和裁道具についてコメントいただけましたので、
 
今回は、『針』についてご紹介させてください!
 
 
 
リクエストです。
どんな道具を使ってますか?

針とか、どこのメーカーなのか?
個人で買えないものとか、聞きたいです。
差し支えなければ、お願いします。
 
 
 
 
まず、和裁で使う針は、
 
「四ノ三(しのさん)」を基本として使用しています。
 
四は太さ、三は長さを表しています。
 
 
 
 
 
 
左側が、「クローバー」の縫い針、
 
右側が、「鷲枠印」の針です。
 
 
 
 
 
 
クローバーの針は、少し太めで硬い印象です。
 
針先までしっかりと太さがあります。
 
針穴は大きめですので、糸も通しやすいです。
 
針通りですが、安定して針通りが良いです。
 
 
 
 
 
 
 
鷲枠印の針は、針先にかけてとても細く仕上がっています。
 
クローバーに比べると、細くて柔らかい印象です。
 
針穴は、丸穴でとても小さいです。
 
運針を頑張ってしていると、気づかないうちに糸が切れていた、なんてこともあります。
 
針通りは、使いはじめは油が馴染むまで、滑りがよくありませんが、
 
馴染んでしまえば、問題ありません。
 
 
 
 
 
 
 
2本の針を比べてみました。
 
大きな違いは、針先の細さと針穴でしょう。
 
全体を通して細く仕上がっている「鷲枠印」は、
 
薄手の記事を縫うときに使用しています。
 
 
針通りが良く少し太めの「クローバー」は、
 
厚みのある生地や、地が詰まっていて針が進まない生地に使用しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
着物仕立てKOTAROのブログへお越しくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
KOTARO:座学で学ぶ和裁
2019年、「夏の集中講座」を開催します。
通常4時間×2回のところを、8時間×1回で受講いただけます。
※日程・場所等、調整中です。詳細が決まり次第募集させていただきます!
 
■これまで開催した「KOTARO:座学で学ぶ和裁」の記事はこちら
■座学で学ぶ和裁 専用ホームページはこちら
■お申込み・お問合せはこちら
 

《人気記事》

キラキラ着物を宅配便で発送する時のポイント

キラキラ基本の縫い方3つ目は「本ぐけ」です!練習方法をご紹介します。

キラキラ仕立て上がった後は、しっかりと最後の仕上げをします!〜濃紺の小紋着物〜

キラキラ【座学で学ぶ和裁】基本の袷着物講座2回目を開催しました!

キラキラ『キセ』というもの

 
 


袷着物に挑戦してみたい!

表と裏、どうやって一枚の着物になっているの?

袷着物を実際に縫うことは難しそうだけど、構造は知りたい!

とにかく短期間で着物のことが知りたい!

 

 

そんな方へ!!



袷着物構造が2日で学べる!

座学で学ぶ和裁 BASIC CLASS(基礎クラス)
のご案内です



image

 

矢印お申込みフォーム

 

 

● 座学で学ぶ和裁 とは?

 

 

今までの和裁教室といえば、

・実際に自分が着る着物や浴衣を、一から縫って覚えていく

・まずは基本の肌襦袢から始めましょう

・仕立て自体を楽しむ

 

でも、

実際に自分サイズの浴衣を仕立て上げるのって、思った以上に時間がかかるんです!

初めての方だと、約1年かかったり!

 

和裁教室には、

・袷着物にチャレンジしたいけど大変そう・・・

・羽織も習ってみたいけど大丈夫かな?

・お仕事などで、着物の仕立てを学んでいるけれど和裁を学ぶって時間がかかるのね・・・

 

そんな方に!!!

 

短期間で、着物の構造を学んでいただける

おいしい講座になっています!!!

 

 

○BASIC CLASS(基礎クラス)は、袷着物の構造が学べますキラキラ

八掛は、ぼかし八掛について学びます!

単着物の構造が理解できている方を対象としています。

 

 


私の「座学で学ぶ和裁」の特徴


 

私は、和裁をはじめてから11年になります。

 

はじめの3年間で約600枚を仕立て、

これまで仕立ててきた着物は1,000枚を超えました!

 

2011年に独立し、2012年より和裁教室を開催しました。

 

和裁教室を開催している中で、

・もっと気軽に着物について知ってほしい!

・着物のお直しをもっと楽しんでほしい!

・構造をしれば、着物のお買い物も簡単になる!

 

「こんな講座があったらいいのに!」

という思いから生まれた講座です。

 

大学の卒業式で着物を着て「感動」したのが、私の和裁人生の始まりでした!

 

着物を着ることと仕立てることの、両方を楽しみ、

誰よりも和裁について貪欲に学んでいる私が、

初心者にもわかりやすくお伝えしていきます!

 

 

 

image

 

 

 

 


こんな方にお勧めです!


チェック(白地)短期間で着物の構造が知りたい方

チェック(白地)和裁には興味があるけど、始めから実寸大を仕立てるには勇気がいるという方
チェック(白地)和裁の復習がしたい方
チェック(白地)反物から着物になるまでの、流れが知りたい方
チェック(白地)着付け講師の方
チェック(白地)着物販売員の方
チェック(白地)着物作家の方
チェック(白地)着物の製造にかかわっている方
チェック(白地)お直しのポイントが知りたい方
チェック(白地)和裁って、洋裁と違うの?
チェック(白地)型紙使わないって本当?
チェック(白地)着物が大好き!

チェック(白地)手縫いが苦手

チェック(白地)和裁道具が見てみたい!

チェック(白地)プロの仕立て方が見てみたい!

 

※和裁のお仕事をされている方はご遠慮ください。


image


 BASIC CLASS(基礎クラス)の内容


 

第一章:着物の名称

 ①袷着物の名称

 ②八掛、胴裏について

 

第二章:反物の裁断と印付け

 ①反物の裁断:2分の1サイズの反物をご用意しています。実際にどのように裁断するのか体験してみましょう!

 ②印付け:和裁では縫い代を切り落としたりしません!どのような構造になっているのか是非見てください!

 

第三章:仕立て

 ①実際の手順でザクザク仕立てていきます。

 

 

 

座学で学ぶ和裁は、3ステップになっています。

INTRO CLASS(入門クラス)

BASIC CLSS(基礎クラス)

ADVANCED CLASS(応用クラス)

 

①INTRO CLASS(入門クラス)を受講いただいた方は、

②BASIC CLSS(基礎クラス)と、③ADVANCED CLASS(応用クラス)、どちらに進んでいただいても大丈夫です!

 

興味のあるクラスから習得してください!

 

 

 

 

お客様からのご感想


K様(着付け講師)

 

〇一番印象に残った内容は何ですか?

   反物に直接文字を書いていくこと

   半分のサイズで作成するということ

 

 

K様(その他)

 

〇一番印象に残った内容は何ですか?

   衿付けが、袖付けの後である意味。

   実物を見ながらなので、胸や背にシワが入らないようにする理屈の部分など、面白かったです。

 

 


 BASIC CLASS(基礎クラス)を受けていただくと・・・


プペコン袷着物の構造が理解でします!
プペコン八掛について、より深い理解ができます!
プペコン着物のお直しに必要な見るポイントがわかります!
プペコン衿付けについて、より深い理解ができます!

プペコンお袖の構造に感動します!


「袷着物の仕立てなんて、したいとも思ったことないわ」

と、たくさんの声を聞いてきました。

 

ぜひ座学からチャレンジしてください!

袷着物はすべての基本となっています。

袷着物がわかれば、コートや羽織の理解も容易になります!

 

運針が上手い・下手は関係ありません!

単着物を一度でも仕立てたことのある方でしたら、ご受講いただけます!

・どんな材料が必要なのか?
・どんな縫い方があるのか?

・どの部分の話をしているのか?

実際の着物を見ながら進めていきますので大丈夫です!

 

着物の構造を知り、

着物を着るだけじゃなく、

新たな学びとして和裁を楽しみましょう!

 

 

 


袷着物の構造が2日で学べる!座学で学ぶ和裁 BASIC CLASS(基礎クラス) 詳細

【日時】 月曜日または木曜日 10:00~15:00  ※祝日はお休みです。

【金額】 30,000円(税込)

【定員】 3名

【場所】 愛知県名古屋市千種区 (※お申込みをいただいた後、詳しい住所をお伝え致します。)

お申込みはこちらからどうぞ矢印お申込みフォーム

 

 

 


■キャンセルポリシー


 

お客様の都合によりキャンセルの場合、

・ご予約日の1週間前までのキャンセルは、全額返金致します。(振込手数料差引額)

・ご予約日の6日前までのキャンセルは、50%を返金いたします。(振込手数料差引額)

・ご予約日の前日及び当日のキャンセルは、キャンセル料100%が発生いたします。

・未入金の場合も上記規定によりキャンセル料が発生いたします。
以上に関してご同意の上、お申し込みをお願いいたします

【キャンセルポリシーと同意事項】はKOTAROホームページからもご確認いただけます。

 

 

 

【プロフィール】 若松 美紀

2008年和裁学校に入学 。

通常4年間通うところを3年間で卒業。

3年間で約600枚(月平均16枚以上)の着物を仕立て上げる。

通常、留袖、振袖までしか習得できないところを、子供の物、半纏などの綿入れ、

特殊物も多数習得し卒業。

2011年独立。着物の仕立てに特化し、仕立てのお仕事、和裁教室を開催。

和裁教室では、生徒さんより「わかりやすい」「資料が良い」と好評いただいています。

2018年より「座学で学ぶ和裁」を開催。

着物の構造を学ぶことに特化した講座のため、「短期間で着物がわかる!」「和裁の復習になる!」など、

多くの方から好評をいただいています。

現在は3児の子育てをしながら、和裁の仕事をし、

仕立てへの情熱はまだまだ絶えず、年に数回和裁の研修会にも参加しさらに技術を磨いている。

image

 

 

 

 

 

資格がなくても仕事はできます。
 
 
 
「なぜ検定を受けるのか。」
 
「美しいとは何なのか。」
 
 
 
 

 
 
 
 
検定では、
 
「他の方がどんな仕立てをしているか」も
 
見ることができます。
 
 
 
 
もちろん、
 
自分の仕立てをしながらチラチラ見るのですがイヒ
 
 
 
 
 

 
 

 
今回の検定でもチラ見してきました。

そして、自分が成長できたことを感じることができました。


 
かつて自分も出来ていなかった部分、
 
縫い代の処理が甘いせいで、出来ている「布の歪み」など、
 
見えるようになっていました。
 
 
 
 
 

 
 
 
検定は、
 
自分の仕事と真剣に向き合う、
 
良い機会を与えてくれます。
 
 
 
 
 
 
着物仕立てKOTAROのブログへお越しくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
KOTARO:座学で学ぶ和裁
2019年、「夏の集中講座」を開催します。
通常4時間×2回のところを、8時間×1回で受講いただけます。
※日程・場所等、調整中です。詳細が決まり次第募集させていただきます!
 
■これまで開催した「KOTARO:座学で学ぶ和裁」の記事はこちら
■座学で学ぶ和裁 専用ホームページはこちら
■お申込み・お問合せはこちら
 

《人気記事》

キラキラ着物を宅配便で発送する時のポイント

キラキラ基本の縫い方3つ目は「本ぐけ」です!練習方法をご紹介します。

キラキラ仕立て上がった後は、しっかりと最後の仕上げをします!〜濃紺の小紋着物〜

キラキラ【座学で学ぶ和裁】基本の袷着物講座2回目を開催しました!

キラキラ『キセ』というもの

 
 


和裁の基礎が知りたい!

着物の構造だけ知りたい!

ポイントだけ知りたい!

とにかく短期間で着物のことが知りたい!

 

 

そんな方へ!!



単着物構造が2日で学べる!

座学で学ぶ和裁 INTRO CLASS(入門クラス)
のご案内です



image

 

矢印お申込みフォーム

 

 

● 座学で学ぶ和裁 とは?

 

 

今までの和裁教室といえば、

・実際に自分が着る着物や浴衣を、一から縫って覚えていく

・まずは基本の肌襦袢から始めましょう

・仕立て自体を楽しむ

 

でも、

実際に自分サイズの浴衣を仕立て上げるのって、思った以上に時間がかかるんです!

初めての方だと、約1年かかったり!

 

和裁教室には、

・袷着物にチャレンジしたいけど大変そう・・・

・羽織も習ってみたいけど大丈夫かな?

・お仕事などで、着物の仕立てを学んでいるけれど和裁を学ぶって時間がかかるのね・・・

 

そんな方に!!!

 

短期間で、着物の構造を学んでいただける

おいしい講座になっています!!!

 

 

○INTRO CLASS(入門クラス)は、

とくに、「和裁の基礎」に特化した講座ですので、経験者さんの復習にも最適ですキラキラ

 

 

 

 


私の「座学で学ぶ和裁」の特徴


 

私は、和裁をはじめてから11年になります。

 

はじめの3年間で約600枚を仕立て、

これまで仕立ててきた着物は1,000枚を超えました!

 

2011年に独立し、2012年より和裁教室を開催しました。

 

和裁教室を開催している中で、

・もっと気軽に着物について知ってほしい!

・着物のお直しをもっと楽しんでほしい!

・構造をしれば、着物のお買い物も簡単になる!

 

「こんな講座があったらいいのに!」

という思いから生まれた講座です。

 

大学の卒業式で着物を着て「感動」したのが、私の和裁人生の始まりでした!

 

着物を着ることと仕立てることの、両方を楽しみ、

誰よりも和裁について貪欲に学んでいる私が、

初心者にもわかりやすくお伝えしていきます!

 

 

 

image

 

 

 

 


こんな方にお勧めです!


チェック(白地)短期間で着物の構造が知りたい方

チェック(白地)和裁には興味があるけど、始めから実寸大を仕立てるには勇気がいるという方
チェック(白地)和裁の復習がしたい方
チェック(白地)反物から着物になるまでの、流れが知りたい方
チェック(白地)着付け講師の方
チェック(白地)着物販売員の方
チェック(白地)着物作家の方
チェック(白地)着物の製造にかかわっている方
チェック(白地)お直しのポイントが知りたい方
チェック(白地)和裁って、洋裁と違うの?
チェック(白地)型紙使わないって本当?
チェック(白地)着物が大好き!

チェック(白地)手縫いが苦手

チェック(白地)和裁道具が見てみたい!

チェック(白地)プロの仕立て方が見てみたい!

 

※和裁のお仕事をされている方はご遠慮ください。
image


 INTRO CLASS(入門クラス)の内容


 

第一章:和裁の基本

 ①和裁道具について

 ②運針・くけ・本ぐけ・二度縫い・袋縫いを知る

 ③着物の名称

 

第二章:反物の裁断と印付け

 ①反物の裁断:2分の1サイズの反物をご用意しています。実際にどのように裁断するのか体験してみましょう!

 ②印付け:和裁では縫い代を切り落としたりしません!どのような構造になっているのか是非見てください!

 

第三章:仕立て

 ①実際の手順でザクザク仕立てていきます。

 

 

 

座学で学ぶ和裁は、3ステップになっています。

INTRO CLASS(入門クラス)

BASIC CLSS(基礎クラス)

ADVANCED CLASS(応用クラス)

 

①INTRO CLASS(入門クラス)を受講いただいた方は、

②BASIC CLSS(基礎クラス)と、③ADVANCED CLASS(応用クラス)、どちらに進んでいただいても大丈夫です!

 

興味のあるクラスから習得していってください!

 

 

 

 

お客様からのご感想


K様(着付け講師)

 

〇一番印象に残ったことは何ですか?

   反物に直接文字を書いていくこと

   半分のサイズで作成するということ

 

 

 


 INTRO CLASS(入門クラス)を受けていただくと・・・


プペコン和裁の基礎が理解できます
プペコン市販されている和裁の本が理解できるようになります
プペコン単着物の構造が理解できます
プペコン着物のお直しに必要な見るポイントがわかります
プペコンバチ衿と広衿など、細かな違いが見えてきます


「和裁の本を読んでも全然理解できない」

と、たくさんの声を聞いてきました。

 

一度でいいので、和裁教室の体験でも構いません、

和裁の基礎を学んでいただくと、理解が一気に進みます!

 

 

和裁の未経験の方でも、

・どんな道具をつかっているのか?
・どんな縫い方があるのか?

・どの部分の話をしているのか?

実際の着物を見ながら進めていきますので大丈夫です!

 

着物の構造を知り、

着物を着るだけじゃなく、

新たな学びとして和裁を楽しみましょう!

 

 

 


単着物の構造が2日で学べる!座学で学ぶ和裁 INTRO CLASS(入門クラス) 詳細

【日時】 ご予約可能日 3/7(木),14(木) 10:00~15:00  ※月曜日または木曜日でご予約可能です。

【金額】 30,000円(税込)

【定員】 3名

【場所】 愛知県名古屋市千種区 (※お申込みをいただいた後、詳しい住所をお伝え致します。)

お申込みはこちらからどうぞ矢印お申込みフォーム

 

日程リクエストの方もこちらからどうぞ矢印お申込み・お問合せフォーム

 

 


■キャンセルポリシー


 

お客様の都合によりキャンセルの場合、

・ご予約日の1週間前までのキャンセルは、全額返金致します。(振込手数料差引額)

・ご予約日の6日前までのキャンセルは、50%を返金いたします。(振込手数料差引額)

・ご予約日の前日及び当日のキャンセルは、キャンセル料100%が発生いたします。

・未入金の場合も上記規定によりキャンセル料が発生いたします。
以上に関してご同意の上、お申し込みをお願いいたします

【キャンセルポリシーと同意事項】はKOTAROホームページからもご確認いただけます。

 

 

 

【プロフィール】 若松 美紀

2008年和裁学校に入学 。

通常4年間通うところを3年間で卒業。

3年間で約600枚(月平均16枚以上)の着物を仕立て上げる。

通常、留袖、振袖までしか習得できないところを、子供の物、半纏などの綿入れ、

特殊物も多数習得し卒業。

2011年独立。着物の仕立てに特化し、仕立てのお仕事、和裁教室を開催。

和裁教室では、生徒さんより「わかりやすい」「資料が良い」と好評いただいています。

2018年より「座学で学ぶ和裁」を開催。

着物の構造を学ぶことに特化した講座のため、「短期間で着物がわかる!」「和裁の復習になる!」など、

多くの方から好評をいただいています。

現在は3児の子育てをしながら、和裁の仕事をし、

仕立てへの情熱はまだまだ絶えず、年に数回和裁の研修会にも参加しさらに技術を磨いている。

image

 

 

 

 

 

人気記事再アップです!
基本の縫い方「本ぐけ」です!
和裁ライフが楽しくなりますように〜キラキラ





先週、「運針」と「くけ」の練習方法をご紹介しました。


今日は、3つ目の基本の縫い方「本ぐけ」の練習方法をご紹介しますキラキラ



運針布の下側を内側に織り込みます。
すると、布が4枚重なった状態になります。
「本ぐけ」はこの内側2枚を縫う技術です。





内側2枚をまず2、3針すくいます。





親指と人差し指で針先を持ち、中指の指ぬきに針の頭が当たるように針を持ちます。
要領は運針(本縫い)と同じです。





下の写真のように、針が進んでいきます。
針先が内側の布2枚をすくっているのが分かるでしょうか。





縫うときは、写真のような目線で縫っていきます。針の持ち方は、この写真を参考にしてください。中指で針の頭を押して、針を進めましょう。





見えにくいですが、内側から針先が出ています。
「本ぐけ」を内側で終わりにする場合は、この位置から針を抜いて、玉留めをします。





縫い終わると下の写真のようになります。





内側の縫い代を開いてみると、粗い運針のようになっています。





表、裏どちらからも縫い目は見えません。





運針、くけ、本ぐけ、

和裁は、この3つの縫い方しか使いません!



生徒さんからのお話で多いのが、

この基本の3つの縫い方が分からない、です。



しかし、縫い方さえ分かってしまえば、

例えば、和裁の本を購入して、

ご自身で浴衣や着物を仕立てることも可能になります!



着物・裁縫が好きな方は、

ぜひ挑戦してみてくださいキラキラ







□動画をインスタにアップしました>>>★★★