよろしくお願いいたします

yuta0123@oshikiri-piano.com




どちらともソロも弾きます

その他にも7月以降様々なコンサートを企画しております! 生徒さんのコンサートも多数…

追ってお知らせさせていただきます。






先日北海道ショパン学生ピアノコンクール本選会に参加した2名の生徒がそれぞれ

5.6年生の部 奨励賞

一般の部 銅賞

を受賞いたしました。


おめでとうございます㊗️

とってもよく頑張りました🥹



ショパンの作品に真摯に取り組み、コンクールを乗り越えたことでそれぞれ音楽面、精神面等でとても成長なさったと思います。








この曲はショパンが19歳で作曲した最初のノクターンであり、一般的にはあまり認知されておりませんが、シンプルなメロディの中に哀愁深さを感じる名曲です。



先日開催されました北海道ショパン学生ピアノコンクール予選当日の小学6年生D君のご自宅での演奏です。

見事予選を通過いたしました。


彼はピアノを始めてまだ2年と2ヶ月程ですが、習い始めた当初から「楽」の試演会にも毎回欠かさずに出て(計8回、最初はブルグミュラーの優しい花でした)、始めて半年後くらいからコンクールにも参加し始めました。


人前で弾く機会を沢山作り、そこに間に合わせて目標の曲を弾けるようにする。というルーティンをどんどんこなしてます。

するとビックリする程上達が早いものです…。


先月の発表会ではノクターン8番と即興曲1番を立派に弾きました。今年は難しいコンクールとバラード1番に挑戦したいようです。 

その心意気とってもいいね👍


 

 

 
北海道音楽サークル「楽」試演会参加者募集
第10回試演会 2024年6月23日(日) (申込〆切6月2日)
・場所  CREEK HALL (2024年3月新規オープン 最大30名収容 地下鉄宮の沢駅から徒歩5分)
札幌市西区発寒6条9丁目11−28
・時間
1部 10時〜11時30分 
2部 12時〜13時30分 
3部 14時〜15時30分
・参加料  3分未満500円  3〜7分1000円  12分以内1500円  (最大12分まで)
※1組最大3名まで 付き添いは1組につき1人迄 

第11回試演会 2024年9月8日(日) (申込〆切8月12日)
・場所  あけぼのアート&コミュニティセンター 中ホール
札幌市中央区南11条西9丁目4-1(旧曙小学校)
・時間
1部 10時〜11時30分  
2部 11時50分〜13時20分
3部 13時40分〜15時10分
4部 15時30分〜17時
・参加料  7分未満500円  12分以内1000円  (最大12分まで)
※1組最大6名程度まで 付き添い人数制限無し

参加条件
・年齢、楽器、演奏形態、ジャンル問わず初心者から上級者までだれでもご参加いただけます。
・ソロ、アンサンブルどちらでもOKです。 グランドピアノ1台と譜面台はご利用いただけます。
・マイクや電子機材等は使用できません。アコースティックでの演奏をお願いいたします。
・参加料は当日現金にてお釣りの出ないようにお支払いください。

申込方法
①    氏名(グループの場合はグループ名、代表者氏名、人数を明記してください。)
②    代表者メールアドレスと電話番号
③    演奏楽器、曲目、演奏時間(セッティング時間も含む)
④    第10回(6/23)か第11回(9/8)を必ず明記し、出演可能な部を全てお知らせください
(〆切後にタイムスケジュールを決定次第お知らせいたします。)
以上4点を明記の上、music.circle.gaku@outlook.jp 迄にご連絡ください。
(お申込み多数の場合。先着順で締め切らせていただきます。ご質問等も気軽にお問い合わせください。)
 

 

 

今後の公開での演奏予定をお知らせいたします。

 

2024/6/2(日)夜 札幌時計台ホール

トランペットアンサンブルLa Choce コンサート




S__57778330_0.jpg

 

2024/6/16(日)夜 札幌時計台ホール

ピアノカルテットコンサート

 S__57778328_0.jpg

 

2024/6/29(土) 新琴似恵弘寺

左手のフルーティスト畠中秀幸さん コンサート賛助出演

 

2024/8/25(日)手稲 昼&夜 グレースコミュニティ

押切雄太ピアノリサイタル

 

2024/9/29(日)宮の沢 昼&夜 クリークホール

押切雄太ピアノリサイタル


2024/11/4(月) 札幌 夜 時計台ホール

押切雄太ピアノリサイタル


各詳細は決まり次第随時告知いたします

 

 
4/21(日)
kitaraにて ピアノファクトリー 2台ピアノの為のコンサート
無事に終演いたしました。
多くのお客様にご来場いただきまして誠にありがとうございます。
普段他の楽器の方々お演奏することは多いですが、ピアニスト同士で演奏するということは中々機会がなく…様々な面でとても勉強になりました。


アンコールの2台8手(リハーサル)





終演後スタッフ一同と



疲れ切った


やりきった



我が家での合わせ


ピアノ反転させるの大変でした…ギリギリできました。(広角撮影の為歪んでます)



次の近いコンサートの予定は

6月2日(日)お馴染みトランペットアンサンブルLa choceと

6月16日(日)ピアノ四重奏での演奏会

どちらも時計台ホールで19時からです。 

皆様のお越しをお待ちしております。


写真酷い(笑)




8.9月にはまたソロコンサートも開催予定です。

先月に発表会が終わったばかり!ですが、生徒さん達はすでに新しい曲、次の課題に向けて始動しています。

発表会の後のレッスンでは、急激に進歩してレッスンにやってくる生徒さんに驚かされることがあります。

発表会だけではないですが、弾き合い会やコンクールなどの目標に向けて曲を磨いていく過程、そして緊張する本番を乗り越える経験は、技術面でも心の面でも大きな成長につながるものと感じます。

本番悔しい出来になってしまい、帰ってすぐに練習に向かった生徒さんや、
もっと難しい憧れの曲に挑戦したい、と伝えてくる生徒さん、
次のステージに向けて、同じ曲を更にブラッシュアップする生徒さんなど…

本番を乗り超えて大きくなった生徒さんたちの姿を見て、私自身も充実した演奏を重ねていかねば!と刺激をもらっております。


コンクールにつきましては勿論挑戦したら力は必ずつきますので、意欲のある方は是非とも受けてほしいとは考えておりますが、お金がそれなりに掛かるのと、やはり気軽には受けづらいものです。
私が北海道音楽サークル「楽」の弾き合い回を年に3.4回ほど企画しているのは、皆様に気軽に経験を積んでもらいたいからでもあります。毎回しっかり目標を設定して出ている方は特に成長のスピードが凄まじいです。
年一回の発表会だけではなく、いろんな場で、人前で演奏する経験を積んでほしいです。

また、これから教室でも発表会以外の本番機会も色々と増やそうと企画中です


押切ピアノ教室↓


北海道音楽サークル楽↓