金峯山寺の御守

テーマ:
{D27F078D-6C50-4CBD-8DFA-339853DF01CB}

ド派手な青い「いかりもの」の仏像で有名な
金峯山寺に行ってきました。
今までその仏像の派手さがゆえに
お参りするのを後回しにしていましたが
今回、予定していたところへお参りするのは
体力的に疲れが溜まっていて、無理と判断。
(比叡山に行くつもりでした)
急遽行きたいところを探し、
こちらに変更しました。

選択理由は
「乗り換え少なく、綺麗な特急列車で行ける」
ということからでした。
さくらライナーでズバビューンです。
(というほど早くない特急だけど)

交通の弁の他にも、お守りから検索して
行きたい場所を決めたりするんですが 
こちらの「五獄神鏡」が気になりましたので決定。

行ってみると修正会が始まってまして、
美しい声明を聴くことができました。



{8EE4E3A4-E2F3-429A-BE62-96DD77DDD23B}

仏様はご開帳時期ではないので
お目にかかることはできませんでしたが
またいつかの楽しみにしたいと思います。


また、お守りの授与の折にも、
お坊様が説明を丁寧にしてくださり、
鏡を袋に入れてくださり
入れ方や向きなども教えてくださり
とても親切にしていただきました。

こういうところって授与所の方は
とても静かなのですが
ここはむしろ「お話好きそう」な印象で
それだけで救われるような気がしますやる気なしピスケ

今回はこの他に
金峯山寺の御神木の桜で作られた
最角多(イラタカ)の腕輪念珠を
いただきました。

{9DFE69DD-32BB-4E73-81DE-571126E77CB8}

これが!
すごく!
いい!!!

サイズが大きいので
珠を抜いて結び直したのですが
そうしたくなかったくらい
結んでくださった方のお仕事が
素晴らしかったんです。
壊したくなかったー。。。

親珠とボサと、主珠のサイズ、
房のゴムの長さなどのバランスが完璧。
ゴムの端の処理もしてあります。
(勉強になる。。。)

これは素敵な念珠です。
樹の珠はツヤツヤですが、
ニスなどの処理はありません。
(水が染み込んだのですよ!)
珠を作る工程から、丁寧なんですね。
御神木を使った限定配布とのことで
それくらいはと思いますが
なかなかそう思っても、
成されているものはありません。

108珠の数珠もいただいてくれば
よかったかしらと
思ったくらいでした。

「イラタカ」のものは初めて手にします。
修験道では数珠を擦る音を
積極的に出していくので
この形なのだそうです。

いいなぁ。。。
丸い珠の擦れる音も好きだけど、
ソロバンをはじくかのようなこの
はっきりとした音色。

桜の樹はフラワーエッセンスの
チェリープラムに近いのかしらと思います。
本能の暴れを制御するような、
刹那的に自らを投げ打たせないというか。

精霊っぽさを持った人に合う樹だと思っていますが、

ちょっとおつきあいを
深めてみたいと思います。





さて、
五獄神鏡なんですが、
でかい。

{F2546A45-2D2E-4B11-84E8-40F5CC77144C}

鏡の部分がなかなかに磨かれてまして
本当に鏡として使用できそう。
このお守り、パワーがすごく強くて
愛用者が多いそうです。

こんなに大きいのになぁ。。。

{ED620250-3438-4983-A74D-009EC3765864}

鏡面を前にして、小さな四角いでっぱりを下にして
袋の中の厚紙の間に挟むように入れます。
鏡が身代わりに邪気を吸うと、白く曇るんですって。
そしたら磨く、それでも曇りがとれなければ
新しい鏡との交換時なのだそう。



私は銅鏡のことを小学校で習った時に
「銅を磨いて鏡面にした」ことに強く惹かれて
銅板を買ってきて、丸く切って
作ってみたことがありました。
結果、現代の銅板は磨かない方が鏡面なのですが(笑)、
それをお守りにしていました。

大人になり甲状腺の手術で入院する際も
銀製の丸いペンダントを
邪気はね返しの鏡のつもりで
持っていきました。


これからはこの鏡に
護ってもらいます〜とびだすピスケ2カナヘイハート

次回は脳天さんへ。。。


AD