Roasters Lab Lig での試飲、ご説明をさせてもらい約2ヵ月。

 

様々な方々にお越しいただき大変嬉しいです。

 

 

 

まだまだ、ここからが始まりなんですがね。。。

 

 

始まり当初は、不安や喋るのが苦手な為に 頭が真っ白によくなりました。

しかしながら、応援してくださる方々に救われ

 

不安が無くなり

 

むしろ

もっと伝えていかなくては!

 

と思うようになりました。

とある日の出来事です。

 

 

僕には5歳の子供がいます。

たまたまコップに入れていたサンプル用のコーヒーを間違えて、口にしてしまい

 

 

パパ。

「なんでこんな黒くて、苦いもの何で飲むの?」

 

・・・。


 

ふと

改めて 子供から 言われ 自身が所長として研究してるので 反応出来ましたが。

 

 この感想に あらゆる面で矛盾は無いと

思いました。   思ってます。



少し 視点を変えてお考え下さい。

 

皆様は、お子様や自身で

焦げたお肉やお魚を食べさせますか? 


お子様が焦げを食べようとしたら何と言いますか?

 

多くの方は食べさせないでしょう。

なぜですか?

 

焦げ=悪い 

と、理解し、口に入れようとする方に対して

注意した方が良いものは、伝えますよね。


コーヒーと肉や、魚は。

などと思われますが


焦げは焦げです。

※焦げたお肉抽出しても黒くはないですが。笑

 


あと、お子様だけ焦げは良くない ってことはなく

 大人になったら焦げを食べても、飲んでも

大丈夫になることはありません。



↑ これこそが、カリフォルニア州内でのスタバはじめコーヒー販売90社に表示義務命令の判決が下ったと理解しています。



【O CHER】をご説明している際に

 

なぜ、このような発想になりましたか?

と、聞かれたことがあります。

 

 

逆にお聞きしたいと思ってしまいます。

なぜ、他の焦げは食べず

むしろ食べさせないはずなのに

 

わざわざ

焦がしたドリンクは飲めるんでしょうか?

 

 

 

僕は7年前は

究極のコーヒーを作ろうとしていました。

 

学べば学ぶほどに

 

嗜好品 から 思考品 へと変わり

 

成分を知れば知るほど

 

嗜好品 から 健康飲料へ と理念を持ち

 

辿り着いた先に 黒は ありませんでした。

 

 

そして

 

日々、コーヒー豆と向き合い

様々な温度帯、細胞の変化、成分変化を研究して

分かった懸念点や

 

コーヒーの黒く苦い理由を知らずに、

習慣的に口にしていることによる、後の悪影響など。

 

あくまで、人それぞれ感じ方や選択は自由です。


しかし、

使命だとも感じています。

 

業界や資本主義の中で

利益だけを考え


知りたいことも

知れない

こんな世の中じゃ

ポイズン って

思います。

 

大きなことを言っていると思われるかもしれませんが。

 

あなたの体は、日々の選択によって決まります。

 

現代は、様々な加工食品や

糖質、脂質、塩分が過剰に含まれ


肝機能の低下や

様々な病も増加傾向です。


だからこそ


世界中の人々にとって 最善の選択の1つとして

【O CHER】オーカー


世界のスタンダードに。