第480回「切り絵」

テーマ:
ものを書くと言うことは、ある種の決断なんだなぁ。
頭の中にある、ぼんやりしたものを本棚に並べるように。
言葉と言うハサミで、意志の切り絵を作るように。

オーラのある人って、何が違うんだろう。
きっとそれは数々の決断をしてきた人なんじゃないだろうか。
失敗も成功も、自分で決意して責任をとった人。
自分の人生を生きるって、そう言うことなんだろう。

それが仕事だろうが、恋愛だろうが、夢だろうが。
誰かに決められたことじゃない、自分の決意で踏み込んだ証。
それが、人のオーラに現れるんだろう。

モノを創造すること、体を動かすこと、話すこと、お金を使うこと。
どれだけ決断してきたかが、その人の魅力になる。
そして、良いシワとなり刻まれる。

一秒一秒、時計の針は人生を削り取って行く。
堕落しようと思えば、いくらだって堕落できる。
けれど振り返った時に、薄っぺらの人生があるのは虚しい。

大事なのは成功することじゃない。
自分の人生にどれだけ責任を持てたかなんだ。