人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:

特別何かがあったわけではないのだけど、

何の話の流れでか、世の中から 自己責任 って言葉が聞かれなくなった

という話になった。

で、自分なりに色々考えてみた。



例えば、学校で怪我をした場合。

子供に責任を取らせるんかぃって話じゃなくって、問題はやっぱり親。

先生がちゃんと注意事項を説明したにも関わらず、

子供がそれを守らずに怪我をした場合…

アナタは誰を責めて 誰に責任を追及しますか。


キレイ事かもしれないけど、

注意事項をちゃんと聞いていなかった子が悪い。

例え聞いていたとしても、注意事項を守らなかったその子が悪い。

もっと突き詰めて言えば、

先生の注意事項をちゃんと聞かない様な躾しかしなかった親が悪い。


多数の生徒をちゃんと看るのは教師の務めだけど

人間だもの。 限界がある。 それを理解すべきだ。 

   ↑親だって子供の躾を学校に押し付け様としてるんだもの。 一人で手一杯って事だろ。(笑)

教職に就いたからって、その限界さえも超えられると 親御さん達は思ってるんだろか。


昔の教師は良かったと言う人がいる。

子供の躾は 親がするもの、という口にする必要のない当り前な『常識』があったから。

学校に来る子達は ちゃんと親に躾けられてたから。



今の親たちは平気で 「ちゃんと学校で看てもらわないと困ります。」みたいな

 “お前何様だ”と聞き返したくなる様な事を平気で言う。


学校は義務教育の場。

国が最低限の教育を義務付けたわけで、その一環として

人格形成の補助的役割に 『集団生活をしてるのだから 世の中って事も考えてみましょう』って

道徳の時間なんかを設けたわけよね。


間違っても 「親御さん、教育者にあなたの子供の全てをお任せください!」とは言っていないのよね。


今の大人って何を勘違いしてるんだろう。




なんて事をつらつらと考えてみた昨今であります。







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。