2014年08月31日(日)

最初に感じたこと考えたこと―原始仏教、初期仏教:ブッダの教え、ブッダとなる教え(1)

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第134号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2014(平成26)年8月31日号(No.134)-140831-
「原始仏教:ブッダの教え、ブッダになる教え(1)」


昨年9月より開始しました古代インド編ですが、今月からいよいよ仏教を取り上げてみます。


 10月、インド最古の聖典~『リグ・ヴェーダ』
 今年2月、古代インドの哲学-「ウパニシャッド」
 3月、古代インドの大叙事詩-『マハーバーラタ』
 4月、古代インドの宗教詩編-『バガヴァッド・ギーター』
 5月、古代英雄叙事詩『ラーマーヤナ』
 6月、幸福な生のための“性”典『カーマ・スートラ』


と続けてきて、ここに始めて「仏教」を扱うことになりました。


本誌では、原始仏教、初期仏教、原始仏典、ブッダ(釈尊、お釈迦様)に関する本を読み、感じたこと考えたことを綴っています。


仏教についての本を読むこと、かつ色々考えることは長年の希望でありました。
空海についての本などは少し読んでいましたが、原始仏教や原始仏典、そしてブッダに関する本についてはまったくといっていいほど読んでいませんでした。


普段接することの多い仏教と言えば、日本の場合どうしても大乗仏教となります。
日常接するお坊さんは、月詣りにお越しいただいていた真言宗のお寺のお坊さんでしたし、テレビで接したお坊さんと言えば、薬師寺管長だった高田好胤さんぐらいでした。


真言宗については、空海、弘法大師の本は読んできました。
しかし、元々の開祖であるブッダ、釈尊、お釈迦様についてはほとんど知識もなく、今回始めて色んな本を通して知りました。


簡単な知識はありました。
仏教入門といった本も少しは読んでいましたし。


しかし、ここまで突っ込んで色んな本を読んだのは初めてでしたし、特に原始仏典についてはホントに初めての体験でした。


以前、NHK・Eテレの「100分de名著」<ブッダ『真理のことば』>の際に、中村元博士の訳された『真理のことば(ダンマパダ)』を読みました。


*『レフティやすおのお茶でっせ』
2012.4.2 NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』を見て本を読んで
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2012/04/nhk100-de-2c60.html
2012.3.6 仏教は「心の病院」である!NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』2012年3月
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2012/03/nhk100-de-20123.html


その後、今回のためもあり『ブッダの言葉―スッタニパータ』を読み始めました。


興味のあるものなので、楽しく読んでいます。


ただ専門用語が頻出します。
だんだんと慣れて来ますが、最初のうちは難解なものです。


微妙な用語の違いもありますので。
「○○もしくは××ともいう」といった調子で。


理解できるようになってくれば、逆に専門用語を使わず平易に普通のことばで書かれた書物の方が難解になる、ということもありえます。


この辺はなかなか難しいものです。
お釈迦さまも相手に合わせて説いた(対機説法)と言いますから。


本誌では、今年いっぱいはこれらの原始仏典について書いてゆこうと考えています。
お楽しみいただければ幸いです。


では、ダラダラ書いてきましたが、時間切れです。
今回はここまで。


*本誌で取り上げた本:
『原始仏典の世界―仏典の教えを現代にどう生かしていくか』奈良康明/著 NHKライブラリー 1998.4.1
―原始仏典の教えを噛み砕いて示し、自分の身に置き換え、現代を生きる智慧として活かす道を明らかにする。

原始仏典の世界―仏典の教えを現代にどう生かしていくか (NHKライブラリー)/日本放送出版協会
¥1,015
Amazon.co.jp


『仏教の真実』田上太秀/著 講談社現代新書 2013/8/13
―前半では、現代のまちがった日本仏教に対して、ブッダが説いた本来の教えを示す。後半では日本での変容した姿を。

仏教の真実 (講談社現代新書)/講談社
¥799
Amazon.co.jp


『ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A) 』アルボムッレ・スマ
ナサーラ/著 サンガ新書46 2011/9/5
―ブッダの教え編 戒律編 布教編 ブッダとその弟子編 輪廻転生編 ブッダの修行時代編 インドの習俗編 実践お役立ち編 全72。Q&A形式で仏教の疑問に答える。

ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)/サンガ
¥823
Amazon.co.jp


『ブッダのことば―スッタニパータ』中村元/訳 岩波文庫 1958/1/1  
―最古の聖典。第4章、第5章が最も古い部分といわれる。《人間として正しく生きる道が対話の中で具体的に語られる》

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)/岩波書店
¥1,080
Amazon.co.jp



『真理のことば 感興のことば』中村元/訳 岩波文庫
―漢訳『法句経』の名で知られる「真理のことば」(ダンマパダ)「感興のことば」(ウダーナヴァルガ)。

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)/岩波書店
¥1,015
Amazon.co.jp



*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年08月15日(金)

古典を考える-岩波文庫フェア小冊子から(2):私の読書論59

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第133号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2014(平成26)年8月15日号(No.133)-140815-
「私の読書論-59- -古典を考える-
 岩波文庫フェア 小冊子から(2) 伊藤真」


本誌では、「岩波文庫フェア 小冊子から」の二回目として、伊藤真さんの「ゆっくりいそげ」を取り上げ、古典についての考えを紹介しています。


さてそこで、今回は古典について、このフェアの一冊である『ブッダのことば― スッタニパータ ―』(中村 元 訳) からの言葉を交えて、お話しましょう。


本書「第四 八つの詩句の章」(八四四)にこんな言葉があります。


《古いものを喜んではならない。また新しいものに魅惑されてはならない。滅びゆくものを悲しんではならない。牽引する者(妄執)にとらわれてはならない。》p.24


前半部分は解説はいらないと思います。


古いものだからといって、それだけでありがたがっていてはいけない。
それでは進歩というものを否定することになりかねません。


だからといって新しいというだけでありがたがっているのも、バカなことです。

単に目新しだけでは意味がない。


文化・文明というものは、過去の遺物の上に積み上げられるものでもあるのです。


古典もそうです。
古いから価値があるのではなく、現代にも通じる何かがあるから、価値があるのです。


新作は確かにその時代にあったものだから、一見役に立つように見えます。
しかし、時代におもねっただけかもしれないし、一時的な人気に過ぎないかもしれないのです。
その時だけの一瞬の輝きをもたらす花火のようなものかもしれないのです。


持続する輝き、燃え続ける炎―そういうものが古典であるといってもよいでしょう。


後半の部分は、少し解説が必要でしょうね。
《滅びゆくものを悲しんではならない。牽引する者(妄執)にとらわれてはならない。》


《滅びゆくものを―》というくだりはそのままに解釈していいでしょう。


次の《牽引する者―》というのは、(妄執)とありますように、自己の欲望とか、他人の言説とかに振り回されてはいけないということでしょう。
中村先生は訳注で、《人間の根底に潜む、眼に見えぬ、どす黒いもの》(p.403)というふうに書いておられます。
それは進路を誤らせ、破滅につながる、と。


また、この詩句について先生は、この訳注でこんなふうに書いておられます。


転換期にあって古いものを残すか、新しいものを採用するかの決断を迫られる。
その際には、一つの原理に従ってなさねばならない。
その原理は、《人間のためをはかり、人間を高貴ならしめるものでなければならぬ。》(p.403)。
それは、邦語でいえば「ため」で、「ひとのため」であり、同時に高い意味で「わがため」となるもの。
《人間のよりどころであり、人間を人間のあるべきすがたにたもつものである》という意味で、原始仏教では「法(ダルマ)」と呼ぶ。

―と。


 ・・・


少し話がずれましたが、古典は古いから大切なのではなく、現代人にとっても意味があるから価値があるのだ、ということです。


その意味をどこに見出すかは、人それぞれの発見によるのです。


発見するためには、出会ってみなければ始まりません。


より良き出会いの目安に、このようなフェアの品目、および小冊子を利用するのも一法です。



『ブッダのことば― スッタニパータ ―』中村 元 訳
―来月以降、ブッダについて見て行こうと考えています。
 もっとも古い仏典とされている、この書物には人間ブッダの姿とそのそもそもの教えが描かれていると言われています。

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)/岩波書店
¥1,080
Amazon.co.jp


詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年08月06日(水)

終わったはずのクチコミ「右利き? 左利き?」がまた

テーマ:左利き
右利き? 左利き? ブログネタ:右利き? 左利き? 参加中

私は左利き 派!


先月終わったと思っていたamebloクチコミ「右利き? 左利き?」が再び登場。

前回は、クチコミ投稿期間2014年07月09日~2014年07月23日 で、総投稿数1924件でした。


詳細を見ますと、前回はブログネタ運営局の「ジョニー」さんのネタ。

2014.7右利き?左利き?

http://kuchikomi.ameba.jp/user/showPrDetail.do?prId=11194


総投稿数1924件

http://kuchikomi.ameba.jp/user/listEntry.do?prId=11194


「ジョニー」さんは、《何故か包丁が左利き/ 鉛筆は右利き》だという。

《もしかしたらジョニーも、 /最初は鉛筆も左利きだったのかなあ、/ なんて思うこともあります》と。


【『お茶でっせ』前回記事】2014.7.10
アメブロで「右利き?左利き? 」

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2014/07/post-f45c.html

今回は、ブログネタ運営局の「レイラ」さんのネタ。


右利き? 左利き?

http://kuchikomi.ameba.jp/user/showPrDetail.do?prId=11294
クチコミ投稿期間2014年08月06日~2014年08月20日
(結果)

http://kuchikomi.ameba.jp/user/listEntry.do?prId=11294


《ママ友と、その子供たちとで大集合ランチ会をしましたニコニコ/そうしたら、なんと/7人中4人が左利き》

と、多いのに驚かれています。

《レイラ世代は、左利きの子ってあまりいなかったけど、/それって「矯正」されていたから?/放っておくと、かなりの割合ってことなのでしょうか》


とも。

私の思うところですと、色んなデータを総合して「強度の右利き」は半数ぐらいで、残りの人は両方の要素をそれぞれいくらかの割合で有している「中間的な人」(全体の三分の一ぐらい)と「強度の左利きの人」(一割前後)だろうと考えています。


左利きが多くなったと感じることも増えています。


実際に左利きは左利きのままで、という教育方針が広がっているので、それ自体は喜ばしいことと考えています。
人間自然ままが一番だと思うからです。


 ●右利きの間でも左使いが増えている


武井壮さんも「右利きを左利きに変えた」方だそうです。
大抵のことは左でなさいます。


いろんな考えがあるのでしょう。



だいぶ前になりますが、郷ひろみさんもテレビ↓で左手で箸を使ってらっしゃいました。
左右のバランスを改善するためだとか。


右利きの人の場合ちょっとしたことでも右手一本でできてしまうので、ついつい右手を過剰に使いすぎる傾向があります。


左利きの場合は、逆で左では使いづらく、仕方なく右手の出番となる、ということも再々です。
結果的に左だけでなく右も使うことになり、案外バランスがとれているということもあるようです。



7月3日、日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」グルメチキンレースゴチになります!15|第14回 現代イタリア料理対決 2014/7/3 O.A
5月26日、テレビ朝日「お試しかっ!『帰れま10』」


最近こういう考え方をする人が増えているようです。


郷さんのようなバランス改善の為という考えには賛同できます。
がしかし、右脳左脳の機能分化的な面から思考や発想の転換だとか右脳強化とかいった意味での左手使用に関しては、どうかと疑問に思います。


8月4日も、石原さとみさんが左投げで始球式を行っていました。
この場合は、


《撮影で右腕を痛めたということで、「サウスポーでやります」と宣言。フォームはさまになっていたが、慣れない左腕から投じられた球は3塁側へ大きくそれて捕手に届かず。》


とのこと。



Yahoo!ニュース - 石原さとみ 暴投で2度始球式(2014年8月4日(月)掲載)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140804-00000056-dal-ent

YouTube「石原さとみ まさかの始球式やり直し 大暴投で サントリードリームマッチ2014」
http://youtu.be/CWSdNpPnLTY


右腕を痛めたということですが、そういうときの補佐の意味でも左腕は存在しているのでしょう。


この「補佐」の「佐」も、にんべんに左と書き、「たすける」の意味です。
これも左が右の補助の役割を持っているという意味でもあります。


左をおろそかにすると、泣きますよ―という警告の意味も兼ねて書いておきましょう。


 ・・・


国際的な<左利きの日>8月13日が近づいています。
そういう意味でもこういう手の企画が増えるのもいいと思います。


 ●国際左利きの日 INTERNATIONAL LEFT-HANDERS DAY


私の持っている"Lefthander Magazine"のINTERNATIONAL LEFT-HANDERS DAYの記事、および英語のサイト↓によりますと、(私の英語力に間違いがなければ)起源は


《1976年に、アメリカのDean R. Campbellという人が、左利きの人のための専門雑誌"Lefthander Magazine"を発行する左利きの組織Lefthanders Internationalを創設した、その日8月13日を「左利きの日」と定め、イヴェントを始めたということのようです。/このなぜ8月13日かといいますと、それは、これに先立つ一年前に、Campbell氏が左利き用品の店を開いたのがその日だったから、とされています。》


・Left Handed Portal/History of Left-Hander's Day

http://www.lefthandedportal.com/Left-Handed-People/Left-Handers-Day.cfm
・Wikipedia/International Lefthanders Day

http://en.wikipedia.org/wiki/International_Lefthanders_Day


*『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
左利きの日を祝おう!

http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.lhd.html




右利き?左利き?
  • 右利き
  • 左利き

気になる投票結果は!?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。