おはようございます、瑞穂です。

ちょっと思うところがあったのでつぶやこうかなー、と。


催眠を学んでいるんだー、とか、
スピリチュアルなことを学んでいるんだー

なんて、周りの友達に話したりすると、
『催眠で消して欲しい記憶があるんだけど』とか、
『チャネリングで解決して欲しい悩みがあるんだけど』とか、
そういう相談をされることがあります。

上の例を見てみれば、
「催眠」は、「記憶を消す」ための道具です。
道具はあくまでも、目的を達成するための経由地点です。
そこを絶対に通らなければいけないわけではありません。
{FC98A180-BBFC-4E7D-B708-96081D279C52:01}
ゴールにつきさえすれば、道はどれでもいいのです。

もっと言えば、
「記憶を消す」は「別のなにかの目的」のための道具なのかもしれません。

そこらへんを見極めて、いろんな道具、いろんな経由地点に気づけたら…

もっと楽に楽しく、過ごせそうだと思いませんか??


ちょっとだけ、自分自身を冷静に見てみようかなー、と思う今日この頃です。




瑞穂

AD