10月5日から8日の3泊4日の、

五反田整体院が初めて挑戦した企画、

カラダリトリート【farting】が、

本日、無事

すべてのプログラムを終えた。

リトリートとは、

元々の「転地療法」の一般的な意味とは、


仕事や家庭・人間関係など、

日々の忙しい生活から離れ、

自分だけの時間も持ったり、

リラックスすることで疲れを癒す

そんな方法のことを指す。

だが、

これはあくまで私の主観でしかないのだが、

自分の時間というものを

普段持つことがなかった人にしたら、

自分だけの自分を作り、

リラックスしとしても、

自分の内側にある

本質的な内面や、

ずっと後回しにしていたような感情を、

ひっぱり出すことなんて、できないと思う。

そんな内側の本質を、

ひっぱり出し、

矢面にひっぱり出し、浮き彫りにするには、

カラダにとっても、痛みの刺激。

ココロにしても、

感情が揺さぶられるような

怒りや悲しみ、

嫉妬や妬みのような、

一見、ネガティブな感情もすべてが、

自分の内側をひっぱり出すポイントとなる。

しかも、

そのためには、


その方の発したコトバを丁寧に扱ってあげたり。




その方の、観ている世界を変えてあげたり






普段は意識しない、カラダの知識を伝えたり




もちろん、そこでの生活を支えたり






そして何より

普段、常に内側に在り

支えてもらい、

生まれて世に出て立ち上がってから、

ずっと、我が身を護ってくれている

骨を感じてもらう。





そんな、

たくさんのヒトのチカラの

総力を尽くして行った【farting】

それは唯一無二の時間。

唯一無二の場。


本当に、最高のメンバーによる

最高のパフォーマンスとなった【farting】

それは正に、

新たな伝説の始まりだと、

やり切った今、

恥ずかしくもなく

そう、思えています。


本当に最高の4日間でした。

最高のチームでした。

みんな、

本当に4日間、お疲れ様でした!!

やっぱり、最高だぜ!!



道は、つづく。