恵み・もらいもの(立ち上がる)

テーマ:

しばらく前に 近所のおじさんが

(おじさん と言ったって おふくろと同い年)

 

 

 

 

(朝帰りで熟睡している)

 

 

 

「ブロッコリー植えるのなら 苗をやるよ」

と声をかけてくれた。

 

 

 

 

 

「うーん・・・ もらって食べる方がいいかなぁ・・」

例のごとく おふくろは すっかりもらう気になっている。

 

 

 

でも ちょっと気を取り直して

「それじゃぁ 2つか3つもらうかなぁ」

 

 

「どこへ植えるん?」

 

 

 

「畑」

 

 

 

「はたけ~?」

「畑に 2つか3つ~?」

 

 

「それは プランターに植える数だよ」

鼻先で笑われた。

 

 

百姓の先輩に言われて おふくろ 畑に植えるのはあきらてな

家に帰って さっそくプランターに 3つの苗を植えたんだ。

 

 

 

 

 

 

夜には 寒くないようにビニールをかぶせたり

時々声をかけて ここにいるよと知らせてあげた。

 

 

 

 

 

 

 

ブロッコリーは 順調に成長してきた。

 

 

 

「一つ 虫が食っているぞ」

ある日 おやじが虫食いの葉っぱを見つけて言った。

 

 

 

 

 

 

あれまぁ 虫に食われちゃっている・・・

 

 

それから幾日か経って 朝 ビニールを外してみたら

虫に食われていた苗が 倒れていたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

おい しっかりしろ!

 

 

 

「これ 何かで支えてあげたほうがいいのかねぇ」

 

 

「そんな必要はないよ」

「これに生きる力があれば 自然に立ち上がるから」

 

 

おやじの言葉で おふくろは様子を見ることにした。

そして 二日後の今朝 ビニールを外してみたら

 

 

 

 

 

 

 

やつが ちゃんと 立ち上がっていた。

虫食いの穴も なんのその。

 

 

 

 

 

 

 

おやじのいう通り やつの生きる力が

やつを 立ち上がらせたんだ。

 

 

倒れても 立ち上がる!

その姿は 人間に感動を与えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

こんな小さなブロッコリーの苗が 人間の心に触れた。

すごいなぁ。

 

 

最後に 幼い魂や弱い動物たちが

痛めつけられない世の中になりますように・・・

心から 祈る。